ステイホームでたるみ取り 家庭用ハイフが凄かった!!

 コロナ渦が続く昨今、皆さんはお肌のお手入れはどうしていますか?

私は自粛で月に一度通っていたエステから足が遠のき、常に無表情のマスク生活で、
心なしか頬や口角がだらんと下がり気味になってきました。

 肌が下がると何だか憂鬱で、「あ~エステ行きたいなぁ。でも何だか怖いなぁ。」
「家で出来る事ないかな~。」とインターネットで美顔器を探していました。

ハイフって家庭用も売られているんだ

ところで皆さんはハイフってご存じですか?

 私はエステでハイフの施術を数回受けたことがあり、毎回フェイスラインがシュッと引き締まり、小顔効果を感じることができる、大好きなたるみ取りマシンだったのですが、ネットでその家庭用が発売されていることを知ったのです。

そもそもハイフって何なの

 ハイフとは、正式にはHigh Intensity Focused Ultrasoundと言い、その頭文字を取り、HIFE(ハイフ)と呼ばれていて、「高密度焦点式超音波」マシンの事を言います。

皮下組織・SMAS筋膜にこの超音波を一点に集中して照射させ、表面の皮膚を熱で引き締め、肌のたるみを改善するというマシンです。

通常、外科手術でしかアプローチできなかったSMAS筋膜にまで照射できるので、引き締め効果が高いと言われています。今や広く美容皮膚科やエステで施術されるようになったマシンで、2012年以降、ハリウッド女優が老けなくなったのは、ハイフが出たお陰と言われています。

「家庭用ハイフLHM86」買ってみた

 ネット上のレビューも良く、実際に購入してみました。これの凄い所は、ハイフだけでなく、RF(ラジオ波)とLEDも同時に照射できるのです。一台で3役という優れものです。

RF(ラジオ波)とは、真皮のコラーゲンや脂肪などを加熱、収縮させて皮膚を引き締める効果のある電波で、LEDとは、真皮のコラーゲンとエラスチンが産生される繊維芽細胞を活性化させる、特殊な光のことをいいます。

こちらのユーチューバーさんが紹介していますので、是非ご覧ください。

こちらが私が今回購入したものです。

見た目は何だか本格的ですが、サイズは18×16×10cmと意外とコンパクトです。

ピッピッピッ、とハンドピースを肌に当てて照射していきます。部分的に熱いです。

出力は調節できるので、初めは弱めから始めた方が良いと思います。

フェイスラインがシュッとした!

 使用した感想はというと、エステでやった時ほどの小顔効果は感じないものの、若干フェイスラインがシュッとします。そして気になっていた頬の毛穴が気にならなくなりました。

 マスク生活でだらんとしていた肌が、何となく上がっている感じがします。

医療レベルの劇的な効果は感じませんが、美顔器にそこまでの効果を求めているわけではありませんし、十分過ぎる効果です。

ステイホームでこんなに本格的なケアができるなんて

 一番の効果は、コロナ渦に突入してから、もうかれこれ4か月間エステに行っていないという事でしょうか。

正直これがあれば、エステも美容皮膚科も当分行かなくて良いと思っています。

これを使っていれば、現在のシュッとした状態を保てる。これって何気に凄いことだと思いませんか?

 月に1回は必ずエステに行き、リフトアップのトリートメントを受けていた私が、もうエステにお金をかけなくて良くなるなんて、想像もしていませんでした。コロナ渦にならなければ、私はエステに散財を続けていたことでしょう。これを買って本当に良かったです。

 この家庭用ハイフをインターネットで検索すると、お店によってバラつきがありますが、大体お値段は7万円程。大金でしたが、カートリッジなど交換するものもなく、買うと半永久的に使えるので、経済的です。

ちなみに美容外科でハイフを受けると、1回5~10万円かかってしまいます。それを考えると、かなりお得です。

コロナ渦で美容家電の需要が拡大しているようです。

 昨今インターネット上では、本格的な美顔器が数多く売られていて、ステイホームで本格的な肌のメンテナンスが出来る時代が来ています。

あなたもいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA