2022冬ドラマ『ファイトソング』のあらすじやキャストを紹介!

年が明け、冬から始まる新しいドラマが各局で放送がスタートしています。

その新ドラマの中で、TBSで放送される「ファイトソング」が1月11日から放送がスタートし、1月18日に第2話が放送されました。

今回は、TBSの新ドラマ「ファイトソング」のあらすじやキャストについて紹介していきます!

最後まで楽しんでいってください!

新ドラマ『ファイトソング』の基本情報!

『ファイトソング』

放送局:TBS

ジャンル:ラブコメ

放送時間帯:火曜10時

放送開始日:1月11日

主演:清原果耶

主演の清原果耶さんは、民放ドラマ初主演です。

ファイトソングのあらすじ

空手の日本代表を目指していたが、突如としてその夢を絶たれてしまった木皿花枝。

全てを失い人生のどん底、無気力でグダグダした毎日を送っていたが、幼馴染の夏川慎吾が経営するハウスクリーニングでバイトとして働くことに。

そんなある日、かつて1曲だけヒットを出したが今や落ちぶれたミュージシャン芦田春樹の家に客先として訪問することに。

芦田は事務所から、残り2ヶ月でヒット曲を出さなければクビだと宣告され、窮地に立たされていた。

今まで空手一筋で恋もしたことがなかった花枝と、「人の心が分からないから良い曲が書けない」追い込まれている芦田。

そんな崖っぷちの2人がひょんなことから出会いを果たす。

さらに、チャラいが長年花枝を一途に想っている慎吾は、花枝と芦田の、やがて三角関係の恋に発展していく。

しかし花枝には誰にも言えないある秘密を抱えており、「これが人生最後の恋」と決めている。

ドラマ『ファイトソング』のキャスト

ここでは、ファイトソングのキャストの一部を紹介していきます。

※赤文字は主演

主要人物

木皿花枝(きさら・はなえ):清原果耶

本作の主人公。

児童養護施設「あさひ学園」で育ち、空手の日本代表を目指していたが、交通事故で選手の夢を絶たれ、スポーツ推薦した大学も中退し無気力な日々を送っている。

交通事故の際の検査で、聴神経腫瘍を患っており、耳が聴こえなくなる可能性があることを医師から告げられている。

芦田春樹(あしだ・はるき):間宮祥太郎

ミュージシャン。

花枝が試合前に必ず聴いていた勝負曲「スタートライン」の作者。

スタートライン以降ヒット作を生み出せておらず、マネージャーの伊達からは、あと2ヶ月で結果を出さなければ契約を打ち切ると宣告される。

夏川慎吾(なつかわ・しんご):菊池風磨(Sexy Zone)

花枝の幼馴染。ハウスクリーニング店「サンシャイン・クリーニング」を営む。

花枝に恋心を抱いている。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

その他

伊達弓子(だて・ゆみこ):栗山千明

春樹が所属する事務所のマネージャー。

2ヶ月以内にヒット作を出さなければクビにすると宣告した。

立石正嗣(たていし・まさつぐ):橋本じゅん

花枝の担当医。花枝に聴神経腫瘍の診断を告げる。

迫智也(さこ・ともや):戸次重幸

花枝たちが育った「あさひ学園」近くにある理髪店「BARBER SACCO」の店長

磯部直美(いそべ・なおみ):稲森いずみ

夢破れた花枝を見かねて、彼女を「サンシャイン・クリーニング」のアルバイトとして働かせる

烏丸薫(からすま・かおる):東啓介

春樹と一緒にバンド「PARKS」を組んでいたかつての音楽仲間

萩原凛(はぎわら・りん):藤原さくら

花枝や慎吾と同じく「あさひ学園」で育った幼馴染。

「BARBER  SACCO」で働いている。

ヒデ:若林時英

「サンシャイン・クリーニング」の社員。

俊哉と共に芸人を目指している。

俊哉:窪塚愛流

「サンシャイン・クリーニング」の社員。

ヒデと共に芸人を目指している。

松田穂香(まつだ・ほのか):莉子

児童養護施設で暮らす高校生

花枝の母:さとうほなみ

花枝が幼い頃に亡くなっている

花枝の父:河井我聞

妻が亡くなってから蒸発した

杉野葉子:石田ひかり

中途失聴者でグラフィックデザイナーの仕事をしている。

「サンシャイン・クリーニング」に依頼したことで花枝と出会う。

まとめ

今回は、TBS火曜夜10時の新ドラマ「ファイトソング」のあらすじやキャストについて紹介していきました!

次回第3話は「1月25日」放送予定です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください