中山優馬が売れなかった理由は?実はジャニーさんのお気に入りだった!

ジャニーズ事務所所属の中山優馬さん。

2022年でデビュー10周年目を迎え、今では歌手・俳優として活躍しています。

デビュー当初はジャニーさんのお気に入りだと言われており、「特別待遇」「溺愛されている」と話題になりました。

その反面、「中山優馬さんは売れなかった」とも言われているとか。

今回は中山優馬さんが売れなかったのか、ジャニーさんのお気に入りだと言われたのか、その理由についてまとめてみたいと思います。

中山優馬さんの入所からデビューまでの道のり

中山さんは大阪府出身で、小学校一年生の頃から野球を始めていました。

ジャニーズ事務所の野球大会の選手選考があり、姉が履歴書を送って応募。

中山さんはオーディションに合格して、野球大会に出場しました。

それから2年が経ち、再度オーディションを受けて2006年、12歳の頃入所が決まり、関西ジャニーズJr.のメンバーとして活動。
中山さん、現在ジャニーズWESTの神山智洋さん、藤井流星さんの3人で「TOP Kids」というユニットを結成後、2008年8月からは「中山優馬 w/7 WEST」を結成。

その後「7 WEST」というユニットにも加入。

7 WESTを脱退し、2009年6月4日、中山さんを中心としたメンバー5人で中山優馬 w/B.I.Shadowの結成が発表されました。

中山優馬 w/B.I.Shadowのメンバーには

SexyZoneの中島健人さん、菊池風磨さん

SixTONESの松村北斗さん、髙地優吾さん

そして中山優馬さんが選ばれ、シングルも発売し、一躍人気グループとなったのですがグループは自然消滅してしまいます。

2012年10月「Missing Piece」を発売し、ソロデビュー。

拠点を関西から大阪に移し、本格的にジャニーズJr.として活動をスタートさせたのです。

主に俳優業を軸とし、傍ら2022年までに8枚のシングルを発売、2022年現在は舞台出演をメインに活動を続けています。

広告

    U-NEXT<ユーネクスト> 映画・ドラマ・アニメなどの動画は、見放題作品が30万本以上、レンタル作品が5万本以上の国内No.1配信数。様々なジャンルの作品を配信中。主要動画配信サービスの中で、洋画、邦画、海外ドラマ、韓流・アジアドラマ、国内ドラマ、アニメの主要6ジャンル総数で「見放題作品数No.1」を獲得。特徴的なのは、NHKの番組も視聴可能なこと。映像のみでなく、書籍も読める。雑誌は110誌以上、漫画や小説も70万冊以上が読める。31日間は無料トライアルで、無料トライアル中もなんと600円分のポイントが貰える。入会後は月額¥2189(税込)で、毎月1,200円分のポイントが付与され、新作映画やドラマの視聴に使える。スポーツ配信や音楽ライブ配信も充実!「SPOTV NOW パック」では三笘薫選手がプレイするイングランド・プレミアリーグや、大谷翔平選手がプレイするMLBなどを、ライブ配信や見逃しなどで見られる。 色々なサブスクがあるが、U-NEXTはとりあえずはいっておくことをオススメ!
    今月のU-NEXTツイッター➡U-NEXT公式ツイッター 
    今月のU-NEXTブログ ➡U-NEXT公式ブログ 

    ・「小田和正 クリスマスの約束」を見る
    ・「ブギウギ」を見る
    ・「らんまん」を見る
    ・「VIVANT」を見る
    ・「M-1グランプリ」を見る
    ・「ドキュメント72時間」を見る
    ・「光る君へ」を見る
【U-NEXT解約したい方】U-NEXT解約方法

中山優馬さんはジャニーさんのお気に入りだった!

これまでの中山さんが活動していたユニット名を見てみると気付くのですが

中山優馬 w/7 WEST

中山優馬 w/B.I.Shadow

ユニット名の最初に「中山優馬」とつけられている点に注目です。

これまでのジャニーズのグループ名で、個人名がグループ名になることはほぼありませんでした。

ユニット名を見ると「中山さんの存在を、思い切りアピールしたい」という気持ちが表れていることが分かりますね。

ジャニーさんは「真面目でおっとりしたタイプの子」を気に入る傾向があったとも言われており、まさに中山さんがそうだったのですが、ジャニーさんは中山さんに何か光り輝くものを感じていたのかもしれません。

そして中山さんが所属していたユニット形態は、中山さんをメインに結成されたものとなっており、当時の写真や雑誌などを見ていてもよく分かります。

ユニット名から見ても、売り出し方を見ても分かるようにジャニーさんは「中山さんを売りたい!」という気持ちがとても強かったようですね。

中山優馬さんはジャニーズWESTに入る予定だったが断ったから売れなくなった?

中山さんが関西ジャニーズJr.時代に組んでいた7 WESTやTOP Kidsは、ジャニーズWESTのメンバーも在籍しており、年齢も入所時期も近いことから公私共に仲良くしていました。

そのため、ジャニーズWESTの結成時に中山さんも加入するのではないか、という話があったそうですが、このことに関して中山さんが以前インタビューで明かしていました。

「自分がジャニーズWESTに加入すると、(当時の状況を考慮して)自分がセンターになっていた可能性が高い。
となると、今まで一緒に活動していた7 WESTやTOP Kidsのメンバーに申し訳ない。
仲間が自分より下に見えてしまうのが嫌だった。」

そのため、中山さんがジャニーズWESTのメンバー加入を断ったという噂もあります。

加入を断ったため、「中山さんの人気が落ちた」とも言われています。

中山優馬さんが売れなかった本当の理由は?

ソロデビューシングルの売り上げが振るわなかったことも、理由だと言われています。

まず、ソロデビュー曲の「Missing Piece」の売り上げですが、4.5万枚と言われています。
山下智久さんのソロデビュー曲「抱いてセニョリータ」は60.5万枚もの売り上げとなっており、その差は歴然です。

山下さんはNEWS在籍中にソロデビューをしているので状況はやや異なりますが、中山さんのデビューシングルの売り上げは、伸び悩んでいたようにも思います。

その後7枚のシングルを発売(うち3枚は配信)しましたが、1万枚も売れなかったシングルもありました。

中山さんのシングルが売れなかった理由に関しては明らかにはなっていませんが、

PR不足
ジャニーズの他のグループ・後輩グループの人気・知名度が上がった
俳優業がメインとなり、歌手のイメージがない

などがあげられるのではないでしょうか。

まとめ

関西ジャニーズJr.としてデビューし、その後数々のユニットを経てソロデビューしたものの、「中山優馬は売れない」と言われていました。

デビューしてしばらくはジャニーさんのお気に入りだと言われ、どのユニットに所属しても中山さんがセンターとなり全面的にバックアップされていたことが分かります。

デビューして10周年を迎え、今ではアイドルというより俳優というイメージの中山さん。

力をつけている後輩たちにも劣らぬよう、これからも中山さんらしく活躍をしてもらいたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください