『トレース~科捜研の男~』第2話 あらすじや感想!折り鶴に秘められた謎?

フジテレビの1月期月9ドラマとして、2019年1月7日からスタートした『トレース~科捜研の男~』。

その第2話が、2019年1月14 日に放送されました。

このドラマは科学捜査研究所(科捜研)が舞台で、科捜研の女ではなく科捜研の男です。

さらに原作者は元・科捜研ということで、実際に起きた事件や経験をベースにリアリティーたっぷりに描く本格科捜研サスペンスです。

主演は、俳優として幅広い役をこなす関ジャニ∞の錦戸 亮さんで、フジテレビ「月9」ドラマ主演は初となります。

今回は、『トレース~科捜研の男~』第2話のあらすじ、感想を紹介したいと思います。

この記事は『トレース~科捜研の男~』第 2話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第2話 あらすじ 【前半】

科捜研の新人法医研究員、沢口ノンナ(新木優子)は超多忙な科捜研の中で、戸惑うことばかりだった。

遅くまで残業をするノンナが科捜研の仕事を続けるか悩んでいることに所長の海塚(小雪)は心配するのだった。

ある日、東凛大学病院の教授就任祝賀パーティーで事件が起きた。

殺害されたのは真田和寿(名高達男)で、席を外したまま戻らなかった真田を探しに行った娘の有里(関めぐみ)が、控室のバルコニーから転落死している父親を発見したのだ。

そのとき有里は、現場から逃走するウェイターの男の姿を目撃していた。

真田の首には刃物を突き付けられたような傷があり、男の逃走経路には血痕が残っていた。また、バルコニーの手すりには真田の靴の跡があった。

これらの状況から、犯人は真田にナイフを突きつけたが抵抗されて傷を負い、バルコニーを乗り越えて逃げようとした真田を突き落としたのではないかと考えられた。

警察は、防犯カメラの映像から被疑者の宮永 渉(篠原 篤)を拘束していた。

そこで、科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸 亮)とノンナは、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)からDNAの照合鑑定を依頼される。

