映画「ローズの秘密の頁」の動画フルを無料で視聴する方法を紹介!あらすじも

『ローズの秘密の頁』は、2018年日本公開のドラマ映画です。

精神病院で40年間暮らした主人公ローズを、転院に際して再診した医師が、聖書に書かれた日記を見ることになり、そこからおどろくべく真実を知ってしまいます。

本日はそんな映画『ローズの秘密の頁』のあらすじと無料で視聴する方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

U-NEXTで『ローズの秘密の頁』を無料で視聴する方法を紹介!

すぐに『ローズの秘密の頁』を無料で安全に視聴したい!という方はU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTは月額制ですが、31日間の『無料トライアル期間』があるので、登録しても31日間は無料で動画を見たり、漫画(電子書籍)を読んだりすることができます。

U-NEXTって何?

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、DVD発売前の映画を見ることができたり、漫画を最新刊まで読めたりとラインナップがとにかく充実しています。

パソコンだけではなく、スマホやタブレットで見ることができるのも魅力の一つですね!

U-NEXTでどうやって『ローズの秘密の頁』を無料で視聴するの?

上でも紹介した通りU-NEXTは月額制で、月額1,990円(税抜)かかりますが、登録してから31日間は『無料トライアル期間』でU-NEXTの見放題作品は全て見放題となります。

漫画や動画の一部は別途課金が必要ですが、U-NEXTに登録で600ポイントを受け取れるので自由にそのポイントを使うことができます。

動画は1作300〜500ポイントほどなので、好きな動画を見ることができます。

『無料トライアル期間』中に解約すればもちろん料金はかかりませんし、サービスが気に入っていただければ継続してもらっても構いません。(継続の場合、次の月からは1,200ポイント受け取れます。)

≫≫U-NEXT31日間無料登録はこちら!≪≪

U-NEXTで『ローズの秘密の頁』を無料で視聴する方法
  1. U-NEXTの『まずは31日間無料体験』で登録
  2. 登録で受け取れる600ポイントで『ローズの秘密の頁』を視聴する
  3. その他『見放題作品』を楽しんでおく
  4. 『31日間の無料トライアル期間』に解約するか、月額1,990円(税抜)で継続

music.jpで『ローズの秘密の頁』を無料で試聴する方法を紹介!

『ローズの秘密の頁』を無料で試聴できるサイトはいくつかあるのですが、すぐに視聴できてオススメなのはmusic.jp

こちらを使用することで『ローズの秘密の頁』を無料で試聴するだけではなく、music.jp内の好きな動画を見ることもできるんです!

music.jpって何?

music.jpは音楽をはじめ動画、マンガ、書籍などを試聴することのできる総合配信サービスです。

動画配信数は国内最大級。またパソコンのみならず、スマホやタブレットでも試聴することができます。

music.jpでどうやって無料で『ローズの秘密の頁』を試聴するの?

music.jpは現在『30日間の無料キャンペーン』を行なっており、無料入会で961ポイントと動画に使用できるポイント1500ポイントを受け取ることができます。

動画が1本300円〜なので、入会した時にもらえる961ポイントと動画に使用できるポイント1500ポイントを使用することで5本以上の動画を試聴することができます。

また、動画も充実しており、最近だと映画『ファンタスティックビースト』『ハンソロ』『ミックス。』『インクレディブルファミリー』など最新のものまで取り揃えているので、映画好きにはmusic.jpは特にオススメです!

こちらお試し期間の30日を終えると月額1922円となりますが、毎月1922ポイント、動画に使用できるポイントが3000ポイント(お試し期間の倍)が貰えるのでお得ですね!

もちろん30日間の無料期間の間に解約すれば、料金は一切かかりませんので必要のない方は解約をしていただいて結構です。

≫≫music.jp30日間無料キャンペーンはこちら!≪≪

music.jpで『ローズの秘密の頁』を無料で試聴する方法
  1. music.jpの『30日間無料登録』で登録
  2. 登録の961ポイント+動画に使用できる1500ポイントで『ローズの秘密の頁』を試聴
  3. 残りのポイントで他の作品を楽しむ
  4. 『30日間無料キャンペーン』中に解約するか、月額1,922円(税込)で継続
スポンサーリンク

映画『ローズの秘密の頁』のあらすじ

若い頃のローズをルーニー・マーラ。

精神病院に隔離され、40年後に再診を受けるローズをヴァネッサ・レッドグレイヴ。

それぞれ名優が演じていますが、特に濡れ衣を着せられ隔離されていく若い頃のローズを演じるルーニー・マーラはさすがです。

ローズが精神病院に入ることになったきっかけは、なんと「色情狂」だったのです。

舞台は第二次大戦中の1940年ごろ、アイルランドの田舎町でのこと。

都会から越してきた美人のローズは、いつも男に注目されていました。

神父にまで言い寄られるローズ

しかし、男女の交際にうるさい周囲の人たちには、ローズの方から男に色目を使っているとされてしまったのです。

町のゴーント神父(テオ・ジェームズ)も、「この辺で男の目をみていいのは妻だけだ。」と忠告するほどです。

しかし、ゴーント神父自身も彼女に気があり、なにかとローズに近づくのでした。

神父を避けようとするローズ。

このことが神父の反感を買い、のちのちローズを精神病院へ送るきっかけになったのです。

愛する人の子どもを出産

ローズが濡れ衣のまま、無理やり精神病院へ送られてまもなく、彼女がもらった汚名は「我が子の殺害者」でした。

入院前に付き合っていた男性、マイケルの子どもを妊娠していたことが発覚します。

病院では一緒に住めないと聞かされローズは、病院を無断で抜け出し海辺の洞くつで出産したのです。

追跡した警察官の証言では、気絶する直前、彼女はなんと振り上げた石で子どもを殺害したというのです。

これが、長期にわたりローズを精神病院で隔離し続けた理由でした。

再診時に提出された日記

さて、この映画は現在に戻ります。

病院が老朽化し、転院にあわせて年老いたローズは医師から再診を受けることになっていました。

担当は、スティーヴン・グリーン(エリック・バナ)という精神科の医師です。

長らく看護を担当していたケイトリンからいろいろローズの情報を得ます。

その中で、ローズが聖書の余白に事細かにしたためていた日記を渡されます。

そして、ローズは日記を紐解きながら、グリーン医師が事前に聞いていた入院の経緯や我が子殺しを、一切否定したのです。

まとめ

グリーン医師は、日記を読みながら、転院の日ギリギリまで真実に近づこうとしていました。

ローズが一番こだわったこと。

それは、自分は間違いなく子どもを産んだこと。

決して殺していないので、必ずどこかで生きているはずだということでした。

一方、グリーン医師がずっと気になってこと。

それは、かつてローズにまとわりつき出産時にもいたはずのゴーント神父のその後でした。

この二つが結びついた時、そこから映画は驚くような展開をするのでした。

ぜひ、最後の驚愕の結末を体感して下さい。

U-NEXTで『ローズの秘密の頁』を無料で視聴する方法
  1. U-NEXTの『まずは31日間無料体験』で登録
  2. 登録で受け取れる600ポイントで『ローズの秘密の頁』を視聴する
  3. その他『見放題作品』を楽しんでおく
  4. 『31日間の無料トライアル期間』に解約するか、月額1,990円(税抜)で継続
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です