『高嶺の花』第7話のあらすじ(ネタバレ)新庄千秋とプーさんがいい感じに!?

石原さとみさん主演のドラマ『高嶺の花』。

物語もいよいよ終盤に差し掛かり、今後も更に波乱の展開となっていく事が予想されます。

今回はそんな『高嶺の花』第7話のあらすじと感想について紹介します!

「高嶺の花」第7話の動画フルを無料で視聴する方法!あらすじ感想も!
スポンサーリンク

『高嶺の花』第7話のあらすじ

結婚式場から吉池と共に逃げ出したもも(石原さとみ)は、自宅に帰るなり吉池(三浦貴大)を妻・真由美(西原亜希)の元へ帰す。

その夜、結婚式場でももが走り去る直前に見せたプーさんの笑顔を思い出し、ももは一人罪悪感に苦しむ。

一方、月島家の運転手・高井(升毅)は商店街の人々からももからの謝罪と慰謝料を要求されていた。

大事な結婚式を無茶苦茶にし、プーさんの心を傷付けたももに憤る商店街の人々に対し、プーさんは「俺が言いと言っているんだ」と制止する。

結婚式を抜け出した翌日、悲しみに浸る暇もなく、早速ももは華道家として京都の名門・神宮流の次期家元と会食をしていた。

ももは、自分のことをひと目見ただけで空弾の自分(もう一人の自分)がいないと気付いた神宮兵馬(大貫勇輔)に動揺を隠せない。

更に神宮兵馬は、同席していた市松が近々姉妹で次期家元の座を争う「俎上」を行う事を告げると、ぜひ見学させてほしいと言う。

ももがおそらく京都と何らかの関わりがあるであろう宇都宮龍一の事を尋ねると、神宮兵馬は母親は知らないが宇都宮龍一は自分の弟であると伝える。

一方で直人(峯田和伸)は図書館で同じ本を探していた新庄千秋(香里奈)と出会い、仲良くなっていく。

その頃、市松はななへのある作戦を決行するよう、龍一に指示していた。

市松はこの世の汚れを知らない者にこの世の美しさが分かるはずもない、と言いななを酷い目に合わそうとする。

龍一の自宅へ向かったなな。

しかしそこには衝撃的な光景が。

ななの実母であるルリ子と愛する龍一が男女の関係になっていたのだ。

ショックで部屋を飛び出すなな。

その事実を知ったももは龍一にどういう訳か、と詰め寄るがそこでももはルリ子と市松の衝撃的な作戦を知る。

ルリ子と市松はななを華道家として開眼させる為に龍一と共にななを騙していたのだ。

更に龍一はこの作戦を引き受けた裏には自分の兄弟同士の次期家元争いがあると話す。

龍一は俎上を行い神宮流の次期家元になりたいと思っている事を告げ、その為には市松の一票が必要だったというのだ。

ななを探していたももは鏡の間で血だらけになっているななを見つける。

ななの寝ている病室にやってきた市松は、ななの心が傷つく原因となった事を憎み、暗闇の中でもがき一条の光を探してこそ、月島の神髄であり家元になるという事だ、とアドバイスする。

そしてななは「私は許しません。絶対に許さない。」と誓ったのだった。

一方でももはプーさんから貰った指輪を返すため、スナック喫茶・ボンソワールに来ていた。

ももがプーさんに自分との一連の出来事は悪夢だろう、と問いかけると、「結果が全てだとしたら人生は虚しい。過程が最高なら尚更です。でも貴方は高嶺の花。生きててくれるだけでいいんです。」とプーさんは答えた。

その言葉を聞き、帰りの車の中でももは一人嗚咽を漏らすのだった。

『高嶺の花』第7話の感想

『高嶺の花』第7話はいつにも増してドロドロとした展開が満載でしたね。

あまり観ていて気持ちの良くないシーンもあったりして鑑賞後は何ともいえない気分になりました。

次期家元を巡って対立する月島家の姿やそこに色恋沙汰が濃く絡んでくる様はまるで昼ドラのような展開ですよね。

観ていてとても人間の怖さを痛感できる回だったなと思いました。

しかし、そんな自分勝手な登場人物ばかりの中で今回もプーさんの存在に癒されました。

プーさんが話す言葉ってどうしてこんなに優しくて温かいんでしょうか…。

プーさんは本当にもものことが大好きで愛しているんだなぁと改めて感じる事の出来る回でしたね。

「高嶺の花」第7話の動画フルを無料で視聴する方法!あらすじ感想も!
スポンサーリンク

『高嶺の花』第8話の予想

続いては第8話の予想についてです!

第8話ではいよいよななとももの俎上が行われる事となりそうです。

一体どちらが次期家元に選ばれるのか…。

気になって仕方がありませんね。

また、ルリ子とななの関係についても気になりますね。

ルリ子と龍一に深く傷付けられたななが今後どの様に立ち回っていくのか、要チェックです。

『高嶺の花』第7話まとめ

『高嶺の花』第7話のあらすじと感想はいかがでしたでしょうか?

前回にも増してドロドロとした展開が繰り広げらた今話でしたが、今後もそれぞれの登場人物が自分の欲望を満たす為にどの様な行動に出るのか非常に気になりますね。

『高嶺の花』は人間同士のドロドロや愛憎を描いたとても見ごたえのあるドラマですので、気になった方はぜひとも視聴してみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です