『ウチの娘は、彼氏出来ない!!』川上洋平は帰国子女で英語がペラペラ!ドラマ主題歌も作曲!

3月17日に最終回を迎えたドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」。

皆さんはご覧になっていましたか?

菅野美穂さんが主演を務めていたドラマですが、作中では、菅野美穂さん演じる水無瀬碧に好意を抱く橘漱石役を演じていたのが「川上洋平」さんです!

川上洋平さんは、普段は「Alexandros(アレキサンドロス)」というロックバンドのヴォーカルとして活動しているバリバリのミュージシャンなんですが、ドラマを観ていた方はご存知だったでしょうか。

今回は、ウチの娘は、彼氏が出来ない!!で橘漱石役を演じていた川上洋平さんについて紹介していきたいと思います!

最後まで楽しんでいってください!

川上洋平(Alexandros)のプロフィール!

名前:川上洋平(かわかみ・ようへい)

生年月日:1982年6月22日

出身地:神奈川県川崎市

身長:181cm

血液型:A型

趣味:映画鑑賞

青山学院大学在学中にAlexandrosの前身となる「Champagne」を結成。

元々大学受験で早稲田大学社会学部を合格していましたが、バンドデビューする為に、ミュージシャンを多く輩出している青山学院大学に進学したとのことです。

2010年にインディーズデビューし、2014年3月28日の初の日本武道館公演で、バンド名を「Alexandros」に改名。

アレクサンダー大王のギリシャ読みがバンド名の由来なため、「アレクサンドロス」と間違われることがあります。

翌2015年には、10枚目のシングル「ワタリドリ」でメジャーデビューを果たしますが、ワタリドリは映画の主題歌や、ビールや自動車のCMなどに起用された、Alexandros最大のヒット曲で、MVの再生回数は、1億3000万回を記録しています!

皆さんも、この曲を一度は耳にしたことがあるのではないのでしょうか。

バンドの楽曲ほぼ全ての作詞・作曲を手掛けており、今紹介したワタリドリももちろん川上洋平さんが作っています!

趣味の映画鑑賞は、1年間で約200本の映画を観るという無類の映画好きです。

今回のウチの娘は、彼氏が出来ない!!ではドラマ初出演だった川上洋平さんですが、2017年2月に公開された映画「きょうのキラ君」で俳優デビューされているんですよ!

Alexandrosが映画のために書き下ろした主題歌「今まで君が泣いた分取り戻そう」を提供したことから、友情出演で英語教師役でしゅつえんされていました。

日本語のセリフも用意されていたようですが、直前になり全て英語になったようです。

紹介したワタリドリも収録されているベストアルバム「Where’s My History?」が、ウチの娘は、彼氏が出来ない!!の最終回が放送された3月17日に発売されました。

    外飲み2回分¥8030(税込)の代金で、全国のクラフトビールがいつでも自宅のビールサーバーで楽しめる!

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!での役どころは?

川上洋平さんはウチの娘は、彼氏が出来ない!!では、菅野美穂さん演じる、売れっ子恋愛小説家の水無瀬碧の担当になった、散英社のイケメン編集「橘漱石」役でした。

元々は漫画の担当をしていましたが、とある事件がきっかけで異動となったことで、元々碧を担当していた方が早期退職する影響で漱石へと担当が引き継がれました。

散英社に入社した理由は、碧の小説の大ファンだったことから、碧の担当になったのは漱石にとって願ったり叶ったりでしたね。

第4話では作中に登場するバンド「サイレントナイフ」のヴォーカルで、碧の小説「私を忘れないでくれ」の主演を務める久遠悠人が、原作と設定を大幅に改変する提案を改めてもらうため、漱石が悠人の事務所を訪れたところ、映画の主題歌の為に制作した楽曲を勝手にアレンジさせられて事務所社長に抗議したシーンがありました。

その後の駐車場のシーンで悠人は漱石に「勝手に曲をアレンジさせられて作品を殺された」と訴えていましたが、この訴えはミュージシャンである川上洋平さんも共感したのではないでしょうか。

川上洋平は帰国子女で英語がペラペラ!

神奈川県川崎市出身の川上洋平さんですが、実は9歳から14歳までシリアで過ごしていた帰国子女で、シリアではインターナショナルスクールに通っていたため英語がペラペラです。

ただ、川上洋平さんが喋る英語は中東訛りの英語ですが、流暢に喋っていたので違いが全く分かりません。笑

3月14日に放送された「おしゃれイズム」でゲスト出演した川上洋平さんは、シリアに住んでいた当時の初恋相手の女性と英語で楽しそうに話していたのが印象的でした。

俳優デビューだった「きょうのキラ君」での出演時に直前で全て英語のセリフに変更になったのは、川上洋平さんがシリアに住んでいた経歴があり英語がペラペラだったことから、そのようになったとのことです!

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

ドラマ主題歌は川上洋平が作曲!

ウチの娘は、彼氏が出来ない!!の主題歌といえば、家入レオさんが歌う「空と青」ですが、この曲は川上洋平さんが作曲を手掛けているんですよ!

ドラマの脚本を手掛けた北川悦吏子氏が作詞を手掛け、曲の編曲(アレンジ)はAlexandrosが担当しています。

歌詞はもちろんですが、川上洋平さんとAlexandrosの音楽性と家入レオさんの優しい歌声が、ドラマのイメージにピッタリです!

ドラマではエンディングで空と青が流れながら、ドラマのメイキング映像が公開されていましたね。

家入レオさん17枚目のシングルとなる「空と青」は、1月20日にリリースされています!

まとめ

今回は、ドラマ「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」で橘漱石役を演じていた、Alexandrosの川上洋平さんについて紹介していきました!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください