三億円事件の小説の著者・白田の犯人説は嘘?真相やSNSまとめ

今世間を騒がせている三億円事件の小説。

戦後最大のミステリーとも呼ばれ、1975年には時効を迎えているこの事件ですが

なんと2018年になって「白田」という名前で小説投稿サイト「小説家になろう」に

「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」というタイトルで作品を投稿しているのです。

内容の具体性や、当時の背景がとても的確なことからネットでは「これは本当の犯人なのではないか」

という声も上がっているほど。

本日はそんな三億円事件の小説「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」の著者・白田が本当に犯人なのか考察してみました。

スポンサーリンク

三億円事件って何?

そもそも三億円事件って何?という方はまずこちらをご覧になってみてください。

 三億円事件は、1968年12月10日に東京都府中市で起きた未解決事件。

その日、日本信託銀行の現金輸送車が、東芝府中工場の従業員に支払われるはずだったボーナス約3億円を輸送中、白バイ隊員の警察官の姿をした男の命令で停止させられた。警察官が「輸送車にダイナマイトが仕掛けられているという連絡が入った」と告げたため、運転手らが輸送車から離れたところ、男は輸送車を運転してそのまま逃走した。犯行時間はたったの3分。

その後、昭和の名刑事と呼ばれた平塚八兵衛が陣頭指揮を執り、延べ17万人もの捜査員と約10億円の捜査費用が費やされた。だが、犯人が特定されることはなく、事件から7年後の1975年12月10日、時効が成立。未解決のまま捜査に終止符が打たれた。

この事件の容疑者はおよそ10万人にわたり、金額も3億円とどれも規格外の事件。

数年に1回は特番などで放送されているので、ご存知の方も多いと思われます。

「小説家になろう」に投稿された三億円事件の小説は?

そして肝心の「小説家になろう」に投稿された三億円事件に関する小説のタイトルが

「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」

2018年8月8日に「真相の告白」という項目からスタートし、9月23日に完結となっています。

小説は10月現在公開されているので、興味のある方は読んでみてください!

「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」を読む

 

この小説によると、この著者は孫もいる老人で、長年寄り添っていた妻が他界し

息子に「三億円事件」の真相を話したところ

「これを世の中に発表しよう」と言われ、小説という形で投稿されたとのことでした。

スポンサーリンク

三億円事件の小説の著者・白田は本当に犯人なのか?それとも嘘?

そしてこの小説の気になるところですが

やはり著者である白田が本当に犯人なのかというところではないですよね!

SNSではこの事件に対して、「全くの偽物」という声や「背景描写からとても信憑性が高い」

という声も上がっています。

実際に小説ではその時の犯人(自身)の心情が描かれており、事件の関係者ではないと書けないのではというクオリティの作品となっています。

ただ実際に書かれている事実は、今までのニュースなどから知り得る情報ばかりで、あとは物語風に仕立てたと言われればそうとも捉えられます。


また文章の書き方も特徴的で、現在70歳あたりの人物の書く作品とは思えず

いわゆる「なろう系」(小説家になろうに多く投稿されている文章の系統)で

今年で50年という節目となる年に、話題性から素人の方が書いたという説が強いです。


ただ読み物としては、とても面白いので興味のある方は一読されてみるといいと思います!

三億円事件の真相は?

三億円事件の真相ですが、犯人は同性愛者であったという記述や、事件の数日後に息子に毒物を入れられて他界しその後の現金は仲間内で分け合ったなどという記述もあります。

実際にそれが事実かどうかはわかりませんが、今回の「府中三億円事件を計画・実行したのは私です。」の著者である白田さんが本人であるという可能性は私自身かなり低いと考えています。

もし犯人、またはその関係者であった場合、

映画『22年目の告白 ―私が殺人犯です―』

のような展開になり大ニュースですね…!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です