映画「老後の資金がありません」 2021年に公開が延期!

 昨年2019年秋、金融庁の審査会の報告書で、年金の他に老後の資金として、夫婦で2000万円が必要というデータが発表されて以来、退職後の老後生活に必要なお金の話が話題になっています。そんな中で、「老後の資金がありません」という映画が、今年2020年9月18日(金)東映系にて公開されます。

※コロナウイルスによる社会状況により、2021年に公開延期。

映画「老後の資金がありません」

 原作は、2015年9月に垣谷美雨さんが発表した小説「老後の資金がありません」で、2018年に文庫化され、本年4月には累計30万部突破のベストセラーとなっている。

垣谷 美雨<かきや みう>さん

1959(昭和34)年、兵庫県生れ。明治大学文学部卒。2005(平成17)年、「竜巻ガール」で小説推理新人賞を受賞し小説家デビュー。結婚難、高齢化と介護、住宅の老朽化などの社会問題や、現実に在り得たかもしれない世界を題材にした小説で知られる。著書に『リセット』『結婚相手は抽選で』『七十歳死亡法案、可決』『ニュータウンは黄昏れて』『夫のカノジョ』『あなたの人生、片づけます』『老後の資金がありません』『女たちの避難所』『夫の墓には入りません』『姑の遺品整理は、迷惑です』『うちの子が結婚しないので』などがある。

概要

 現代日本のすべての人々が、気になっているが公然とはあまり語られることの少ない老後生活への不安。

それについて、緻密な取材を元にした具体的な金額と、しっかりとしている様だが、実は問題ばかり抱えた親族たちを通して描かれる。 主人公が、時代と親族に振り回されながらも、金難と明るく奮闘する痛快なエンターテインメント作品。

主役・篤子役は天海祐希さん。

 天海さんが、普通の主婦に人生後半にやってくる老後資金問題と、皆が直面する夫婦、親子、子の結婚、独立、嫁姑、親の介護、葬式・・など、あらゆる問題が立て続けに襲ってくる中、悩み、もがきながら幸せを探す、どこにでもいる女性を演じている。

 監督は「こんな夜更けにバナナかよ 感動の実話」(18)で、感涙だけではないユーモアを交えた秀逸な演出で観客を魅了した前田晢さんで、今作でも人生の節目を襲う難事に立ち向かう人々の様子が、コメディに仕立て上げられている。

関係者のコメント

🔶原作者 垣谷美雨さん

 節約を重ねてコツコツ貯めてきたのに、見栄を張ったばかりに一瞬で使ってしまった。それ以来、老後の不安が胸の奥にどっしり居座っていて、ふとした拍子に泣き出したくなる・・。

「老後の資金がありません」は、お金の使い方に生き方そのものが表れるという思いから書いた小説です。
今回の映画は、原作を超えてさらに広がりを見せてくれます。あの小説がどんなふうに表現されるのだろう、映画には小説とは異なる感動と面白さがある。そう思うと、原作者としてもワクワクしてきます。

🔶プロデューサー 岡田有正さん

「老後の資金がありません」というインパクトのあるタイトルに惹かれて原作を読んだのは、老後の資金が2000万円必要だと世間が騒がしくなる前の2018年の事でした。

 家計の出費が重なり、貯金が目減りしてお金に悩む主婦の話なのですが、誰もが直面するであろう家族に纏わる問題が詰まっていて、一見シリアスになりそうな話なのに魅力溢れる登場人物によってユーモアたっぷりに描かれていました。
直ぐにこれは大人が見られるコメディ映画にするべきだと思い原作の権利をお預かりさせて頂きました。

 主人公は真っ先に天海祐希さんを思い浮かべました。日本を代表する国民的スターの天海祐希さんなら、ごく普通の主婦に扮し、お金に悩まされ立ち向かって行く姿を、美しくコミカルに体現出来ると思ったからです。

天海祐希さんから快諾頂き、そこから一気に企画が動き始め、前田哲監督、脚本の斉藤ひろしさん、素晴らしいスタッフの皆様、想像を超えるオールスターキャストの皆様に集結して頂きました。

