『家売るオンナの逆襲』第4話 あらすじや感想!留守堂が万智の契約を横取り?

2019年1月9日から日本テレビ系で、水曜日夜10時より放送がスタートした『家売るオンナの逆襲』。

その第4話が、2019年1月30日に放送されました。

「私に売れない家はない」またまた家売るオンナが帰ってくる!!

今シーズンは天才的不動産屋・三軒家万智の前に、最強の家売るオトコが出現!します。

主演の三軒家万智を演じるのは、みなさんご存知の北川景子さんです。

そして、お馴染みのメンバーたちも揃っています。

今回は『家売るオンナの逆襲』第4話のあらすじや感想を紹介したいと思います。

この記事は『家売るオンナの逆襲』第4話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第4話 あらすじ【前半】

4月から始まる働き方改革に向け勤務時間の見直しを図る新宿営業所。

残業を減らすことと売り上げを上げることの板挟みに苦しむ屋代(仲村トオル)だった。

そんな中、万智(北川景子)は、定年を間近に控えた山路功夫(佐野史郎)・朱美夫婦から娘夫婦の家の資金援助をしたいと相談を受ける。

功夫は、5000万までの物件で高円寺あたりを希望した。

計画性のない娘たちに代わり自分が事前に候補を絞っておきたいと話す功夫だった。

やる気がなく家を全く売っていない鍵村(草川拓弥)を成長させるべく庭野(工藤阿須加)を教育係に任命した。

庭野は家を売る仕事について熱く語るが、鍵村はもっと好きなことをやりたいと語り、自分の事考えないと会社に潰されてしまうと逆に感化されてしまうのだった。

ある日、功夫夫婦と娘の満島夫婦が来店した。

万智は功夫の依頼を受けて3件の物件を紹介した。

しかし、娘は気に入らずダサいと言い、豊洲みたいなカッコいいところに住みたいとわがままを言う。

功夫は、金を出すのは自分だからと娘の意見を全く聞かない。

世代間のギャップでお互いの意見がまとまらず、家探しは難航する。

そこで、万智は気にいる物件を必ず自分が探すと宣言するのだった。

一方、万智に差をつけられる足立(千葉雄大)は、労働時間に縛られることで頑張ることを許されない会社での働き方を窮屈に感じ、屋代に訴えていた。

そんな時、留守堂から誘われた足立は、急いでフェンシングに向かうのだった。

『家売るオンナの逆襲』第4話 あらすじ【後半】

偶然、満島夫婦に遭遇した鍵村。

もっとオシャレな物件を見つけてくれと花に頼まれた鍵村はその場でスマホで検索し、適当に豊洲の物件を見繕って翌日の内見を取り付ける。

そして翌日、内見を終えて会社に戻った鍵村は、万智ではなく自分が満島夫妻に家を売ったこと報告する。

突然家を売った鍵村に驚く一同だった。

しかしその後、契約に納得出来ない功夫は豊洲のマンションにするなら金は出さないと言い、契約を無効にしてしまう。

そこで、万智は山路夫妻に住み替えすることを提案する。

満島夫妻に援助しようとしていた資金を使い、妻の夢だった喫茶店を経営することができる物件を案内する万智。

驚く山路夫妻だったが、万智は力を合わせ猛烈繁盛する喫茶店を経営して下さいと提案すると、山路夫妻は気に入ったようだ。

だが、娘の花は不服で、親子の縁を切ると言い出す。

娘の夫は、家はいらないと言い、ここで夢の喫茶店をやって下さいと伝えた。

万智も自分たちのために生きて下さいと告げ、まずは山路夫妻と契約をした。

そして、次は満島夫妻に、身の丈にあった物件を案内する。

そこは、団地だったため、花は帰ると言い出すが…。

渋々内覧すると、そこはオシャレにリノベーションされていた。

万智は、作りもしっかりしているこの物件は、リーズナブルな値段だと説明する。

満島夫婦は、父親の援助がなくても購入できるこの物件を気に入ったようだ。

穏やかで心優しき幸せをと万智が提案し、物件を契約するかに思われた。

しかし、そこに突如現れた留守堂は、満島夫婦と知り合いだった。

不動産屋だと告げた留守堂は、部屋番号が二股相手の名前だと告げ、花は契約を取り消してしまう。

そして、留守堂が用意していた部屋に案内される。

矢沢永吉のファンだと知っていた留守堂は、 矢沢永吉の大ファンである満島夫婦が大興奮の部屋を用意していた。

満島夫婦は、すっかりこの物件が気に入り、契約することになった。

万智は、あっさりと留守堂に横取りされてしまうのだった。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第4話 感想

最後のところで、突如現れ横取りする留守堂のやり方は、フェアーじゃないと思います。

愛する人との戦いの日!?留守堂の愛する人とは、やはり三軒家万智でしたね。

足立もそれが分かって、ショックを隠せないようでしたね。

『るすどうけんじ』を逆さまから読んだ万智は、何かに気づいたようですね。

それが何なのか?とても気になりますよね!

『家売るオンナの逆襲』まとめ

次回の第5話で、万智は、突然休暇を取り、屋代(仲村トオル)の前からも姿を消してしまうようです。

庭野が担当する客が、万智の同級生だということが判り、陽気で人気者だったと聞かされます。

そしてとうとう、留守堂の正体とその目的が明らかになるようです。

万智との関係を尋ねる屋代に、留守堂は同級生だった万智に「愛情を抱いている」のだと話すようです。

2人の過去に何があったのでしょうか?鍵は「るすどうけんじ」…逆さにして「じんけうどする」?

全くわかりませんよね!次回の第5話をたのしみに待ちたいと思います。

気になる第5話は、2019年2月6日に放送されます。

是非、ご覧下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です