モンテクリスト伯|第6話動画を無料視聴する方法を紹介!あらすじネタバレ

モンテクリスト伯第6話動画を無料視聴!

【FODプレミアム(1ヶ月間無料)】

5月24日(木)に放送された、モンテクリスト伯ー華麗なる復讐ー。あっという間に第6話が放送されました。

今回は第6話のネタバレ含むあらすじと感想、さらにモンテクリスト伯第6話を無料で視聴する方法を紹介します!

スポンサードリンク

モンテクリスト伯 第6話のあらすじ(ネタバレ)

幸男(大倉忠義)のスキャンダルを探す神楽(新井浩文)は、彼が香港マフィアと関係があったことをつかむ。折しも香港で、13年前の俳優一家失踪事件にマフィアが関与している疑いが報じられた。幸男は当時その俳優の付き人だった。神楽は同事件の捜査資料を持つという真海(ディーン・フジオカ)に協力を依頼するが断られ、寺角(渋川清彦)を使って情報を盗むことを決意。一方、幸男の前にマフィアのダニーが現れる。

幸男に殺人の疑惑??

真海は南条家への復讐を遂に始めます。(※ヴァンパはいわゆる香港マフィア)

幸男は過去に香港でショーン一家殺害事件に関わっていたようで、一家の娘だけが生き残った様子です。

そして幸男の前にヴァンパのボスが現れ、 「お前の家族もションリーと同じ目にあう」と脅かすボス。

「いよいよ始まるね君の復讐が 南条幸男からすべてを奪ってやろう」愛梨に語る真海。

どうやら愛梨はショーン家族の生き残りの娘っぽいです。

そして幸男を失墜させ、国有地獲得を目論む神楽は・・・真海を頼りにしようとしたのですが断られ、寺角に真海宅へ忍び込むことを指示します。

しかし真海は全てお見通しの模様(笑)

秘書に寺角が付け狙っていることを聞かされた真海は、「丁重に知らないふりをしておいてくれ」と不思議な台詞を言います。

信一朗と父の関係性に気づく未蘭

安堂と留美は体の関係を重ねます。実の親子という事実にまだ気づいていないようです。

安藤は留美とのツーショットを寺角に見られたことで『真海の家へ忍び込もう』と強請られます。

 

そのころ入間家では、未蘭の婚約者出口の死亡により貞吉の遺言の書き換えが行われます。

そこに信一朗が登場しますが、入間は面白くない様子でした。

未蘭は信一朗の過去、信一朗の父親の守尾漁業の社員が「ククメット」というテロ組織のメンバーだった。そのため父親は苦労をして亡くなったという事実を知ります。

そのテロリストのメンバーというのは真海(紫門暖)のこと。

ククメットという組織に見覚えのある未蘭は、入間と信一朗の父親との関係に気づき始めたようです。

そして瑛理奈は「どうやって料理しようかな・・・」と怪しい液体を貞吉の目の前で見せています。未蘭をどうする気なんでしょうか・・・。

安藤の生まれの事実を知る留美

真海は留美を呼び出し、安堂には前科があったことを後に知ったと謝ります。

そして、「安堂は生まれたばかりの赤ちゃんの状態で捨てられていた」と、留美に明かし遂に安藤が自身が捨てた子供であることを知ります。

「彼はただ一生懸命に生きてきただけ」と涙を流す留美。その姿は母親のようでした。

「絶望するかと思ったが、嬉しそうだった。母親というのは偉大だな」と、真海。

寺角に唆され一緒に真海の家に忍び込む安堂、そこで留美と遭遇します。

「安藤君の事は私が守る!」という留美に寺角が後ろから殴りつけます。それでも安堂を守ろうとする留美。

安堂は思わず留美を守るために、寺角を刺してしまいます。

留美は何を言い出すかと思えば、「この人を埋める、こういう時は埋めればいいんだよ・・・」と安藤へ言います。

「まさかの結末だ。母親の愛情は軽く私の想像を超える。」留美の行動は、真海の想像を超える展開だったのでしょうか。

瀕死の状態の寺角は真海の姿が見えると命乞いをします。

そんな寺角に向かって、「15年前神楽が南条を使って私を警察に売ったことを知っても何もしなかった。そして私の母を殺した・・・」

「俺は柴門暖だ」

と遂に真海は自身の正体を明かします。そして瀕死の寺角に更に土をかけて見殺しにした真海は、「これでまず一人」と怪しい一言。

安堂を守ろうとして傷を負った留美は、のちに「お金ちょうだい。賄賂をばらすよ」と神楽に迫ります。

 

「殺すぞ」と言われても、「あんたもね」とすぐさま反論する留美。

安藤がわが子と知り、肝がすわったのでしょうか。

 

そしてその頃、南条家ではヴァンパが家に押し入り、すみれを人質にとってしまいます。

モンテクリスト伯 第6話を無料視聴する方法を紹介!

放送から1週間以内の動画無料視聴の方法

モンテクリスト伯が放送されて1週間以内は民間公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で動画を無料視聴することができます!

モンテクリスト伯 第6話 だと

次の放送の5月31日(木)20時59分までは無料視聴できるということですね!

『TVer(ティーバー)』はこちらから観ることができます。

放送から1週間以上経ってからの動画無料視聴の方法

放送から1週間以上経っている場合は『TVer』で視聴することができません。

しかしそんな方でも大丈夫。

フジテレビオンデマンド(FOD)に登録すれば今までの動画全てを視聴することができます!

しかも1ヶ月は無料で視聴可能。1ヶ月間に見てしまい解約すれば実質無料で観ることができます。

無料期間を過ぎると月額888円(税別)と有料になりますが、

それでも春ドラマの『コンフィデンスマンJP』『シグナル』『いつまでも白い羽』の他、過去の人気作品も視聴することができるのでお得なのには変わりないですね!

モンテクリスト伯 第6話の感想

稲森いずみさんの豹変ぶりがすごかったです。恋する女性→母 という役柄へ急に変わり驚きました。

私は前回の放送後、今回は南条家への復讐が進むのかなぁ、なんて考えていたのですが

ヴァンパの登場が最後になり、来週に持ち越しになってしまい何だか残念です。

南条、入間、神楽のそれぞれの家族を描くドラマなので、1話の間でいろいろなストーリー展開が待っています。

1話でも見逃すとアウトなドラマですね・・・(笑)

モンテクリスト伯 第7話の予想

幸男(大倉忠義)は香港マフィアのダニー(葉山ヒロ)から、13年前の事件の目撃者・エデルヴァを買い取った‘日本語を話す男’の正体を突き止めるよう命じられる。一方、入間(高橋克典)は鎌倉で見つかった他殺体が、ラデル共和国と人質交換をした15年前の事件の関係者・寺角(渋川清彦)と聞き、不審を抱く。エデルヴァの行方を捜し神楽(新井浩文)を問い詰めた幸男は、真海(ディーン・フジオカ)こそが捜していた‘男’と気付く。

すみれが人質に取られるシーンがありましたが、きっと『エデルヴァを買い取った‘日本語を話す男’の正体』を突き止めないと、すみれにばらすとでも脅されたのでしょうか??

7話こそ幸男がキーパーソンになってくるようです、5/31(木)の放送が楽しみですね!

さいごまでご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です