『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第3話 あらすじや感想!金メダルリストが殺人?

2019年木曜劇場第1作として、フジテレビ系で放送がスタートした『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』。

その第3話が、2019年1月24日に放送されました。

主人公の氷見江(ひみ・こう)を演じるのは、『ストロベリーナイト』(2012年)以来、実に7年ぶりの主演となる竹内結子さんです。

氷見江は弁護士ながら専門は危機管理で、その主戦場は法廷ではなくスキャンダルの裏側です。

『危機にある女性の最後の砦』という信念がある氷見江は、女性を救うためであれば手段を選ばず、どれほどの逆境であろうと覆すことを絶対に諦めません。

現在、これほどスキャンダルなニュースが立て続けに話題になる時代は類を見ません。

その多くのケースで当事者の背後には氷見のような存在がいます。

本作は政治、芸能、スポーツなど各界に前代未聞の大胆さで切り込み、圧倒的に臨場感のあるスキャンダルを扱います。

今回は、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第3話のあらすじ、感想を紹介します。

この記事は、『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第3話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第3話 あらすじ【前半】

鈴木法律事務所・危機管理部では、次から次へと舞い込む仕事に氷見江(竹内結子)と与田知恵(水川あさみ)は休みも取れないと愚痴っていた。

そんな時、副所長の鈴木太郎(バカリズム)が新たなクライアントを招き入れた。

マネージャーの間宮智也(片山亨)、コーチの渡瀬美央(村岡希美)に伴われて現れたのは、フィギュアスケート選手で金メダルリストの相馬紀子(白石聖)だった。

紀子の来訪に氷見たちは仰天する。

紀子の依頼内容とはーー。

世界大会で金メダルを獲得し、日本で記者会見を開いた翌日、婚約者である塚越健太(穂満佳佑)の家に向かった紀子は、何者かに殺害された婚約者の姿を発見。

紀子は、第一発見者であり、凶器から指紋が検出さたため、紀子は警察から最有力な被疑者にされてしまったのだ。

しかし、紀子は塚越の遺体を前に気が動転し、思わず凶器に触れてしまっただけで、殺害したのは絶対に自分ではないと氷見たちに主張するのだった。

さらに、2日後に予定している凱旋パレードが終わったら、自身が生活拠点としているアメリカにすぐに戻りたいので何とかして欲しい、と助けを求めてきた。

氷見、与田、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)らは、ひとまず他に被疑者がいないか探ることに。

すると、紀子の婚約者である塚越は、紀子のライバルである、フィギュアスケート選手の青山リナ(石田ニコル)とも付き合っていたという事実が発覚した。

紀子はそれを知っていたが、氷見たちに告げずにいたため、隠し事をしないように伝える。

アメリカに帰りたいと言う紀子に、氷見たちは真意を聞き出す。

紀子の母は末期ガンであるため、早く金メダルを見せたいと紀子は訴えるのだった。

そんな中、リナがテレビ番組に出演し涙で謝罪した。

また、リナは塚越が殺害された日、ボランティアに参加していたと証拠画像を見せた。

それにより、流れが変わる可能性が大きくなった。

未だに、紀子のアリバイは掴めていなかった。

更に、紀子はタクシーに乗ったため、殺害時刻に間に合うことがわかった。

その頃、藤枝はこの間リナが練習していたスケートリンクで見かけた外国人男性のホテルの部屋にいた。

スケート関係者らしいこの男性はゲイらしかった。

氷見はそれを知って藤枝の了承なしに、男性の元へ送り込んだのだ。

藤枝はこの男性から得た情報を氷見らに報告した。

最近、審査基準が変わり、リナに優位な採点方法となったらしい。

関係者全員がリナが勝ったと思ったが、ふたを開けてみると優勝したのは紀子だった。

更に、紀子が大会前に薬を飲んでいたらしいという情報も得たと話す藤枝。

だが、紀子のドーピング検査は陰性だった。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第3話 あらすじ【後半】

