東京都人権週間2018CMの女優は誰?リボンを回す赤いドレスの美女!

現在日本全国で12月4日(火)~12月10日(月)まで「人権週間」を開催しています。

そもそも、人権週間って何とお思いですよね。

世界人権宣言が国際連合総会で採択されたことを記念して、12月10日は「人権デー」と定められています。

上でも述べたように、日本では、12月4日~12月10日までを人権週間とし、人権尊重思想の普及高揚を図るため、全国各地で様々なキャンペーンが行われています。

確かに、世界中で人権について色々と議論が過熱しているご時世ですからね。

全国で行われている人権週間ですが、日本の首都である東京都でももちろん人権週間を開催しています。

その人権週間のCMが12月3日からYouTubeなどで公開されています。

CMでは、赤いドレスを着た女性が、新体操で使うリボンを回しています。

出演している女性がとても美人だったので気になります。

そこで今回は、東京都の人権週間CMでリボンを回している赤いドレスの美女(女優)について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

東京都人権週間CMがこちら!

それでは、私が気になっている美女が出演している、東京都人権週間のCMをご覧になってください。

期間中は、専門家などの講演や映画鑑賞などのイベントを行っています。

東京都人権週間CMの女優は誰?リボンを回す赤いドレスの美女!

CMに出演している赤いドレスの美女は、元新体操日本代表で、現在モデルやタレントとして活動している「畠山愛理(はたけやま・あいり)」さんです。

畠山愛理さんは、最近バラエティ番組などでよく見掛けますよね。

体操選手なので当然ですが、体すごく柔らかいですよね!

スポンサーリンク

畠山愛理のプロフィール

それでは、CMに出演している畠山愛理さんのプロフィールを紹介していきます。

 

View this post on Instagram

 

畠山愛理 AiriHatakeyamaさん(@airihatakeyama)がシェアした投稿


生年月日:1994年8月16日(24歳)

出身地:東京都

身長:170cm

体重:47kg

血液型:O型

得意技:ジャンプ・リフティング

6歳の時に新体操を始め、大会などで好成績を収め、新体操界のエースとなりました。

17歳だった2012年のロンドン五輪でオリンピック初出場を果たしました。

次のリオデジャネイロ五輪(2016年)では、新体操日本代表(フェアリージャパン)の主将として出場し、団体8位入賞を果たしました。

そして、リオデジャネイロ五輪終了後に現役を引退しました。

引退後は、モデルやタレントとして活動していますが、引退した現在でも、現役時代と同様にストレッチと食事療法を行っています。

そのため、体重や柔軟性は現役時代と変わっていないようです。

畠山愛理さんといえば、立った状態で脚を180度上げる「I字バランス」をよくテレビ番組などで披露していますよね。

実は、新体操を始めた時は体が硬く、90度までしか開脚出来ませんでした。

しかし、1年間ストレッチをし続けた結果、180度まで開脚することが出来ました。

東京都人権週間CMの女優は誰?リボンを回す赤いドレスの美女!:まとめ

CMに出演していたのは、元新体操日本代表で、モデル・タレントの畠山愛理さんでした。

リボンを回して開脚している姿が美しい畠山愛理さんに注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です