館澤享次(東海大)は中学や高校時代から凄かった!経歴や記録をチェック!

第95回大会を迎える2019年の箱根駅伝は、青山学院大学が史上3校目の5連覇と史上初の2度目の大学駅伝三冠を達成し、前回大会往路優勝で総合2位だった東洋大学が待ったをかけるのかが注目されています。

次の箱根駅伝も青学・東洋の一騎打ちが予想されていますが、11月の全日本大学駅伝で2位だった東海大学もダークホースとして注目されています。

今回は、青学・東洋に割って入ろうかという東海大学のエースの1人「館澤享次(たてざわ・りょうじ)」選手について紹介していきたいと思います。

館澤享次選手は、中学時代や高校時代から凄い活躍がをしている選手ですが、その経歴や記録をチェック句していきましょう!

スポンサーリンク

館澤享次(東海大学)のプロフィール

まずは、館澤享次選手のプロフィールを紹介していきます。

生年月日:1997年5月16日

出身地:神奈川県横浜市

身長:172cm

体重:61kg

学部:体育学部

出身高校:埼玉栄高校

東海大学では、鬼塚翔太選手などと「黄金世代」と呼ばれていますが、館澤享次選手は、その黄金世代のリーダー的存在だと言われています。

現在3年なので、もしかすると東海大学の次期主将になるかもしれませんね。

館澤享次は中学や高校時代から凄かった!経歴や記録をチェック!

館澤享次選手が注目されたのは、高校時代からのようですね。

高1だった2013年に「全国都道府県対抗駅伝(第18回)」に出場しており、2区(3.0km)を走り「8分46秒の区間20位」に終わりました。

成績よりも大会に出場したことに意味があると思います。

その2年後の2015年に出場した「全国高校駅伝」では、エース区間の1区(10.0km)を走り、「29分33秒の区間6位」という好成績を収めました。

館澤享次選手が注目されるようになったのは、高3の時に出場した全国高校駅伝からのようですね。

東海大学に入学後は、鬼塚翔太選手などと共に1年の時から三大駅伝に出場しています。

中でも全日本大学駅伝では、「出場した全ての大会で区間賞を獲得」しています。(全て3区)

箱根駅伝にも2度出場しており、1年の時は山上りの5区を走り区間13位と伸びませんでしたが、翌年は8区を走り、区間2位の好走を見せ、東海大学のシード権獲得に貢献しました。(貢献と言っていいのか分かりませんが・・)

スポンサーリンク

館澤享次(東海大)は中学や高校時代から凄かった!経歴や記録をチェック!:まとめ

館澤享次選手は、たしかに高校時代から凄かったですが、大学に入学してからさらに力を付け、三大駅伝に出場し続けてます。

今回の箱根駅伝では何区に起用されどんな走りを見せるのか!

館澤享次選手の力走で青学・東洋の牙城を崩せるのか注目です!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です