モンテクリスト伯|主題歌Echo歌詞や日本語訳(和訳)の意味は?

モンテクリスト伯ー華麗なる復讐ーが4月19日よりフジテレビ系列にてスタートします!放送開始まであと半月となりました。

『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』は、愛や自由、将来など全てを奪われた主人公・暖が、自身を陥れた男たちに復讐を行うアレクサンドル・デュマの小説『モンテ・クリスト伯』が原作です。

主人公の柴門暖役をディーン・フジオカさん」、そして大倉忠義さん(関ジャニ∞)、山本美月さん、高杉真宙さんらが共演者に名を連ねています。

今回はモンテクリスト伯ー華麗なる復讐ーの主題歌について調べてみました。

スポンサーリンク

モンテクリスト伯の主題歌はディーンフジオカのEcho(エコー)

ドラマの主題歌は、主演を務めるディーンフジオカさんの『Echo(エコー)』という楽曲です。

主人公・暖が復讐心を抱くに至った過去への嘆き、運命に対する疑問といった主人公の心情に加え、ドラマのストーリーの謎を紐解く要素も含まれた全英語詞の楽曲になっています。

ディーンフジオカさんと言えば香港、台湾などアジア圏の活動を経て、日本に新星のごとく現れた“逆輸入”俳優として有名です。

2015年NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』は主婦層の注目を集めました。

『あさが来た』の演技が高く評価されて「東京ドラマアワード」助演男優賞を受賞。また1年間で最も優れた映画・テレビ作品や活躍をしたことで「第41回エランドール賞」の、2017年度の新人賞を獲得するなど確固たる人気・実力を持っていらっしゃいます。

ディーンフジオカさんの楽曲制作は、今回が初めてではないことはご覧いただいてる皆さんもご存知と思います。

過去には出演ドラマ『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ)の主題歌『Let it snow!』、アニメ『ユーリ!!! on ICE』(テレビ朝日)オープニングテーマソング『History Maker』など有名作品に楽曲制作の面で携わっています。

モンテクリスト伯の主題歌Echo(エコー)の歌詞は?

Wow…
Wow…

I wish I could see you
beyond what I see

And feel the way you touch me

Only if I still
exist in the world
The world you live in

Wow…
Tell me why why so why can I
not forgive myself

Inside my head I
keep hearing echo

Tell me why why so why can I
not forget my past

Inside my head I
keep hearing echo

Tell me why why so why can I
not forgive…

Just tell me why why so why
can I not forget my past

Inside my head I
keep hearing echo

Somebody tell me why why so why
can I not forgive…

Inside my head I
keep hearing echo

Tell me why why so why can I
not forget my past

Inside my head I
keep hearing echo

スポンサーリンク

モンテクリスト伯の主題歌Echo(エコー)の日本語訳(和訳)&歌詞の意味

それでは『Echo』の日本語訳を見ていきましょう。

Wow…
Wow…
I wish I could see you
beyond what I see
(見てる以上に君のことが分かったなら)
And feel the way you touch me
(そして、君が僕に触れているのを感じることが出来たらいいのに)
Only if I still
exist in the world
The world you live in
(僕がまだその世界に存在してさえいたなら)
(君がいる世界に)
Wow…
Tell me why why so why can I
not forgive myself
(教えてくれよ、なんで俺は自分自身を許せないんだ)
Inside my head I
keep hearing echo
(頭のなかでは、ずっとエコーが聞こえてくる)
Tell me why why so why can I
not forget my past
(教えてくれよ、どうして俺は自分の過去を忘れられない)
Inside my head I
keep hearing echo
(頭のなかでは、ずっとエコーが聞こえてくる)
Tell me why why so why can I
not forgive…
(教えてくれよ、なんで俺は許せないんだ。。。)
Just tell me why why so why
can I not forget my past
(ただ教えてくれよ、どうして俺は自分の過去を忘れられない)
Inside my head I
keep hearing echo
(頭のなかでは、ずっとエコーが聞こえてくる)
Somebody tell me why why so why
can I not forgive…
(誰か教えてくれよ、なんで俺は許せないんだ。。。)
Inside my head I
keep hearing echo
(頭のなかでは、ずっとエコーが聞こえてくる)
Tell me why why so why can I
not forget my past
(ただ教えてくれよ、どうして俺は自分の過去を忘れられない)
Inside my head I
keep hearing echo
(頭のなかでは、ずっとエコーが聞こえてくる)

エコーというのは『反響』

自分の過去が反響して、追いかけている様子を表しているように解釈できますね。

『モンテクリスト伯』も過去の出来事から復習をするというお話です。

この物語と合わせて聞くと深みが数倍違います。

ドラマ『モンテクリスト伯』の動画を無料視聴する方法を紹介!

放送から1週間以内の動画無料視聴の方法

モンテクリスト伯が放送されて1週間以内は民間公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で動画を無料視聴することができます!

見たい動画が1週間以内に放送された場合は『TVer(ティーバー)』のサイトから動画視聴しましょう。

『TVer(ティーバー)』はこちらから観ることができます。

放送から1週間以上経ってからの動画無料視聴の方法

放送から1週間以上経っている場合は『TVer』で視聴することができません。

しかしそんな方でも大丈夫。

フジテレビオンデマンド(FOD)に登録すれば今までの動画全てを視聴することができます!

しかも1ヶ月は無料で視聴可能。1ヶ月間に見てしまい解約すれば実質無料で観ることができます。

無料期間を過ぎると月額888円(税別)と有料になりますが、

それでも春ドラマの『コンフィデンスマンJP』『シグナル』『いつまでも白い羽』の他、過去の人気作品も視聴することができるのでお得なのには変わりないですね!

まとめ

『Echo』の楽曲制作に関して、ディーンフジオカさんはこのようにコメントされています。

制作当時スイスに渡航していた事がきっかけで、チューリッヒやベルンなどの街並みやそこで出会った人々、博物館や美術館の収蔵品などから、特に宗教戦争にまつわるヨーロッパの歴史を身近に感じ、想像力を掻き立てられました。信仰を持つ人間が信仰を持つ故にぶつかる壁があるのだとしたら?許しとは?救いとは?答えの出ない疑問が「絶望の嘆き」となって、頭の中で反響し続けるイメージをこの“Echo“という曲に込めて書き下ろしました。当時ロシアや東欧のクラブミュージックにハマっていたこともあり、その東方正教会の様式美を連想させるサウンドから受けたインスピーレーションを、自分の楽曲の中で過去最もスロウなBPMに乗せる事で、一音一音が重く響くよう表現しています。ピアノ弾き語りも含め、自分にとって新しい試みが詰まったこの曲を是非聴いて下さい。

ディーンフジオカさんの世界観が曲に込められている『Echo』。

ドラマ『モンテクリスト伯ー華麗なる復讐』の放送開始が楽しみですね!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です