ドラマ『SUITS/スーツ』蟹江貢役に小手伸也!海外版と日本版の役柄の違いは?

10月から始まる新ドラマが続々と発表されていますね!

今回注目すべきドラマの一つとして、『SUITS/スーツ』のご紹介をしたいと思います。

このドラマは元々アメリカの人気ドラマを日本版にリメイクされたものです。

海外版ではもうシーズン8が始まっています。

そんなスーツに、出演されることが決定している小手伸也さん。

小手伸也さんが演じる蟹江貢は、海外版のキャストではかなりくせのあるキャラクターになりますが、役柄に違いはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ』蟹江貢役に小手伸也!

小手伸也さんといえば、最近もドラマに出演されていて注目されていました。

小手伸也さんは演技力にも定評があって、特徴があるキャラクターもおもしろおかしく演じてくれます。

今回のドラマでも主演の織田裕二さんとはライバル関係という役どころになっていますので、たくさん登場してくれそうで今から楽しみですよね!

小手伸也さんのプロフィール

名前:小手伸也

生年月日:1973年12月25日

正座:やぎ座

血液型:B型

劇団innerchildを主宰し、全作品の脚本、演出、出演を務める。その他、舞台「コミックジャック」やミュージカル「ピーターパン2012」等で好演。またNHKドラマ「チェイス~国税査察官」(準レギュラー)、TBS「タイガー&ドラゴン」、テレビ東京のバラエティー「ゴッドタン~第6回キス我慢選手権」にも出演。テレビ東京のアニメ「遊戯王5’Ds」、「capeta」では声優としても活動。

一番記憶に新しいのは、ドラマ「コンフィデンスマン」に五十嵐さん役で出演していた作品ですかね。

あの役柄もめちゃくちゃ小手さんに合っていて、良かったです!

今回、小手伸也さんが演じるのはどんな役柄なのでしょう?

スポンサーリンク

ドラマ『SUITS/スーツ』蟹江貢役の役柄は?

小手伸也さんが演じる蟹江貢は、主人公である敏腕弁護士・織田裕二さん演じる甲斐正午と同じ、「幸村・上杉法律事務所」に勤める弁護士の役になります。

極度のひねくれもので、嫌味なところもありますが、根本的にはお人よしで、どこか憎めない一面も持っているという役柄。

甲斐とはライバル関係にあるものの、事務所では稼ぎ頭の敏腕弁護士です。

ドラマ『SUITS/スーツ』蟹江貢役の海外版と日本版の違いは?

この蟹江貢というキャラクターにあてはまる海外版の役柄は「ルイス・リット」という役柄になります。

ルイス・リットの役柄。

ピアソン・ハードマンのパートナー弁護士。

ハーヴィーをライバル視しているが、相手にされていない。

指導を担当するアソシエイトたちからもなめられがちだが、どこか憎めない。

趣味は観劇、クイーンの大ファン。

スーツのドラマの中では、かなりくせのある役柄になっているのですが、原作ファンの間でも人気の役柄です。

私も最初は、嫌なやつだななんて思っていたんですが、回を重ねるごとにルイス・リットが大好きになりました。

ほんと、憎めないんですよねぇ。

日本版の蟹江貢も役柄的にはほとんど変わらないようですね!

小手伸也さんにまさにハマリ役なんじゃないかと思います。

ドラマ『SUITS/スーツ』蟹江貢役に小手伸也!海外版と日本版の役柄の違いは?:まとめ

このドラマのキャストの中でも、原作ファンとしては一番小手伸也さんがどんな風に演じられるのか、楽しみです。

きっと原作ファンの中でもそんな風に思っている人も多いのではないでしょうか。

原作をまだ見ていないという方は是非、一度見てから日本版を見て欲しいなと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です