『家売るオンナの逆襲』第1話 あらすじや感想!三軒家万智、再来!

2019年1月期水曜ドラマとして、水曜日の夜10時からスタートした『家売るオンナの逆襲』。

その第1話が、2019年1月9日に放送されました。

「私に売れない家はない」またまた家売るオンナが帰ってくる!!

今シーズンは天才的不動産屋・三軒家万智の前に、最強の家売るオトコが出現!します。

主演の三軒家万智を演じるのは、みなさんご存知の北川景子さんです。

そして、お馴染みのメンバーたちも揃っています。

今回は『家売るオンナの逆襲』第1話のあらすじや感想を紹介したいと思います。

この記事は『家売るオンナの逆襲』第1話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第1話 あらすじ【前半】

結婚して公私ともにパートナーとなった屋代課長(仲村トオル)と共に海辺の『サンチー不動産』で空き家を売りまくっていた天才的不動産屋・三軒家万智(北川景子)。

テーコー不動産からの熱烈ラブコールを受け、夫婦揃って新宿営業所に復帰することになった。

家爆売りモード全開の万智は早速、職場のぬるい雰囲気を一掃する。

さらに、庭野(工藤阿須加)の客だった花田春夫(伊藤正之)・えり子(岡江久美子)夫妻に目をつけると内見に同行する。

定年退職を機に住み替えを希望している春夫だが、わがままな専業主婦のえり子は物件に何かとケチをつけて決めなかった。

万智と庭野はえり子の買い物に付き合い、えり子から熟年離婚をしたいと打ち明けられる。

庭野は、えり子に賃貸でもいいから物件を探して欲しいと頼まれる。

その頃、新宿営業所には過激な動画投稿で世間から批判を浴びている炎上系YouTuberのにくまる(加藤諒)がカメラ片手に来店していた。

にくまるは、売り上げグラフの伸びている足立を指名し、『世間の目から自分を守ってくれる家』を探して欲しいと頼む。

その夜、趣味のフェンシングクラブにやってきた足立は、謎の新人に惨敗する。

『留守堂謙治』(松田翔太)と名乗ったその男は、万智を偵察していたあの美しい男であった。

次の日、万智はえり子に夫婦別寝室物件を案内する。

だが、えり子は離婚したいと希望しているため、万智の案内した物件に不服を言う。

万智は、えり子の経済力では賃貸でも部屋を借りれないし、一人で生きていくことも不可能だと告げる。

万智はえり子のことを花田家のプロフェッショナル専業主婦だと褒める。

そして、実はえり子の夫・春男はズボラだがおおらかなえり子に癒されていたと話す。

だが、ブタイビキの夫とずっと一緒に過ごして同じ墓に入るなんて嫌だと語る。

その時、万智はこの物件にはお墓が付いていることを明かす。

「来世を別々だと考えているならば、現世での旦那様との時間をより大切に生きられるはず」と説得する万智に、えり子は納得する。

春男もまたえり子の歯ぎしりから逃れられると別寝室の物件が気に入ったようだった。

花田夫妻は4600万でこの物件の購入を決めた。

『家売るオンナの逆襲』第1話 あらすじ【後半】

あるセキュリティの高いマンションをにくまるに紹介する足立(千葉雄大)だったが、住民ににくまるが来ているとバレてしまった。

にくまるの不満をかってしまった足立は担当を外されてしまい、万智が引き継ぐことになった。

万智は、にくまるに古い家を紹介する。

それにボロ屋だとブチ切れるにくまるだった。

そんな時、通りがかった不良グループに絡まれたにくまる大ピンチになる。

そこへ現れた謎の男は、警察のフリをして、にくまるを助ける。

その男は、不動産屋の留守堂謙治だと名乗り、にくまるを横取りしてしまう。

留守堂憲治が、にくまるに紹介したのは、溺愛していた祖母の家に似ている民家だった。

にくまるは、その民家を気に入り、購入を即決したのだった。

万智が初めて負ける姿をみた庭野と、その報告を受けた屋代課長は驚き動揺するのだった。

万智は「私に売れない家はありません」と言い放ち、とんでもない奇策をするのだった。

白州美加を脅し呼び出すと、にくまるが購入しなかったボロ屋をハンマーで破壊し、外から中が丸見えにする。

そして、自らYouTuberになり、『丸見えハウス サンチー』という動画をアップする。

その動画は、白州美加と万智がボロ屋で生活するという動画だった。

万智はゲテモノばかりを料理し、白州美加が食べて悲鳴をあげまくる動画再生回数は右肩上がりに激増した。

その頃、YouTuberを辞めていたにくまるは、暇を持て余していた。

にくまるは封印していた携帯電話を金庫から取り出してしまう。

万智の動画を見たにくまるは、いてもたってもいられなくなり家を飛び出しボロ屋の向かった。

万智は「お待ちしてました。にくまる様…」と迎えた。

そして、万智は「にくまるに必要なのは、人々の目…賞賛と批判の嵐です!それこそが貴方の命を支えているのです!」と断言した。

批判を浴び、傷ついていたにくまるだったが、同時にそれは生きがいでもあったと万智は指摘した。

「炎上?上等です!命をかけてYouTuberを続けて下さい!この家で」と万智は、一億円での購入することを提案する。

その言葉に、盛り上がる見物者たち。

にくまるは、このボロ屋を一億円で購入することを決意するのだった。

スポンサーリンク

『家売るオンナの逆襲』第1話 感想

「私には売れない家はない」でお馴染みの三軒家万智、前作と変わらないから、帰ってきたという感じがしました。

少し上手く行き過ぎのような気もしますが、熟年離婚しそうな夫婦を別寝室の墓付き物件で救ったり、YouTuberの悩みに触れたり、現代の世の中の問題にしっかりと向き合っていて面白いです。

万智から家を買った人たちが、みんな笑顔になるのが見ていてスッキリしますよね。

家を売ればいいと思っているのではなく、お客様のことをちゃんと考えて、物件を案内している万智は信頼できますよね。

『家売るオンナの逆襲』第1話 まとめ

無敵だと思われた三軒家万智の前に現れた『家売るオトコ・留守堂謙治』との勝負も面白いですよね。

今後、留守堂が万智にどう絡んでくるのか?仕事に恋に嵐の予感…とても楽しみです!

三軒家万智演じる北川景子さんの「GO!」も見どころの1つですよね。

毎回多彩なゲストが出るのでそれも楽しみですよね。

今回は岡江久美子さん、そして第2話は演技派女優の泉ピン子さんが出演されます。

そんな第2話は、2019年1月16日に放送されます。

是非、ご覧下さい!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です