『神戸ローストショコラ』CMの俳優は?美声でナレーションするイケメン 山崎育三郎さん

皆さんは、グリコの「神戸ローストショコラ」というチョコレートをご存じでしょうか?

スーパーに行くとよく店頭に並んでいるのを見掛けます。

その神戸ローストショコラの新しいCMが公開されており、出演している男性が主婦の心の内をナレーションしていますが、男性の声が美しくてイケメンなのでどんな方なのか気になりました。

そこで今回は、神戸ローストショコラのCMで美声でナレーションをする俳優さんを紹介していきたいと思います!

最後まで楽しんでいってください!

神戸ローストショコラCMがこちら!

それでは早速、神戸ロースロショコラの新しいCMを皆さんもご覧になってください!

良い声ですよね!

最後の「手に入ったなんて~」という台詞の響きが凄いと思いました!

神戸ローストショコラCMの俳優は誰?美声でナレーションするイケメン!

CMで美しい声でナレーションをしているイケメンは、俳優の「山崎育三郎(やまざき・いくさぶろう)」さんです!

山崎育三郎さんは、ミュージカル出演を中心に活躍されていますが、最近ではドラマや映画に出演する機会が増えているので、よくテレビなどで見掛けることが多いですよね!

山崎育三郎さんのプロフィール!

生年月日:1986年1月18日

出身地:東京都

身長:177cm

血液型:A

趣味:野球、ゴルフ、料理

特技:歌、ダンス、英会話

事務所:研音

大学在学中に「レ・ミゼラブル」の日本初演20周年記念公演のオーディションでマリウス役に抜擢され、通っていた大学を中退し2007年の同公演でミュージカル俳優としてデビューします。

20代のうちに目標としていた「レ・ミゼラブル」「モーツァルト」「ミス・サイゴン」「エリザベート」の4作品に出演したことで、ミュージカルファンから「プリンス」という愛称で親しまれていました。

ミュージカル界ではスターであった山崎育三郎さんですが、ミュージカルというジャンルをもっと知ってほしいことと、役者としての幅を広げたいという思いで、次のステージとして「半沢直樹」に出演していた石丸幹二さんの紹介でテレビドラマに進出しました。

石丸幹二さんは、半沢直樹で大阪西支店の浅野支店長役を演じた方で、ミュージカル界では山崎育三郎さんの先輩です、

2015年の下町ロケット(TBS)出演を機に、数多くのドラマに出演しており、現在放送中のNHK連続テレビ小説「エール」では、窪田正孝さん演じる主人公の幼馴染で歌手の佐藤久志役でNHK連続テレビ小説に初出演を果たしました。

また、現在放送中のドラマ「私たちはどうかしている(日本テレビ:浜辺美波・横浜流星W主演)」で多喜川薫役で出演しています。

プライベートでは、舞台で共演した元モーニング娘。の安倍なつみさんと2015年に結婚し、2016年7月に長男、2018年10月に次男が誕生しています。

まとめ

美声でナレーションをするイケメンは、俳優の山崎育三郎さんでした!

今回は、グリコの神戸ローストショコラのCMについて紹介していきました!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA