『僕とシッポと神楽坂』第5話 あらすじや感想!超感動!それぞれの親子の絆!

テレビ朝日系金曜ナイトドラマとして2018年10月12日から放送がスタートした『僕とシッポと神楽坂』。

その第話が、2018年11月9日夜11時15分から(一部地域を除く)放送されました。

原作は、たらさわみち氏が2012年から集英社クリエイティブ『月刊officeYOU』で連載を開始し、現在も続編を連載中の人気漫画です。

東京・神楽坂を舞台に、獣医師と動物&飼い主たちが繰り広げるハートフルなストーリーです。

第4話は、ご覧になられましたか?

コオ先生が、医療ミスしたとネットで拡散されてしまいましたよね。

今回も、コオ先生の優しさが溢れていました。

先週第4話のあらすじや感想はこちらです↓

『僕とシッポと神楽坂』第4話 あらすじや感想!コオ先生が医療ミス!?

今回は、『僕とシッポと神楽坂』の第5話のあらすじや感想を紹介します!

この記事はネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

スポンサーリンク

『僕とシッポと神楽坂』第5話 あらすじ【前半】

すず芽(趣里)がセキセイインコを預かって欲しい、と『坂の上動物病院』にやってきた。

その飼い主は、すず芽の母・咲江(池谷のぶえ)だった。

咲江が入院することになり、そのセキセイインコ・ピースケは、急遽すず芽に預けられたのだ。

しかし、すず芽は世話ができない、と達也(相葉雅紀)を頼ってきた。

すず芽が、咲江のお見舞いに行っていない事を知った達也は、『入院したお母さんをお見舞いに行くこと』『朝晩エサやりと鳥かごの掃除に来ること』を条件に、達也はピースケを預かることになった。

すず芽は、達也の条件を一応受け入れたものの、嫌な顔をしていた。

それは、芸者になって以来、咲江とは口をきいていないからだった。

一方、大地(矢村央希)は行方不明になっているトキワ(広末涼子)の夫の両親のところにお泊りする日だった。

両親に話があると呼び出されたトキワ。

その話とは、大地を自分たちの元へ返して欲しいということだった。

「分かりました。お二人の気持ちは…」とトキワは答えた。

その言葉を偶然聞いてしまった大地は、ショックを受けてしまう。

そんな時、すず芽は達也と約束した条件の咲江のお見舞いに来ていた。

名倉(大倉孝二)に背中を押してもらい、渋々行ったすず芽だったが…。

結局、素直になれず喧嘩になってしまい、病院を後にする。

『僕とシッポと神楽坂』第5話 あらすじ【後半】

大地を返してくれと言われたトキワは、その事で頭がいっぱいになり、手術中、注意散漫になってしまう。

手術の後、その事を謝るトキワ。

何かありました?と自分の母の事を優しく語り始める達也。

トキワは達也を飲みに誘い、全てを話し始める。

大地は自分が産んだ子じゃないと打ち明け、大地から父親を奪ったのは自分のせいだと告げる。

飲み潰れてしまったトキワは、達也におんぶしてしまい…家に送ってもらう。

次の日、達也の携帯にトキワから大地が夫の両親の家から居なくなったと連絡がある。

トキワと達也は、必死に大地を探す。

そんな中、広樹に大地の作文ノートを渡してくれと言われた達也。

大地の作文を読んだ達也は、大地が『坂の上動物病院』にいると確信。

急いで向かうと、やはり大地は『坂の上動物病院』に居た。

大地は、父親の両親とトキワの話を立ち聞きしていて、自分がいない方がいいと勘違いしていた。

しかし、話はまだ続いていて…トキワは夫の両親の願いを断っていた。

「父さんが帰ってくるまで、母さん頼んだぞ」と父親に頼まれたと話す大地。

それを聞き涙ぐむトキワに「母ちゃんは俺が守る…」という大地に嬉し涙を流すトキワだった。

そんな時、『坂の上動物病院』に訪れたすず芽は、ピースケの様子がおかしいと訴える。

達也に『卵詰まり』だと説明され、早速処置してもらう。

そして、トキワに呼ばれたすず芽は、「すず芽…会いたいね」と鳴いているのを聞き…。

母がいつも「すず芽、会いたいね」と言っていた事を知る。

次の日、「私…芸者という仕事誇りを持ってやっているの…そろそろ認めてくれないかな…」と咲江に告げるすず芽。

そんなのもう認めているという咲江とまた喧嘩になったが…もう母娘関係は修復できたようで…。

スポンサーリンク

『僕とシッポと神楽坂』第5話 感想

トキワと息子の大地の血が繋がっていないとは驚きましたね。

でも、血の繋がりがなくても、大地への愛情は深い、素敵な親子だと思いました。

すず芽もお母さんに芸者という仕事を認めてもらい、良かったですよね。

お母さんは、離れていてもずっとすず芽を、見守っていたのですね。

親子の絆が描かれていた第5話、「すず芽、会いたいね」で涙腺崩壊でした。

最後のシーン、徳丸先生(イッセー尾形)が描いた絵と、コオ先生の「これからも」という言葉に、温かい気持ちになりました。

『僕とシッポと神楽坂』 まとめ

今週も疲れた心に、温かいこのドラマが癒してくれました。

オギとダイキチ!この2匹も主役ですよね!

場面と場面の間に出てくるダイキチとオギにも癒されますよね!

来週の第6話は、2018年11月16日放送されます!

是非、ご覧下さい!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です