『トレース~科捜研の男~』第1話 あらすじや感想!錦戸亮が科捜研の男に!?

フジテレビの1月期月9ドラマとして、2019年1月7日からスタートした『トレース~科捜研の男~』。

その第1話が、2019年1月7日に放送されました。

このドラマは科学捜査研究所(科捜研)が舞台で、科捜研の女ではなく科捜研の男です。

さらに原作者は元・科捜研ということで、実際に起きた事件や経験をベースにリアリティーたっぷりに描く本格科捜研サスペンスです。

主演は、俳優として幅広い役をこなす関ジャニ∞の錦戸 亮さんで、フジテレビ「月9」ドラマ主演は初となります。

今回は、『トレース~科捜研の男~』第1話のあらすじ、感想を紹介したいと思います。

この記事は『トレース~科捜研の男~』第1話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第1話 あらすじ【前半】

アイドルのイベント会場で、切断された左手が見つかった…。

ある日、科捜研に警視庁捜査一課刑事・虎丸(船越英一郎)らがやって来る。

イベント会場で発見された左手の鑑定結果を受け取りに来たのだ。

鑑定を担当した真野礼二(錦戸亮)が爪の中から珪藻と通常の20倍のマンガンが検出されたと説明する。

それを受け、虎丸は森じゃなく川だと判断し、即座に多摩川へ捜査に向かおうとする。

だが真野は、「多摩川を捜しても意味がないと思います」と告げる。

虎丸は、「…俺の捜査方針に口を出す気じゃないだろうな…」と真野を睨みつけ、多摩川の捜査に行ってしまった。

一方、真野は日原川から流れてきたと推測し、日原川に捜査に行ってくると海塚(小雪)に告げ、さっさと行ってしまう。

海塚は、ノンナ(新木優子)に同行を指示する。

現場に到着した真野とノンナは、バラバラに切断された遺体を発見する。

その遺体のそばには、何故か一輪の花が置かれていたー。

その後の司法解剖の結果、死因は心臓を刃物で刺されたことによる失血死で、10の部位に切断されていたことが分かった。

また、アザがあることから生前から継続的に暴力を受けていたことも推測された。

そんな中、被害者が娘かもしれないと名乗り出てきた女性が、警察署を訪ねて来た。

DNAの結果、この女性は母親だと断定、被害者は五十嵐美加だと身元が確定した。

さらに調べていくと、美加には越智という婚約者がいることが分かった。

事件があった前日、ミカが都内にある安ホテルに宿泊していたため、DVから逃げるためだと推測された。

越智が美加をホテルで殺害した可能性が高まったため、越智から事情聴取をした。

だが、越智は殺害を否定。

ミカが浮気していて、浮気現場を押さえようとホテルに行ったが、フロントでは何も教えてもらえず会社へ戻ったと越智は供述した。

越智の話を受け、美加が泊まっていたホテルの浴室を真野たちが鑑定するが、血液の反応は現れなかった。

部屋の鑑定を行いたいと申し出た真野だったが、虎丸はそれを必要ないと言った。

だが真野は無断でホテルの部屋の鑑定を始め、膨大な点数の資料を科捜研へ持ち帰るのだった。

それを夜が明けるまで鑑定する真野とノンナ。

そこへ虎丸がやって来た。

真野は、現場にプリムラという花が置かれていて、ホテルの部屋からプリムラの種子とその種を運んできたらしい人物のDNA も見つかったと説明する。

それは母・千鶴のDNAだということが判明した。

それを受け、千鶴に事情を聞いた虎丸。

千鶴は当日、美加に呼び出され、ホテルの部屋に行ったことは認めたが、美加は部屋を出て行き、そのまま戻ってこなかったと語った。

事件発生当初、千鶴は美加とはしばらく会っていないと嘘をついていたこともあり、千鶴のことを追求する虎丸だったが、千鶴は混乱していたと言うのだった。

その後の調査により、美加の義理の父・康信と千鶴が暮らす自宅へ美加が入っていた様子が防犯カメラに映っていたことがわかる。

美加が出て行った様子は映っていないことから、美加は康信の自宅で殺害された可能性が高まる。

美加も、千鶴も、康信からの暴力を受けていたらしい。

真野は今虎丸が語っていたのはすべて推測に過ぎず、推測から真実は明らかにならないと静かに語る。

