『中学聖日記』第10話 あらすじや感想!警察に聖を通報したのは誰!?原口が妊娠?

2018年秋ドラマとして、火曜日夜10時よりTBS系でスタートした『中学聖日記』。

その第10話が、2018年12月11日に放送されました。

女性向けマンガ雑誌『FEEL YOUNG』[祥伝社]で、人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこさんによる漫画が原作のこのドラマ。

婚約者がいながら不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生に惹かれていく教師の『禁断の恋』を儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーです。

第10話は、ご覧になりましたか?

聖は晶のことが心配で、フェリーに乗ってしまいました。

晶が進学しないこと、愛子に連絡していないことを知った聖は、島崎の家を出て一人でバンガローに泊まることに。

しかし、聖は足を踏み外してしまい…。

『中学聖日記』第9話 あらすじや感想!許されない恋…変わらない想い!

今回は、『中学聖日記』第10話のあらすじ、感想を紹介したいと思います。

この記事は、ネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『中学聖日記』第10話 あらすじ【前半】

キャンプ場で、一晩二人きりの時間を過ごし、聖(有村架純)は晶(岡田健史)に想いの全てを伝えた。

「今のままじゃ分かってもらえない…先生だけ責められて何もかも背負わせるの嫌だから…」と言う晶。

晶は聖からそっと離れた。

だが、晶と聖の心は通じ合い1つになっていた。

島を出る日、晶は愛子(夏川結衣)に連絡を取る。

メッセージを受け取った愛子は「帰って来るのね…あの人と…」と暗い表情で呟いた。

東京の港へ戻ると、聖を迎えたのは聖の母・里美(中嶋朋子)だった。

何も言わず聖に近づいた里美は、聖の頬をぶった。

そして、聖の言葉に耳を傾けることなく、聖と晶は再び引き離されてしまう。

翌日、改めて二人は愛子を訪ね、里美は娘のしたことについて説明し謝ろうとする。

だが、意を決した聖は、晶に対する想いを愛子に正直に告げる。

里美は狼狽え、聖に謝るよう促すが、「これ以上、嘘をつき続けることは…」と反発してしまう。

愛子が許してくれるまで待つと言う聖だったが、愛子は静かに話し出した。

もし晶に別に好きな人が出来たら、何もかも無くしてしまうのは聖だと語る愛子。

そんな愛子の言葉に「黒岩くんを信じています。それにそうなっても後悔しません」と愛子を真っ直ぐ見て告げる聖。

愛子は大きな溜息をつき、聖の行動はある種の誘拐だと言う。

しかるべき措置をとると言い出す愛子に土下座をする里美。

そんな里美を気遣い、「これ以上、ご両親を悲しませないで下さい…」と頼む愛子だった。

帰り道、里美にいつか分かって欲しいと告げる聖だったが、「無理なのよ…その恋は!諦めて!」と言い放って、帰って行った。

『中学聖日記』第10話 あらすじ【後半】

一方、晶は自宅に戻って来ていた。

愛子は晶に父親のことを話せなかったことを謝った。

聖と晶の話になり、愛子は許すことができないと告げるが、晶はいつか認めて欲しいと言う。

「帰ってらっしゃい、うちに…話はそれから」と愛子が言うと晶はそれを承知するのだった。

そんな時、聖は小宮第一小学校に訪れていた。

晶への想いを正直に千鶴(友近)に話した聖。

千鶴は、聖に教師をやる資格はないと厳しく告げる。

千鶴は「未成年に手を出した女教師、その事実は消えない…」と語ると険しい表情のまま去って行った。

聖は私物をまとめ、校門で深々と一礼すると、小宮第一小学校を後にした。

その後、聖は公衆電話から晶の携帯に電話をした。

嬉しそうに話す晶は、家に戻ったことを報告する。

晶の心配を感じ、聖は「ちゃんとやってる」と嘘をつく。

その時、晶は夕日に目をやり、あの日と同じだと呟いた。

「教えたいなあ…あの時の自分に…誰かを好きになるってやっぱり素晴らしいものだって…」という晶の声を聞きながら、聖も夕日を眺め思いを馳せるのだった。

そんな中、聖の実家に勝太郎(町田啓太)が待っていた。

里美に一度聖と話してみてくれないかと頼まれたと話す勝太郎。

晶への怒りをあらわにする勝太郎に、聖は「もっと前に教師を諦めなければいけなかったのに、しがみついていたの…」と告げる聖。

「なら、一緒に来いよ!海外赴任、一緒に来いよ…原口さんとは別れた」と勝太郎は聖を後ろから抱きしめた。

聖への思いを告げた勝太郎は、放ってはおけないと声を上げた。

「ごめんなさい…一緒にはいけない」ときっぱりと断った聖。

勝太郎は晶との恋を貫けば、周囲の人からおかしい人扱いされるだけだと聖に考え直させようとする。

しかし、聖は「分かってもらえるなんて思ってない…もう帰るね」と静かに言い、去っていくのだった。

就職活動を始めた聖は、携帯を買い晶に連絡した。

そんな時、前から晶に近づく人影があり、晶は驚き目を見開くのだった。

物件探しをしていた聖は、原口(吉田羊)にこれ以上両親に迷惑をかけたくないと告げ、保証人になってくれるよう申し出た。

「罵詈雑言を浴びながら何かを得ようと闘う勇者…私は勇者の味方」と語った原口は保証人を引き受けた。

そんな中、原口は突然の吐き気に襲われ、トイレに駆け込むのだった。

その晩、晶から聖に電話がかかってきた。

晶は「…なんか引いた…冷めた…もうこういうのやめよ…じゃあ」と一方的に電話を切ってしまう。

翌朝、朝食時に晶が大学のオープンキャンパスに行ってみると、大学のパンフレットを愛子と上布に差し出した。

その大学は、最近ノーベル賞をとった教授がいる、有名な理工学部がある大学。

愛子と上布は、晶が真剣に進路を考え始めたことに驚き、そして喜ぶのだった。

その頃、聖は原口に保証人になってもらったアパートに、原口と共に訪れていた。

聖は原口に昨日晶に言われたことを打ち明けた。

聖は晶が何がなんだか分からないと語り、寂しそうに笑った。

「いいよ、泣いて…これからは泣くのも笑うのも自由…」と原口が寄り添うと、聖は涙を流した。

そんな中、原口が聖の実家に訪ねて来た。

原口は、晶が来ているという大学のオープンキャンパスに、聖を連れて行った。

原口は聖に戦えと伝え、聖を送り出した。

聖は晶に思いを聞くため晶に向かって走り出した。

理工学部で晶を見つけた聖は、「最後に教えて…どんな将来見つけたか…それだけ最後に教えて」と尋ねる。

晶は、勝太郎に聖が晶のせいで学校を辞めたこと聞き、聖にあんな電話をしたのだった。

聖に先生を辞めて欲しくないと告げた晶は、自分には離れることしかできないと言う。

そんな時、愛子がオープンキャンパスの来ていたのを見つけ、聖の手を取り走り出した。

大学から少し離れたところで、聖は晶に先生という職業が大好きだったと語る。

聖はどんな自分になりたいかを考えてみたと明かした。

その結果、嘘のないそのままの自分でいたいという結論に至ったという聖。

聖は、「…黒岩くんの隣にいたい」と晶に伝える。

晶も嬉しそうに「僕もです。先生の隣にいたいです。この先ずっと…」と返した。

その時、「末永聖さんですか?」という男の声がした。

2人が振り返ると、2人の警官が迫って来て…。

スポンサーリンク

『中学聖日記』第10話 感想

反抗する晶にどう接していいのか分からない愛子は、聖のせいにしているような気がします。

愛子が、聖と晶を引き離したい訳は一体何なんでしょうか?

先生と生徒だから…それとも年の差がありすぎるから?それとも晶が未成年だからでしょうか?

聖は愛子に晶への思いを正直にそして真剣に伝えました。

そして、愛子が許してくれるまで待つと言う聖のことを、許してはくれませんでした。

愛子の気持ちも少しはわかりますが…晶を信じることも大切だと思いました。

それにしても、誰が警察に通報したのでしょうか?

聖と晶の恋を反対している人だらけで、誰が通報したのか色々囁かれているようです。

私は、原口が何故晶がオープンキャンパスに行っているのを知っていたのか?ということに注目しました。

原口は、晶がオープンキャンパスに行くと勝太郎から聞いたと思いますので、原口が聖をオープンキャンパスに連れて行ったと知った勝太郎が激怒して…通報したのかと私は思いました。

みなさんは、どう思われましたか?

『中学聖日記』 まとめ

聖と晶の恋…果たしてどうなるのでしょうか?

禁断の恋だったかもしれませんが、聖は晶を純粋に真っ直ぐに好きな事が痛いほど、分かりましたね。

「黒岩くんを信じています。もしそうなったとしても後悔しません」と言った聖の言葉を聞いて、もう許してあげてと思いましたが…。

隣にいたいと願う2人の恋の結末はどうなるのでしょうか?

『中学聖日記』第11話(最終回)は、2018年12月18日に放送されます。

是非、ご覧下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です