映画の完成が楽しみで仕方ありません。将来の不安を和らげ、笑えて泣けて、為になる大変お得な映画になります。まさに今現在起きている老後資金の大問題に直面する、これまで見たことのない天海祐希さんの主婦の奮闘に期待して下さい。

🔶監督 前田哲さん

<映画について>

 タイトルに惹かれてしょうがない。誰もが気になり、避けては通れない「老後」のこと。そして、強烈なキャラクターが勢ぞろいした濃いキャスト。映画として面白くならないわけがない。だからこそ、悩ましい。

  もしつまらなければ、監督のせいである。嬉しい悲鳴をあげながら、撮影している。
「ああ、映画をどうすればいいのか? 」と、同時に、「ああ、老後をどうすればいいのか?」 大きな問題が二つも迫っている。 その答えは、映画の中にある!? 

 この映画は、人生に明るさと元気と、幸せをもたらす物語であります。

<天海祐希さんへのコメント>

天海祐希さんはジョーカー! どんな設定であろうが、いかなる状況だろうが、ベストに遂行され、アクシデントさえも取り込んでしまう、その多様性と万能さは、オールマイティなトランプのジョーカー以上の活躍です。

🔶主役 天海祐希さん

 このお話をいただいた後、「老後の資金」が何千万ないといけないなどとニュースになりまして、とてもタイムリーな作品だと思いました。原作も、クスクス笑い、考えさせられながら拝読しました。

 きっと、どなたでも共感できる作品なのではないでしょうか。誰もが老いていく中、「老後の資金」を切実な問題として抱える主婦とその家族を中心に、とても深刻ではあるけれど、ちょっと笑える素敵な作品になるのでは?と思います。

ぜひ、この作品を観て老後の問題を先に知って頂いて、ご自分の人生を考えつつ、将来に備えて頂けたらいいなぁと。

前田監督を始め、素晴らしいスタッフ、キャストと、観てくださる皆様に楽しんでいただける様撮影中です。きっと、クスクス笑いながらも皆様の毎日に役立つ作品になると思っています。ぜひ、楽しみにして頂けたら嬉しいです。

🔶その他出演者

草笛光子さん:篤子(天海祐希さん)たちと同居する浪費家の姑・後藤芳乃役。  かつて老舗和菓子屋に嫁ぎ、店をたたんでからも浪費癖が抜けない。「劇中ではとんでもない姿をお見せするのですが『もうどうにでもなれっ』と飛び越えてしまった感じ。色々な意味でこんな作品は初めて。私にとっては恐ろしい映画です」と語っている。

松重豊さん:定年間近で会社が倒産し失業に陥る篤子の夫・後藤章役。  お金に疎く見栄っ張りの夫で、天海と長年寄り添った本物の夫婦のように息の合った演技を繰り広げる。

新川優愛さん:突然派手婚を報告し、自分たちの結婚資金の援助を求め篤子たちを困惑させる奔放な娘・後藤まゆみ役 

加藤諒さん:まゆみの結婚相手でヘビーメタル・バンドマンの松平琢磨役

瀬戸利樹さん:姉の暴挙から篤子をフォローするしっかり者の大学生の息子・後藤勇人役

三谷幸喜さん:区役所委員役

ほかに、総勢19名。 柴田理恵さん、石井正則さん、若村麻由美さん、友近さん、クリス松村さん、高橋メアリージュンさん、竜雷太さん、藤田弓子さん、哀川翔さん、毒蝮三太夫さんが出演。さらに、佐々木健介さんと北斗晶さんが琢磨の両親役で夫婦出演。経済ジャーナリストの荻原博子さんが本人役で映画初出演。



自分の定年後は自分で守る。

  年金問題や働き方問題など、すぐに自分達に関わってくる問題です。 

 映画「老後の資金がありません」 絶対見たい映画です。 

  公開が待ち遠しいです!!

CRAZYマネー お金のプロが教えるたった90分でわかる「会社員だからできる資産形成術」 【東京・大阪・名古屋】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA