NEWS『madoromi』の歌詞の解釈や意味を調査!作詞作曲は誰?【動画】

最近パーナさん(NEWSファンの総称)の中で話題になっているNEWSの『madoromi』という1曲。

NEWSのメジャーな曲はほとんど知っていますが、この楽曲は初めて知りました。

Twitterで検索してみると、『神曲』『泣ける』という意見が多数。

パーナさん大絶賛の『madoromi』、一体どんな曲なのでしょうか?

 

スポンサーリンク

NEWS『madoromi』ってどんな曲?

この『madoromi』は2018年1月17日発売のシングル『LPS』の通常盤に入っていることが分かりました。

いわゆる、カップリング曲ですね。

ジャニーズは通常盤や初回盤で収録曲が違うのが少しややこしいですね・・・。

実際に少しだけ聴いてみたのですが、アップテンポな曲ではなくて、バラード調のしっとりとした曲でした。

バラードなので、NEWSのメンバー1人1人の歌声がしっかり聴ける1曲になっています。

個人的には、「加藤シゲアキさんの低音がとてもいい味を出しているのでは」と感じました。

NEWS『madoromi』の歌詞の解釈や意味を調査!

では、『madoromi』はどのような歌詞でどのような意味があるのでしょうか?

実際に曲を聴くと、『また会えるまで』『グッバイ』と言うワードが曲中に出てきます。

この事から、別れの曲なのではないかと思います。

しかし、NEWSのメンバーの歌声と合わせて考えると悲しい別れではないような気がするのです。

そしてさらに印象的なワードとして、『朝が迎えにきた』『見えない場所へ』と言う言葉が挙げられます。

迎えに来る別れと考えると、この曲の『僕』は生と死の間際にいるのではないでしょうか?

恋人である『君』との一生の別れの時に、自分は遠い場所に行くが彼女の幸せを願い、彼女と過ごした日々を宝物に想う気持ちを歌った歌だと考えられます。

参考

『madoromi』歌詞アメブロ

ちなみにタイトルの『madoromi』は微睡む(まどろみ)から来ているのではないでしょうか?

微睡むの意味には、仮眠や眠ると言う意味があります。

ですので、『永遠の眠りにつく=微睡む』から『madoromi』というタイトルになったのでは?

もちろんこの考えは、私の個人的な推測なので上記が正しいとは限りません。

1つの考えとして参考にしていただけると幸いです。

スポンサーリンク

NEWS『madoromi』の作詞作曲は誰?

では、この『madoromi』の作詞作曲は誰なのでしょうか?

調べてみると、作詞作曲ともにKacoさんという方になっています。

このKacoさん、今年25歳のシンガー・ソングライターということが判明しました。

『誰?』って思う人も多いかもしれませんが、名前から分かるように、ロングヘアーの可愛い女性です。

どのような経緯で『madoromi』の作詞作曲を担当することになったかは分かりませんでした。

そのことを踏まえて、再度『madoromi』の歌詞を見てみると、女性らしい繊細な歌詞だなと感じることが出来ます。

まだまだメジャーではないアーティストですが、『madoromi』のような素敵な歌詞を書くことができるのでブレイクする日も近いかもしれません。

まとめ

NEWSの新しい楽曲『madoromi』。

カップリング曲だからと言って侮ってはいけない良曲であることが分かりました。

音楽番組ではカップリング曲を披露することはほとんどありませんが、2018年3月31日から始まるライブツアーでは披露してくれるかもしれませんね?

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です