SANKYO(サンキョー)2018CMで歌っている俳優は誰?

パチンコメーカーの「SANKYO」は、「フィーバーパワフルシリーズ」や「フィーバークィーンシリーズ」など、日本のパチンコ史に残る名機を数多く輩出してきました。

現在全国のホールで絶賛稼働中の「CR FEVER戦姫絶唱シンフォギア」は稼働からもうすぐ1年近く経つ現在でも増大される程大ヒットしています。

そのSANKYOの企業CMの最新CMがYouTubeなどで公開されており、CMではバックコーラスを背に1人前に出て歌っている男性がいます。

CMで歌っている男性がどのような方なのか気になります。

そこで今回は、SANKYO最新CMで歌っている俳優(男性)について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

SANKYO2018CMがこちら!

まずは、公開されているSANKYO最新CMをご覧ください。

CMのテーマは「威風堂々」篇です。

実はSANKYOは、パチンコ業界に革命をもたらしたメーカーでもあるんですよ。

現在どこのメーカーでも搭載している「ST機能」。

STは「スペシャルタイム」の略で、通常確率時の大当り後に突入する「回転数制限付き確率変動(確変)」というシステムです。

例えば、「ST100回転」なら、大当たり終了後、100回転は高確率状態となり、その間は大当たりが引きやすくなります。

ただし、101回転目を迎えると強制的に通常確率状態へ戻ることになります。

近年では、大当たり中にST突入を抽選し、当たればST獲得となる「V-ST」というシステムも普及しています。

この「ST機能」を初めて搭載したのがSANKYOなんです。

初めてST機能を搭載したのは、1999年に発表した「FEVERゴースト」という機種です。

「ST1万回転」と「ST77回転」の2種類ありました。

SANKYOは、それ以降の機種でST機能を搭載するようになりましたが、しばらく経ってST機能を封印しました。

私は学生の頃「FEVER」という、プレイステーション用のゲームソフトを持っており、よくゴーストなどをプレイしていました。

高校生になってからは、ゲームセンターのメダルコーナーにゴーストがあったのでよくプレイしてメダルを稼がせてもらいました。笑

パチンコはよくホールで打ちますが、1円とか0.5円の低レートが中心ですね。

ちなみに、上述の頃はSANKYOが一番好きなメーカーでしたが、現在は「平和」が一番好きなメーカーですね。

戦国乙女とか麻雀物語シリーズが大好きです!

SANKYO(サンキョー)2018CMで歌っている俳優は誰?

話がかなり脱線したので戻します。笑

CMで歌っているのは、数多くのシングルやアルバムなどをリリースしている歌手の「藤澤ノリマサ」さんです。

あまり聞いたことがない方ですね。

どのような方なのか気になります。

スポンサードリンク

藤澤ノリマサのプロフィール

それでは、SANKYO最新CMに出演している藤澤ノリマサさんのプロフィールを紹介していきます。


生年月日:1983年3月8日(35歳)

出身地:北海道札幌市

身長:172cm

血液型:AB型

声楽家の父親と歌謡教室の講師だった母親の間に生まれ、幼い頃から常に音楽がありました。

高校1年生の時に「NHKのど自慢」に出場し優勝したことがあります。

2008年、シングル「ダッタン人の踊り」でメジャーデビューし、その後10年間でシングル10枚、アルバム5枚をリリースしています。(ベスト盤やミニアルバムなどを含めると10枚)。

9月5日に、6枚目となるアルバム「ポップオペラ名曲アルバム」をリリースしました。

また、毎年全国各地でコンサートも開催しています。

SANKYO(サンキョー)2018CMで歌っている俳優は誰?:まとめ

CMで歌っている男性は、歌手の藤澤ノリマサさんでした。

藤澤ノリマサさんの歌声に注目です!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です