ドライブスルー店 アルバイト体験

 昼間は学校、夜はアルバイトという二重生活が厳しかったので、バイトのペースを落とそうと思いました。

再度、ハンバーガーチェーン店でのアルバイト

 近所に新しく、以前アルバイトを経験したハンバーガーチェーンのドライブスルー店ができたので、出会いを求めていたこともあり、お店にバイト募集の張り紙がしてあったので、飛び込みでカウンターの方にお話しました。

当日のマネージャーの方が後日連絡しますと対応してくれました。

採用面接

 指定された日に面接に行くと、なんと以前のお店でお世話になった方が社員になっていました。顔を見た瞬間に「なんだおまえか(笑)で、いつから入れるんだ? 今日、人が薄いんで入ってもらえるか?」と言われ、早速、勤務開始しました。

ドライブスルー店での仕事

 以前の店舗は駅前で、乗降客数も有数の場所だったので、その混雑ぶりは殺人級でした。今回は駅から離れた店舗だったので、それほど混雑しないだろうと、タカを括っていましたが、実際は違いました。忙しさの種類が違いました。

 まず時間あたりの人員が全く違うので、一つのポジションに一人ではなく、一人で多数のポジションをこなさなければなりませんでした。 お客さんの数としては少ないのでしょうが、前の店舗より忙しいという状態でした。

 ただ、複数回のアルパイト経験から早くやるコツは身についていたので、早いうちに店内で認めてもらえるようになりました。自分が必要とされるのは嬉しいものです。

 前の店では経験のなかったお客さんとの直接対応も、夜勤の牛丼店でのアルバイト経験が生きたと思います。今回は酔ったお客さんはいないので、対応は以前よりは気楽でした。

就職活動

 この店で働いているときに就職活動も初めたのですが、同じシフトで働いていた主婦の方の旦那さんが働いていた会社が、なんと自分が就活した会社でした。 こんなことってあるのかなととても驚きました。それで、結局、現在働いている会社はその時に紹介していただいた会社です。

「縁は異なもの味なもの」とはこのことでしょうか。

シフトは店を閉めるクローズと言われる時間帯に働いていました。

オープンからその店で苦労していたマネージャがいました。同い年だったので色々教えていただき、楽しかった。
他にも同い年の人が沢山いたので、ノリは完全に体育会系でした。
けれど、仕事は手を抜きませんでした。どうしたらきれいに早く仕事を完遂できるかというところでも競って仕事しました。

 卒業と同時に就職の為、辞めましたが、それまでは楽しく続けることができました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA