映画『七つの会議』 半沢直樹ファン 必見映画のご紹介!

TBS日曜ドラマ「半沢直樹」 ご覧になっていますか?   

「半沢直樹」がお好きな方に、是非おすすめしたい映画があります。

ご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、お付き合い下さい。

 2019年公開の「七つの会議」です。

原作は池井戸潤さんで、監督は「半沢直樹」「下町ロケット」でもタッグを組んでいる福澤克雄さん。脚本の丑尾健太郎さんも「半沢直樹」の新シリーズの脚本を手掛けています。

キャストも主演の野村萬斎さん以外はほぼ「半沢直樹」に出演のお馴染みの豪華キャストが勢揃いしていますので、半沢直樹ファンは楽しめる事間違いなしの映画です。

あらすじ

 中堅電気メーカー「東京建電」の、鬼と呼ばれる北川部長(香川照之さん)は、営業部に対して過度なノルマを提示させ、何としてでも業績を上げさせる「結果主義」で営業部員達を追い詰めます。

そんな社内の方針に相反して、営業一課で働く万年係長の八角(野村萬斎さん)は度々会議中に居眠りをするなどし、「居眠りハッカク」と呼ばれています。

 八角の仕事に対するやる気の無さから、営業会議の場で恥をかかされた営業一課のエースで課長の坂戸(片岡愛之助さん)はついに八角を営業部員の面前で激しく叱責します。

八角は坂戸をパワハラで訴えると言い放ちますが、誰もが八角の態度の方に問題が有り、北川部長のお気に入りの坂戸が正しいと判断されるだろうと思っていましたが、社内の独自調査によりパワハラと認定され、坂戸は営業一課から外され移動する事になります。

坂戸の移動により、万年二番手だった営業二課の原島課長(及川光博さん)が、営業一課の課長に抜擢されます。

営業一課の女子社員浜本(朝倉あきさん)と業績を上げる為奮闘しますが、自由奔放な八角にも振り回され、坂戸の様には結果は出せず、営業会議でも北川部長の逆鱗に触れます。

 そんな中、営業一課を目の敵にする経理課の新田(藤森慎吾さん)と、カスタマー室長の佐野(岡田浩暉さん)が八角の不審な行動を調べ始めます。

会議にも掛けられますが、北川部長は執拗に庇い、新田と佐野は地方へと移動させられてしまいます。

坂戸に続いて八角に関わった新田と佐野も移動になり、不思議に思った原島と浜本は八角を調べ始めます。

そこには社内だけではなく、社会までも巻き込む大事件となる、大企業が持つ巨大な闇が潜んでいるのでした。

映画情報

・制作国 :日本

・配給会社:東宝株式会社

・上映時間:119分

映画『七つの会議』オフィシャルサイト

監督/脚本/原作者について

元々社会派ドラマや映画が好きなのと、更に「半沢直樹」「ノーサイドゲーム」「下町ロケット」など、池井戸作品の大ファンなので期待して視聴させて頂きましたが、期待を何十倍も福澤監督と豪華キャストの方々が上回っていました。

「半沢直樹」で池井戸作品にハマった方々にも、まだ池井戸作品を観た事の無い方々にもぜひ観て頂きたい映画です!

 

この投稿をInstagramで見る

読書記録 七つの会議/池井戸潤 ーーーーーー <内容紹介> きっかけはパワハラだった!会社の業績を牽引する稼ぎ頭のトップセールスマンであるエリート課長・坂戸宣彦。彼を社内委員会に訴えたのは、年上の部下で「居眠り八角」と呼ばれている万年係長・八角民夫だった。そして委員会が下した結論は、不可解な人事の発令だった。いったい二人の間に何があったのか。いったい今、会社で何が起きているのか。事態の収束を命じられた原島は、親会社と取引先を巻き込んだ大掛かりな会社の秘密に迫る。決して明るみには出せない暗部が浮かび上がる。ありふれた中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫真の物語。日本の今、企業の正体をあぶり出す、大ベストセラーとなった衝撃のクライム・ノベル。 ーーーーーー 最近映画化されて話題の本作。 中堅企業が舞台の、8つの短編が絡み合った連作長編小説。 最初は昨今話題のパワハラ問題、かと思いきや物語の途中から様子が変わり、その裏には会社の存続を揺るがす大問題が起きていることが明らかになる。 短編はそれぞれ異なる人物の目線で話が進み、各物語が実はある1つの大きな事件と少しずつ繋がっている。 徐々に明らかになっていく真相に、最後までページをめくる手が止まらなかった。 事態の真相が解き明かされるワクワク感と、それぞれの立場で必死に働くサラリーマン達の苦悩が、個性豊かな登場人物を通して描かれている。 立場や守りたいものによって、考え方は大きく変わる。 自分は極限の状況に追い詰められたとき、嘘を吐かずに正しい選択ができるのか。 「客を大事にしない企業は滅びる」 当たり前のことだが、自分の仕事に対する姿勢を改めて考えさせられた。 #七つの会議 #池井戸潤 #読書 #小説 #読書記録 #読書好き #読書好きな人と繋がりたい #bookstagram

Y.M(@y.mitsu92)がシェアした投稿 –

キャストについて

 
 原作とは全く違うと言われる八角を、野村萬斎さんが唯一無二のキャラクターとして見事に演じられていて、八角の前半のぐうたら社員ぶりと、会社や上層部に歯向かってでも、自分の信念と正しい事を貫こうとする後半とのギャップが、観ている者を虜にさせます。

また及川光博さん演じる原島と、朝倉あきさん演じる浜本とのやり取りも面白いですが、八角に真実を話す様に迫る熱いシーンはとても見応えあります。

 そして忘れてはいけないのが、福澤組作品でお馴染みの「日本一の顔芸役者」無敵の表情筋を誇る北川部長役の香川照之さんです。今作でも冒頭から鬼と呼ばれる上司役を演じますが、更に上の役員に無碍に扱われたり、正義を貫こうとする八角とやり合うシーンは、現代の日本の社会の縮図を表す様で観る者を熱くさせます。

『七つの会議』 おすすめポイント

 企業で働く会社員が、不正を目の前にして会社と社員を守る為に上司の指示に従うか、或いは正しい事を貫き通す為会社に背くか、人としてどう生きるか?

働く事の意義を考えさせられる作品です。

『七つの会議』 みどころ

 前半の内容からは全く想像出来ない程、次々と問題が発覚していき、最後まで誰が黒幕か分からずハラハラさせられ、いつの間にか原島と八角と一緒に戦っている様な感覚になります。

社会で会社員として働いていれば、いつ同じ様な問題に直面してもおかしくなく、その時自分はどうするか?

会社を守る為に行動するか?それとも会社だけでなく、世の中を守る為に正しい事を貫き通すか?

会社員として働く事の意義を考えさせてくれる素晴らしい作品です。

 池井戸作品をご覧になった事もない方も、必ず虜になりますのでぜひご覧になってください。
  

U-NEXTで『七つの会議』を無料で視聴する方法をご紹介!

すぐに『七つの会議』を無料で安全に視聴したい!という方はU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTは月額制ですが、31日間の『無料トライアル期間』があるので、登録しても31日間は無料で動画を見たり、漫画(電子書籍)を読んだりすることができます。

U-NEXTって何?

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、DVD発売前の映画を見ることができたり、漫画を最新刊まで読めたりとラインナップがとにかく充実しています。

パソコンだけではなく、スマホやタブレットで見ることができるのも魅力の一つですね!

U-NEXTでどうやって『七つの会議』を無料で視聴するの?

上でも紹介した通りU-NEXTは月額制で、月額1,990円(税抜)かかりますが、登録してから31日間は『無料トライアル期間』でU-NEXTの見放題作品は全て見放題となります。

漫画や動画の一部は別途課金が必要ですが、U-NEXTに登録で600ポイントを受け取れるので自由にそのポイントを使うことができます。

動画は1作300〜500ポイントほどなので、好きな動画を見ることができます。

『無料トライアル期間』中に解約すればもちろん料金はかかりませんし、サービスが気に入っていただければ継続してもらっても構いません。(継続の場合、次の月からは1,200ポイント受け取れます。)

≫≫U-NEXT31日間無料登録はこちら!≪≪

U-NEXTで『七つの会議』を無料で視聴する方法
  1. U-NEXTの『まずは31日間無料体験』で登録
  2. 登録で受け取れる600ポイントで『七つの会議』を視聴する
  3. その他『見放題作品』を楽しんでおく
  4. 『31日間の無料トライアル期間』に解約するか、月額1,990円(税抜)で継続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA