箱根駅伝2019の注目選手を紹介!五輪ランナーやオールドランナーも!

毎年1月2日と3日に行われる箱根駅伝ですが、2019年は第95回の記念大会です!

現在4連覇中の青山学院大学が史上3校目の5連覇と、史上初の大学駅伝三冠を達成するかが注目されています。

そして、前回往路優勝総合2位の東洋大学が青学の5連覇を阻止するかも注目されています。

駅伝はチーム戦ですが、選手個人についても気になりますよね!

そこで今回は、2019年の箱根駅伝で活躍が注目される選手を紹介していきます!

優勝候補の青学や東洋などの選手はもちろん、五輪に出場したランナーや昨年オールドルーキーとして注目されたアノ選手についても紹介しますよ!

スポンサーリンク

箱根駅伝2019の注目選手を紹介!

それでは早速、今回の箱根駅伝で活躍が注目される選手を紹介していきます!

・小野田勇次(おのだ・ゆうじ):青山学院大 4年

1年生で山下りの6区に起用され、良い意味で予想外の好成績を残し、青学の連覇に大きく貢献しました。

以降全て6区を走っており、前回はトップ東洋と28秒差でスタートしましたが、下りに入ると一気に逆転し、小田原中継所では52秒の差をつけて襷をリレー、初の区間賞を獲得しました。

青学が誇る山下りのスペシャリストとして原晋監督も彼に大きな期待と信頼を寄せています。

ラストイヤーとなる今大会でも、青学5連覇達成のキーマンの1人とされています。

・森田歩希(もりた・ほまれ):青山学院大 4年

前回2区を走り区間賞を獲得しました。

今年度は主将となりチームを引っ張ってきました。

今回も好走を見せるのか注目です。

・林圭介(はやし・けいすけ):青山学院大 4年

前回大会は7区を走り、箱根駅伝どころか大学三大駅伝初出場だったにもかかわらず、7区の区間新記録を更新。チームの4連覇に大きく貢献しただけでなく、個人として大会最優秀選手として「金栗四三杯」を受賞しました。

今回出場すれば、復路での配置が予想されており、彼の走りが5連覇へ導いていくでしょう。

・山本修二(やまもと・しゅうじ):東洋大 4年

前回3区を走り、当時青山学院のエースだった田村和希選手に競り勝ち区間賞を獲得、チームの往路優勝に貢献しました。

今回はどの区間を走るのか注目です。

・鬼塚翔太(おにづか・しょうた):東海大 3年

東海大学のエースの1人です。

1年の頃から大学三大駅伝に出場しており、箱根駅伝では1区と3区を走り、いずれも区間2位と3位という好成績を残しています。

今回はどの区間を走りどのような走りをするのか楽しみです。

・舘澤享次(たてざわ・りょうじ):東海大 3年

同学年の鬼塚翔太と共に1年から大学三大駅伝に出場している東海大学のエースの1人です。

入学してから全ての年の大学三大駅伝に出場しています。

箱根駅伝では、1年は5区を走り区間13位と振るいませんでしたが、翌年は8区を走り区間2位の好走でした。

今回は復路に配置される可能性が高いです。

・塩尻和也(しおじり・かずや):順天堂大 4年

2016年のリオデジャネイロ五輪3000m障害に出場した大学生五輪ランナーです。

トラックレースを得意とする彼ですが、実はハーフマラソンなどの長距離も得意で、箱根駅伝では1年と2年時に2区を走り、いずれも区間5位の力走を見せました。

今年度は、箱根駅伝の予選会突破に大きく貢献し、全日本大学駅伝では10人抜きを達成、13位から4位まで順位を押し上げました。

今回出場すれば2区に配置される可能性が高いです。

・渡邊和也(わたなべ・かずや):東京国際大 2年

前回大会、30歳で箱根駅伝に出場したことで話題になったオールドランナーです。

実業団時代は世界陸上にも出場した実績がある彼は、前回大会7区を走り区間7位の成績を収めました。

今回の予選会も、チームは無事通過し箱根駅伝出場を決めました。

出場者のほとんどが20歳前後で占める中、世界を知る30代のオールドランナーは力を見せることが出来るのか!

今からとても注目です!

箱根駅伝2019の注目選手を紹介!五輪ランナーやオールドランナーも!:まとめ

今回は、2019年の箱根駅伝で活躍が注目される選手を紹介してきました!

今回紹介した選手以外でも、箱根駅伝では毎年スターが誕生しています。

選手達の活躍に期待したいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です