山本修二(東洋大)の前歯と血ってなんのこと?履いているシューズも調査!

今年の箱根駅伝で、3区で区間賞を獲得した東洋大学の山本修二(やまもと・しゅうじ)選手。

来年(第95回)の箱根駅伝にもエントリーされており、今からどの区間を走るのか注目されています。

山本修二選手について調べてみると、「前歯」や「血」というキーワードがありました。

前歯と血って一体何のことなのでしょうか?

今回は、山本修二選手の前歯と血について検証していきたいと思います。

また、山本修二選手が履いているシューズについても調査していきましょう!

スポンサーリンク

山本修二(東洋大学)のプロフィール

まずは、山本修二選手のプロフィールを紹介していきます。

生年月日:1996年8月17日

出身地:広島県呉市

身長:173cm

体重:56kg

学部・学科:経済学部経済学科

出身高校:遊学館

1年生から三大駅伝に出場していますが、3年になってから成長し、東洋のエースとなりました。

ただ、三大駅伝で区間賞を獲得したのは、今年の箱根駅伝のみです。

山本修二(東洋大)の前歯と血ってなんのこと?

今年の箱根駅伝の中継で、走っている山本修二選手の前歯から血が出ている映像が映し出されていました。

この姿に「山本修二選手の歯が折れているのではないか!?」と心配する視聴者の声が相次いでいましたが、どうやら歯茎から血が出ているだけであり大事には至らなかったようです。

しかし、そんな状況でもおかまいなしに、クールに中継所を目指し走っている姿はとてもカッコ良かったです!

スポンサーリンク

山本修二が履いているシューズも調査!

東洋大学の選手は全員、ナイキシューズを着用して試合に臨みます。

もちろん山本修二選手も着用しています。

現在東洋大学の選手が着用しているのは「ナイキ ズーム ヴェイパー4% フライニット」という、今年8月に発売された新しいシューズです。

こちらのシューズは従来以上に軽く、通気性にも長けたシューズとして高く評価されており、マラソンランナーの間では人気があるそうです。

リオデジャネイロ五輪男子マラソン金メダリストのエリウド・キプチョゲ選手も愛用者で、「本当に完璧です!」と絶賛していました。

こちらのシューズは限定品ですので、品切れになっている可能性があります。

Amazonなどで販売していますので、ご購入を希望の方はお早めに!

山本修二(東洋大)の前歯と血ってなんのこと?履いているシューズも調査!:まとめ

山本修二選手の前歯と血の意味は、箱根駅伝で歯茎から出血しながらも気にせずクールに走る姿のことでした。

そして、履いているシューズは、ナイキ ズーム ヴェイパー4% フライニットでした!

ラストランとなる来年の箱根駅伝での走りに注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です