虎丸は怒り、真野ではなくノンナを連れて、明日の康信の自宅の鑑定に向かうことにした。

『トレース~科捜研の男~』第1話 あらすじ【後半】

明日の臨場の準備をノンナが進めていると、戻ってきた真野が鍋を手に何か実験のようなものをしている。

「あの、怖いんです…」と切り出したノンナは自分のせいで真実にたどり着けないかもしれないと考えると怖いと語った。

「考え得るすべてを追求するんだ。きっとどこかに証拠はある。それは五十嵐美加が残した思いだ」と真野は切り出した。

さらに真野は「何故、痛い、苦しい、死にたくない…そういう彼女の思いを真実に繋がる欠片…それを見つけるのが俺たち科捜研の仕事だ」と語り、無念を晴らせるのはノンナしかいないと告げる。

そんな時、真野の行なっていた実験の結果が出たようだった。

翌日、ノンナを連れて虎丸は、康信と千鶴の自宅に家宅捜索に訪れた。

ノンナはバスルームへ行きルミノール液を噴射し始めたが、全て陰性だった。

部屋へ戻ったノンナは、千鶴に向かって「美加さんに何があったんですか?もし何か知ってるんでしたら、教えて下さい」と頼み込んだ。

知らないと言っていた千鶴だったが、翌日、証拠品を持ち込んできた。

それは自宅にあった灰皿だった。

鑑定の結果、その灰皿から美加のDNA が出た。

康信に事情を聞いた結果、あの日美加を灰皿で殴ったことは事実だが、美加はその後帰って行ったと康信は言い張った。

灰皿からミカの DNAが出た程度なら、自分がミカを殺したことにはならないと康信は主張した。

真野は康信のマンションの廊下を鑑定したいと言い出した。

もし、康信が言うことが本当ならば、康信に殴られたミカの血液が見つかるかもしれないと思いついたからだった。

康信が嘘をついているに違いないと主張する虎丸は、鑑定を認めなかったが、海塚が説得し、廊下の鑑定が認められることになった。

こうして、康信のマンションの廊下にルミノール液を噴霧し、鑑定した結果、廊下の一部がほんのりと発光する。

美加のものと思われる血液は、五十嵐家の隣の部屋の中へ向かって消えていた。

ミカを殺害したのは、隣の部屋の富田シンゴだった。

家宅捜査で押収した富田のPCから、自動保存された音声ファイルが見つかり、その中身は隣の五十嵐家を盗聴したものだったことがわかる。

盗聴しているうちに、自身も虐待を受けていた富田は美加にシンパシーを感じ、異常な愛を抱くようになっていた。

あの日、美加を家に連れ込んだ富田は、美加が逃げ出そうとしたため、美加の命を奪ったのだった…。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第1話 感想

義理の父親の暴力の末の殺人かと思われたこの事件ですが、まさか隣の男だとは思いませんでしたよね。

義理の父親が母親に煮えたつシチューをかけるのを見て、美加が自分を守ってくれたと涙する母親。

今回も美加は母親を助けるため、父親に会いに行きまた暴力を振るわれてしまいますが、負けず父親に立ち向かっていきます。

母親は美加が何のために生まれて来たか…と涙する場面で、真野は「お母さんのためです」と告げた優しい言葉にジーンときますよね。

やっとこれで二人とも義理の父親から逃れられると思ったのに…美加はどんなに無念だったことでしょう。

本当に悲しいですよね…。

真野は普段クールですが、被害者を一人の人間と尊重し、真実に繋がる欠片を見つけ出すのが自分たちの仕事だという熱い思いを秘めている思います。

そして、真野の過去も…。

h3>『トレース~科捜研の男~』第1話 まとめ

錦戸亮さんは、関ジャニ∞のメンバーの中ではクールなイメージがありますが、今回の本読みの時にもっとクールな方がいいと言われたそうです。

錦戸亮さんの『科捜研の男』、演技力も高くかっこいいですよね!

今後も、錦戸亮さん演じる真野役に注目していきたいです。

そして、『トレース~科捜研の男~』のエンディング、関ジャニ∞『crystal』!!

ドラマに合っていてとても素敵な歌ですよね!

来週の第2話は、2019年1月13日に放送されます。

是非、ご覧下さい!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です