玉ねぎヨーグルトはいつ食べるのが正解?食べるタイミングで効果は違う?

今ダイエット方法として『玉ねぎヨーグルト』が話題となっていますよね!

『得する人損する人』で紹介され、井上咲楽さんやぱいぱいでか美さんなどが実際に成功し引き締まったウエストを披露したことでも話題となりました。

本日はそんな『玉ねぎヨーグルト』をいつ食べるのが正解か、また食べるタイミングで効果が変わってくるのかなどを紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

玉ねぎヨーグルトはなぜ痩せる?

玉ねぎヨーグルトで特にダイエット効果のある層は主に”便秘の悩み”がある人です。

というのも玉ねぎとヨーグルトを食べることで、短鎖脂肪酸という”やせ酸”が生まれそのやせ酸が便秘の解消にうってつけなんです。

やせ酸の効果は次の通り

  • 腸の働きを活発にし、便意を促す
  • 代謝を上げる
  • 脂肪の吸収を抑える
  • 食欲の抑制

実際に『得する人損する人』でダイエットに挑戦した井上咲楽さんも、ぽっこりお腹が解消されました。

井上咲楽さんのぽっこりお腹は、慢性的な便秘が原因だったようで、10日に一回しか便が出ないような時もあったんだとか。

これってよく考えるとものすごいことですよね。食べているものが出ずに体内にたまり続ける…。太るのも納得です。

 

しかし井上咲楽さん、『玉ねぎヨーグルト』ダイエットに挑戦すると1日に二回便が出るなど素晴らしい効果が!

わずか3週間の検証にも関わらずお腹周りが 71.2cmから63.5cmに!

そして体重は46.5kgから42.4kgに減るなど素晴らしい効果を発揮しているんです!

そんな玉ねぎヨーグルトの作り方はこちらで解説をしているので是非ご覧ください。

玉ねぎヨーグルトの作り方&納豆や美味しいアレンジレシピを紹介!【特損】

玉ねぎヨーグルトはいつ食べるのが正解?

さて、そんな話題の玉ねぎヨーグルトですが、いつ食べるのが正解なんでしょうか!

 

玉ねぎヨーグルトの食べ方は色々あるんですが、まずは目的を決めることが大切です。

便秘を治したい、体重を減らしたい、ウエストを引き締めたい、、

などなど

 

そして決めたら次のように従って玉ねぎヨーグルトを食べてください。

便秘を治したい‥‥‥普段の食事のタイミングでおかずとして『玉ねぎヨーグルト』を食べる。

体重を減らしたい‥‥‥痩せるには運動も一緒に行うことが効果的です。運動は食事の前に行い、運動後の食事のタイミングで一緒に『玉ねぎヨーグルト』を食べてください。

ウエストを引き締めたい‥‥‥こちらも上と同様運動をしてから、食事とともに『玉ねぎヨーグルト』を食べるようにしましょう。

MEMO

玉ねぎヨーグルトは一回50g 朝と夜に食べましょう!

スポンサーリンク

玉ねぎヨーグルトを食べるタイミングで効果は違う?

玉ねぎヨーグルトですが、オススメなのが朝と夜にご飯と一緒に食べること。

それでは食べるタイミングをずらすことで効果は違うのでしょうか。

 

そもそも玉ねぎヨーグルトはヨーグルトのビフィズス菌と玉ねぎに含まれるイヌリンによって効果が得られます。

しかしこのビフィズス菌は胃酸に弱く、空腹時に食べると、腸まで届かないこともあります。せっかく『玉ねぎヨーグルト』を食べているのに腸に届かなければ意味がありませんよね。

その為、『玉ねぎヨーグルト』を食べるタイミングとしては食事中など他の食材と食べるときが一番良いでしょう。

またそれにプラスして、『玉ねぎヨーグルト』には脂肪の吸収を抑える働きや炭水化物の吸収をゆるめる働きもあります。

その為がっつり食べたい時などは、がっつり食べたいものの後 ではなく、

がっつり食べる前のタイミングで『玉ねぎヨーグルト』を食べると良いですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です