そんな時、紀子逮捕への動きが早まっているという連絡が鈴木から与田に入った。

氷見は、幼い紀子が涙を流しながら練習していた映像や、母が末期ガンだという情報をテレビで流した。

紀子は、どういうことなのかと氷見に詰め寄った。

氷見は印象操作をして少しでも状況を変える必要があると語り、こうなったら世間を味方につけて警察の動きを抑えるしかないと言う。

「そんなことできるわけがないでしょ!」と声を荒げる紀子に、氷見は信じて下さいと言うのだった。

しかし、時間稼ぎなど半日も持たないことを氷見はわかっていた。

そんな中、リナのアリバイが崩れたと与田から報告があった。

提示版に公開した画像が、別の日のものだと検証されたからだ。

早速、氷見と与田は、リナに会いに行った。

リナは当日自宅にいて、アリバイがないと告げた。

氷見がリナに、紀子が飲んでいた薬について聞いた。

リナは、それはアフターピルだと明かした。

紀子に他に男がいて、塚越から別れを切り出されたため、紀子が塚越を殺したのだとリナは推測していた。

氷見はコーチの渡瀬に紀子がアフターピルを飲んでいたかを確認する。

渡瀬は、飲んでいたことまでは知らなかったが、異性関係に問題があったことを明かした。

その後、母が危篤となり、アメリカへ向かおうとした紀子は警察に逮捕された。

紀子の接見に訪れた氷見は、「メダルってそんなに大切ですか?」と切り出した。

「私の仮説を聞いてください」と氷見は言い、紀子が別の男性と関係を持ってしまったことから、塚越は紀子の浮気を疑った。

紀子はその疑いを晴らすために塚越に真実を明かした。

メダルを取るために、紀子は審査員と関係を持ったのだと氷見は語り、これが真実だと言った。

そんなことはしていない、浮気が許せなくて口論になり、塚越を殺したのだと声を荒らげる紀子。

そんな紀子に「あなたが塚越さんを殺すのは不可能なんです。あなたはその時間、審査員の木村氏と一緒にいたから」と氷見は言い、ホテルの防犯カメラの映像を差し出した。

紀子はどうしても母に見返したかった。

紀子からスケートをとれば何も残らない、存在する価値がないと母から言われ続けているうちに、紀子は追い詰められていたのだ。

心残りは、母親が汚いメダルを手にして何も知らずに喜んでいる姿を見れないことだと語る紀子。

母親に復讐しようと紀子は考えていたのだ。

そこで氷見は、一番の復讐は、紀子が母の呪縛から解放されて紀子自身の人生を幸せに生きる事ではないのかと優しく諭した。

そして…紀子は八百長の事実を認め、謝罪会見を開いた。

「氷上の女王なんかじゃないんです。弱くてずるくて…本当にごめんなさい」と涙ながらに謝罪する紀子だった。

審査員と身体の関係を持つように強要していたのは、コーチだったのだ。

またそのことを知った塚越を口封じのために殺害したのもコーチの渡瀬だった。

スポンサーリンク

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』第3話 感想

紀子は、母親に復讐するためだけに金メダルが欲しかったのでしょうか?

スケートは好きじゃなかったのか?本当にそれだけのためにスケートをしていたのなら許せませんね。

金メダルが欲しいがために、審査員と関係を持つなんて、応援していたファンは大変ショックですよね。

また、それを強要していたのはコーチだったなんて驚きの事実ですよね。

実際でも、そのようなことがあるのでしょうか?無いと思いたいですよね。

口封じのために殺されてしまった婚約者は、ライバルのリナとも関係があったのですね。

何を信じて良いのか分からなくなります。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』まとめ

本当にありそうでリアルな内容が、このドラマの魅力ですね!

テンポの良いノリが、観ていて飽きないし面白いですよね。

氷見のスキャンダルも気になります。

次回の第4話は、2019年1月31日に放送されます。

セレブママのご近所トラブルが斬新に描かれているようです

楽しみしたいです!是非、ご覧下さい!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です