現場から採取された血液と宮永のDNAが一致すれば事件は解決だと意気込む虎丸。

しかし、照合の結果は不一致だった。

拘束されていた宮永は、証拠不十分として釈放された。

虎丸は、捜査一課長の江波清志(篠井英介)から、1週間以内に犯人を逮捕できなければ班を解散させる、と叱責される。

だが、それでも犯人は宮永だと主張する虎丸は、真野やノンナらを連れて事件現場のレストランを徹底的に調べ直す。

宮永が犯人だと言い張る有里に、虎丸は泳がせてるだけと説明する。

そんな時、仕事へのプレッシャーから眠れない日々を過ごしていたノンナがふいに意識を失って倒れてしまう。

ノンナは、東凛大学病院に運ばれて処置を受ける。

気分が良くなったため帰ろうとした真野とノンナ。

そんな二人に事件のことを聞く有里だった。

有里は、心臓病が弱くて、子供の頃から病院に通っていると打ち明けるのだった。

父の身に何があったのか本当のことを知りたいと語る有里は、犯人を捕まえて欲しいと二人に頼むのだった。

真野は、有里に犯人と真田は面識があったと推測されると告げ、真田に恨みを持つ人物がいなかったかと尋ねる。

有里は、それをきっぱりと否定するのだった。

そんな中、宮永を見張っていた警察は、宮永を見失い行方不明になってしまうのだった。

真野はノンナを連れ、真田が殺されたバルコニーを再度調べに行く。

そこで、真野は血に染まった折り鶴を花壇の中から見つけるのだった。

鑑定の結果、血液はO型の女性だと分かり、10年以上前の紙で折られていることがわかった。

さらに、折り鶴から宮永の指紋が検出された。

ノンナは真田の葬儀に参加する。

すると、有里がノンナに父親の遺品を整理していた際に、花壇で見つけたものと同じように血に染まった折り鶴を見つけたことを打ち明ける。

その折り鶴を調べると、O型の女性の血液が付着した、花壇で見つかったものと同じ紙で作られていることがわかった。

その後の調べで、真田の着衣からの血痕のDNAと一致する人物が現れる。

虎丸はこの岸田という男は、宮永の共犯者と考え、岸田を連行する。

だが、岸田は犯行を否定し、パーティ会場も行っていないし怪我もないと主張する。

身体検査の結果、岸田には傷はなかった 。

焦った虎丸は、真野に再度鑑定するように指示する。

しかし、真野は身体検査の写真を見て、何かに気づいたようだ。

真野は、折り鶴を装置にかけ、血液の赤い成分を抜くと中原と書かれた答案用紙だということが判明した。

『トレース~科捜研の男~』第2話 あらすじ 【後半】

そこで、真野のいうとおり、宮永が包帯を買った店を捜し、血液が付着した500円玉を見つける。

その血液を調べた結果、被害者の着衣の血痕のDNAが一致した。

つまり、岸田と宮永のDNAはまるきり同じだということになる。

宮永はキメラだったと告げた真野。

キメラというのは、骨髄移植を受けた人間の血液は骨髄を提供したドナーのDNA型に変化する。

しかし、毛髪や唾液といった他の細胞は、元々持っていたDNA型のまま変わらない。

つまり、体の中に2つの遺伝子を持つキメラになると真野は説明した。

真野は、岸田の身体検査の写真の古傷から、骨髄を提供した際に着いた傷だと告げた。

そのことから、岸田は宮永のドナーだったと真野は断定した。

これを受けて、宮永のアパートを調べた虎丸は、当直中の有里が危ないと判断し、彼女が働いている病院へ急いで向かう。

その途中、真野たちに電話をした虎丸は、宮永は有里を襲う気だと告げる。

裏が取れたと語る虎丸は、宮永が15歳の頃骨髄移植を受けていたことがわかったと語った。

さらに、中原沙知絵という宮永の当時の恋人が、工事現場で事故に遭い、真田の病院に運ばれたが死亡したこともわかったと虎丸は告げた。

病院に駆けつけた虎丸は、有里に襲いかかった宮永を確保する。

15年前の真相はー。

宮永のために折り鶴を折って見舞いに行く途中、工事現場で事故に遭ってしまった中原沙知絵。

彼女の緊急手術を担当したのは、真田だった。

真田は、心臓移植を待っていた有里は、危篤状態に陥ってしまった。

このままでは間に合わないかもしれないと焦った真田は、ドナー登録をしていた沙知絵に筋弛緩剤を投与してしまう。

そして沙知絵は脳死と判断され、その心臓は有里に移植された。

このことを知った宮永は、真田と有里に復讐しようと決めた。

ノンナは有里に、静かに説明した。

真田と宮永は最後に何を話していたか分かったと真野は有里に語り始めた。

真田は宮永に謝罪し、移植手術の際に握りしめていた折り鶴を今もまだ持っていると告げた。

そうして真田はバルコニーの上に立ち、宮永に向き合った後、自らの意思で背中を向けた。

宮永は、抵抗をやめた真田の背中を押した。

それを聞き、有里は自分は生きていていいのかとショックを受ける。

真野は、宮永が有里を襲った時のことを語り始めた。

最後の最後で復讐をやめた宮永は泣いていたと話す真野。

宮永は亡くなった恋人の心臓が有里の中で生きていることを実感したんだと思うと語り、受け継いだ命を大切にしていくべきだと伝えた。

涙を流し、「ありがとうございます…」と泣き崩れるのだった。

帰り道、真実を知ることで遺族は救われると語った有里に、こんな悲しい真実を突きつけたくなかったと悩むノンナ。

「どんな真実だったとしても、知らない方がいいことなんてない…遺族は真実を知ることで初めて前に進むことができるんだ…それを手助けするのも科捜研の大事な仕事の1つだ」と真野は語った。

ノンナに「お前はよくやった」と笑顔で告げた真野だった。

スポンサーリンク

『トレース~科捜研の男~』第2話 感想

ノンナは科捜研をやめたいと思い悩んでいましたね。

一生懸命やっているノンナでしたが、眠れなくて貧血でとうとう倒れてしまいました。

有里の言葉や真野の「お前はよくやった」という言葉にどんなに支えられたことでしょう。

ノンナはきっとこれからどんどん真実のカケラを探していくことでしょう。

今回の事件、辛かったですよね。

助かることができた人の心臓を奪って、自分の心臓が動いているなんて…どんなに自分の娘を死なせたくないと思っても許されることではありませんよね。

その子の親もいるわけですから…両親の事が出てきませんでしたが、そのことを考えると悲しいです。

真野の過去も少しずつ明らかになってきましたね。

原作を読んだことがないので、なんとも言えませんが、お兄ちゃんは家族を殺して自分も自殺?してしまったのでしょうか?

まだまだ、謎だらけの真野の過去ですね。

虎丸はいつも怒っていますが、過去に何かあったのでしょうか?

真野との関係も何かあるかもしれませんね。

『トレース~科捜研の男~』まとめ

『トレース~科捜研の男~』のホームページを見ていたら、真野は周囲に壁を作ってきたが 、ノンナとの出会いによって少しずつ変化していく…と書いてありました 。

真野は第1話より、少し笑顔が増えたような気がします。

今後、二人の恋?もあり得るかもしれませんね。

今後も楽しみにしていきたいと思います。

来週の『トレース~科捜研の男~』第3話は、2019 年1月21日に放送されます!

是非、ご覧下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です