生ゴミ乾燥機「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」の違いは?どっちがいい?10項目で徹底比較しました。

この記事では生ゴミ乾燥機、「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」の違いについて解説しています。

「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」のどちらがよいか、10項目で徹底比較しました。

結論から言うと、容量の大きさや電気代を重視する方は、「loofen(ルーフェン)」を、価格やメーカー保証期間の長さを重視する方は、「パリパリキュー」を選ばれると良いと思います。

どちらの生ゴミ乾燥機を選ぼうか迷っている人は、この記事の内容を参考にしてみてくださいね。

目 次
1.とりあえずは結論!
容量の大きさや電気代を重視するなら「loofen(ルーフェン)」を、価格やメーカー保証期間の長さを重視するなら「パリパリキュー」を選びましょう!
2.「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」を10項目で完全比較!
 2-1.比較①価格なら「loofen(ルーフェン)」よりも「パリパリキュー」!
 2-2.比較②容量なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!
 2-3.比較③消費電力なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!
 2-4.比較④外形寸法なら「loofen(ルーフェン)」よりも「パリパリキュー」!
 2-5.比較⑤運転中の生ゴミ追加についてなら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!
 2-6.比較⑥運転音なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!
 2-7.比較⑦電気代なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!
 2-8.比較⑧累計販売台数なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!
 2-9.比較⑨メーカー保証期間なら「パリパリキュー」!
 2-10.比較➉返金保証期間は同じ!
3.「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」は各々こんな人におすすめです!
 3-1.①「loofen(ルーフェン)」がおすすめの人!
 3-2.②「パリパリキュー」がおすすめの人!
4.「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」の違いについてまとめ

 

とりあえずは結論!
容量の大きさや電気代を重視するなら「loofen(ルーフェン)」を、価格やメーカー保証期間の長さを重視するなら「パリパリキュー」を選びましょう!

 

「loofen(ルーフェン)」が優れている点 「パリパリキュー」が優れている点
  • 容量
  • 消費電力
  • 運転中の生ゴミ追加可能
  • 運転音
  • 電気代
  • 累計販売台数
  • 返金保証期間(同じ)
  • 価格
  • 外形寸法
  • メーカー保証期間
  • 返金保証期間(同じ)

この記事で比較している10項目のそれぞれで、「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」のどちらが優れているのかを表にしました。

生ゴミ乾燥機の購入前に迷う項目を選びましたが、表の様に「loofen(ルーフェン)」の方が優れていると思われる点が多くなりました。

詳しい比較結果は次のパートでお伝えしますが、上記の表で、どちらの生ゴミ乾燥機が、お宅にあっているか、参考にしてみてさい。

「loofen(ルーフェン)」、「パリパリキュー」のそれぞれは、以下の公式サイトから詳細を確認出来ます。

生ゴミ乾燥機「loofen(ルーフェン)」の公式サイトはこちら

生ごみ処理機「パリパリキュー」の公式サイトはこちら

「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」を10項目で完全比較!

比較項目 おすすめする商品
価格

「パリパリキュー」

容量

「loofen(ルーフェン)」

消費電力

「loofen(ルーフェン)」

外形寸法

「パリパリキュー」

運転中の生ゴミ追加について

「loofen(ルーフェン)」

運転音

「loofen(ルーフェン)」

電気代

「loofen(ルーフェン)」

累計販売台数

「loofen(ルーフェン)」

メーカー保証期間

「パリパリキュー」

返金保証期間

両者とも60日間

「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」を上記10項目で比較しました。

比較項目とおすすめする商品を一覧にまとめています。

それぞれのお宅の使用条件に合わせて、「loofen(ルーフェン)」にするか、「パリパリキュー」にするか、選んでみてください。

両者の違いを各項目でそれぞれお伝えしていきますね。

比較①:価格なら「loofen(ルーフェン)」よりも「パリパリキュー」!

商品名 価格
「loofen(ルーフェン)」

¥66,000((税込)

「パリパリキュー」

¥41,800((税込)

商品価格を比べてみると、「loofen(ルーフェン)」は「パリパリキュー」の約1.6倍、高いです。

その理由としては、容量が大きく、AIにより、生ゴミの量や乾燥具合で、パワーを自動調整してくれるなど、便利な機能がついています。

「パリパリキュー」はお手頃価格でコンパクトなので、キッチンなど置き場所が狭いなどの場合におススメです。

比較②:容量なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!

商品名 容量
「loofen(ルーフェン)」

5.0L

「パリパリキュー」

2.8L

「loofen(ルーフェン)」は「パリパリキュー」と比べて、約1.8倍の容量があります。

家族人数の大きいご家庭、生ゴミの発生量の多いお宅などに良いと思います。

比較③:消費電力なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!

商品名 消費電力
「loofen(ルーフェン)」

50W~130W

「パリパリキュー」

300W

「loofen(ルーフェン)」は庫内の生ゴミの量や水分具合により、AIが自動でパワーを調整してくれます。

内部温度が上がると自動的に送風モードになり、電力が遮断されるので、消費電力の節約ができます。

また空気循環システムによる乾燥方式で、効率的に生ゴミを乾燥させてくれます。

比較④:外形寸法なら「loofen(ルーフェン)」よりも「パリパリキュー」!

商品名 外形寸法
「loofen(ルーフェン)」
【フィルター込寸法】

270mm(幅)X380mm(奥行)X350mm(高さ)

「パリパリキュー」

230mm(幅)X270mm(奥行)X270mm(高さ)

「パリパリキュー」はコンパクト設計なので、置き場所を選びません。

「loofen(ルーフェン)」は本体の後ろに、脱臭フィルターが付くので、奥行が大きくなります。

比較⑤:運転中の生ゴミ追加についてなら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!

商品名 運転中の生ゴミ追加について
「loofen(ルーフェン)」

可能

「パリパリキュー」

不可能(バッチ稼働)

「loofen(ルーフェン)」は、運転中に生ゴミの追加投入ができるのが最大の特長です。

スイッチを入れておくと、庫内の生ゴミの量や状態に応じて、AIが自動で乾燥処理のパワーを調整してくれます。

「loofen(ルーフェン)」は生ゴミの追加投入ができるので、ゴミ箱感覚で使えるのが嬉しいですね。

「パリパリキュー」は、最初にパリパリモード(乾燥しにくいもの)か、ソフトモード(乾燥しやすいもの)のどちらかを選択し、スイッチを入れるとバッチ処理で生ゴミを乾燥させます。

比較⑥:運転音なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!

商品名 運転音
「loofen(ルーフェン)」

30dB

「パリパリキュー」

36dB

「loofen(ルーフェン)」、「パリパリキュー」とも運転音は静かで、夜間運転しても何ら問題ありませんが、「loofen(ルーフェン)」の方がより静かです。

比較⑦:電気代なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!

商品名 電気代
「loofen(ルーフェン)」

¥20程度

「パリパリキュー」

¥19~¥52

「loofen(ルーフェン)」は、スイッチを入れておくと、庫内の生ゴミの量や状態に応じて、AIが自動で乾燥処理のパワーを調整してくれるので、消費電力の節約ができます。

「パリパリキュー」は、人が最初に、パリパリモード(乾燥しにくいもの)か、ソフトモード(乾燥しやすいもの)かを選択し、スイッチを入れ、バッチ処理で生ゴミを乾燥させます。

比較⑧:累計販売台数なら「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」!

商品名 累計販売台数
「loofen(ルーフェン)」

1,200,000台

「パリパリキュー」

300,000台

「loofen(ルーフェン)」のメーカーは韓国の会社で、全世界に販売している為、販売台数は大きいです。

「パリパリキュー」のメーカーは日本の香川県の会社です。

比較⑨:メーカー保証期間なら「パリパリキュー」!

商品名 メーカー保証期間
「loofen(ルーフェン)」

1年間

「パリパリキュー」

3年間

「パリパリキュー」のメーカー保証期間は3年で、「loofen(ルーフェン)」の1年間と比べると、安心して使えます。

「パリパリキュー」の保証サービス、評判が良いですね。

比較⑩:返金保証期間は同じ!

商品名 返金保証期間
「loofen(ルーフェン)」

60日間

「パリパリキュー」

60日間

返金保証期間は、「loofen(ルーフェン)」「パリパリキュー」とも60日間で、同じです。

 

「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」は各々こんな人におすすめです!

比較結果のまとめとして、「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」がそれぞれどんな人におすすめなのかをお伝えします。

「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」のどちらを購入しようか決めかねている人は、こちらの内容を確認して、決めて下さいね。

「loofen(ルーフェン)」がおすすめの人!

  • 生ゴミが発生したら、乾燥機にすぐ投入したい人
  • 生ゴミ発生量の多いご家庭、大人数のご家庭
  • 自動で運転管理してくれる乾燥機がよい人
  • 電気代が安い乾燥機がよい人
  • 累計販売台数の多い乾燥機がよい人

以上のような人には「パリパリキュー」よりも「loofen(ルーフェン)」が合っています。

運転中に、生ゴミの追加投入が出来るので、生ゴミが出たら、すぐそのまま乾燥機に投入することが出来ます。

乾燥機の容量も大きいので、大人数のご家庭などで活躍してくれるでしょう。

AIが生ゴミの状態により、自動でパワー管理をしてくれるのも便利です。

「loofen(ルーフェン)」の詳細情報を確認したい方は、「loofen(ルーフェン)」の公式サイトをご覧ください。

生ゴミ乾燥機「loofen(ルーフェン)」の公式サイトはこちら

「パリパリキュー」がおすすめの人!

  • 価格が安い乾燥機がよい方
  • コンパクトな乾燥機がよい方
  • 保証期間の長い乾燥機がよい方
  • 国産の乾燥機がよい方

以上のような人には、「loofen(ルーフェン)」よりも「パリパリキュー」が合っています。

「パリパリキュー」は国内で製造されているので、海外製品よりも安心だと言われる方もいらっしゃるでしょう。

また、「パリパリキュー」はコンパクト設計なので、置き場所に困りません。

保証期間も3年間と長いです。

価格もお手頃価格なので、補助金も含めると、とてもお買い求め安いでしょう。

生ごみ処理機「パリパリキュー」の公式サイトはこちら

「loofen(ルーフェン)」と「パリパリキュー」の違いについてまとめ

以上のような内容をお届けしました。

「loofen(ルーフェン)」も「パリパリキュー」も非常に評判のよい生ゴミ乾燥機ですが、それぞれ特徴があります。

一番の違いは、「loofen(ルーフェン)」は乾燥運転中に生ゴミの追加投入が出来ることです。

あと、「loofen(ルーフェン)」は韓国製、「パリパリキュー」は日本製です。

「パリパリキュー」はバッチ処理なので、乾燥処理は、料理の下ごしらえなどにも使えるようです。

  両製品とも、購入に際して、お住まいの市町村から補助金が出ます。

各々の公式サイトでは、お住まいの市町村ごとの補助金の額なども調べることが出来ます。

「loofen(ルーフェン)」「パリパリキュー」ついて、詳しく確認したい方は以下の各々の公式サイトをチェックしてみてください。

生ゴミ乾燥機「loofen(ルーフェン)」の公式サイトはこちら

生ごみ処理機「パリパリキュー」の公式サイトはこちら

生ゴミ乾燥機で乾燥処理した生ゴミから有機肥料の作り方

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください