2021年日本アカデミー賞受賞作品と最優秀賞予想!

 日本映画の祭典・第44回「日本アカデミー賞」の各受賞が発表されました。

最多ノミネートは、松竹映画「Fukushima 50」と東宝映画「罪の声」が作品賞を含む12部門でノミネートされ、最優秀賞は2021年3月19日の夜に授賞式で発表されます。

《2021日本アカデミー賞・各部門受賞一覧》

★作品賞・受賞作品

・『ミッドナイトスワン』:主人公が身体は男で、心は女のトランスジェンダーの物語。
・『Fukushima 50』:東日本大震災で巨大津波を受けた福島第一原発の危機的状況を描く。
・『男はつらいよ お帰り 寅さん』:柴又寅さんの、あれから22年後のストーリー。
・『浅田家!』:大津波で流された家族の、笑いと涙の感動実話!
・『罪の声』:35年の時を超え、過去のある事件を探る記者の執念の物語。

★主演男優賞

・草彅剛:『ミッドナイトスワン』で、女装をしながら母性が目覚める役を熱演。
・佐藤浩市:『Fukushima 50』では、原発を襲った津波に対処する原発社員を好演。
・菅田将暉:『糸』で、熱量がほとばしるような演技をみせています。
・二宮和也:『浅田家!』で、人間味溢れるキャラクターを圧倒的な演技で好演。
・小栗旬:『罪の声』では、劇場型犯罪の犯人を追う記者を絶妙に演じました。

★主演女優賞

・永作博美:『朝が来る』で、無言の表情のみで演じる凄い演技を披露しました。
・長澤まさみ:『コンフィデンスマンJPプリンセス編』では、希代の女詐欺師を熱演。
・倍賞千恵子:『男はつらいよ お帰り 寅さん』で、味のある奥深い演技が印象的。
・広瀬すず:『一度死んでみた』では、初めてのコメディで渾身の泣き真似演技を披露。
・小松菜奈:『糸』で、その高い演技力で感涙の名演技を熱演しました。

★助演男優賞

・成田凌:『窮鼠はチーズの夢を見る』
・渡辺謙:『Fukushima 50』
・宇野祥平:『罪の声』
・星野源:『罪の声』
・妻夫木聡:『浅田家!』

★助演女優賞

・桃井かおり:『一度も撃ってません』
・江口のりこ:『事故物件 怖い間取り』
・黒木華:『浅田家!』
・後藤久美子:『男はつらいよ お帰り 寅さん』
・安田成美:『Fukushima 50』

★監督賞

・河瀬直美:『朝が来る』
・内田英治:『ミッドナイトスワン』
・土井博泰:『罪の声』
・中野量太:『浅田家!』
・若松節朗:『Fukushima 50』

★アニメ作品賞

・『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』
・『鬼滅の刃 無限列車編』
・『えんとつ街のプペル』
・『ジョゼと虎と魚たち』
・『STAND BY MEドラえもん2』

★脚本賞

・内田英治:『ミッドナイトスワン』
・中野量太・菅野友恵:『浅田家!』
・野木亜紀子:『罪の声』
・前川洋一:『Fukushima 50』
・山田洋次・朝原雄三:『男はつらいよ お帰り 寅さん』

★音楽賞

・岩代太郎:『Fukushima 50』
・梶浦由記・椎名豪:『鬼滅の刃 無限列車編』
・亀田誠治:『糸』
・佐藤直紀:『罪の声』
・山本純ノ介:『男はつらいよ お帰り 寅さん』

他部門では、新人俳優賞・撮影賞・美術賞・録音賞・照明賞・編集賞・外国映画賞があります。

《受賞作品について》

本年は特に松竹と東宝の受賞作が多く、最多ノミネートは松竹映画「Fukushima 50」と東宝映画「罪の声」が作品賞を含む12部門でノミネートされました。

独立系のキノフィルムズの作品では、かなり高い評価を得た『朝が来る』が作品賞ノミネートから外され、唯一『ミッドナイトスワン』がノミネートされました。

ベネチア国際映画祭で監督賞を受賞した『スパイの妻』が、ノミネートゼロという衝撃的な結果となり、主演の蒼井優も候補に入りませんでした。
しかし本作は「キネマ旬報ベスト・テン」で、作品賞を受賞しています。

事前の予想では『喜劇 愛妻物語』で各賞を受賞し、主演女優賞最有力候補と見られていた
氷川あさみさんがノミネートされませんでした。

アニメ作品では、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が映画サイトのレビューで断トツの一位となり、社会現象的な人気を集めた『鬼滅の刃 無限列車編』も受賞となりました。

《日本アカデミー賞・授賞式》

    ・日程:2021年3月19日(金)開催
    ・場所:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
    ・司会:羽鳥慎一、シム・ウンギョン(第43回最優秀主演女優賞「新聞記者」)

※今年はコロナ禍の為、従来のようにホールに俳優や関係者が一同に会するのは避け、
ソーシャルディスタンス形式か、無観客によるテレワークスタイルが取られるかもしれません。
 

《各最優秀賞予想》

    最優秀作品賞予想として『Fukushima 50』が有力!

今年は東日本大震災からちょうど10年という節目の年で、本作で歴史的な事故が描かれている点は評価に値し、後々の社会の在り方に影響を及ぼし得る意味でも有力な作品です。

    最優秀主演男優賞は、草彅剛さんが有力

『ミッドナイトスワン』は映画ファンによるレビューでもトップ級の評価を得、商業的にもロングランの成功を収めました。

主演の草彅剛さんも俳優としてのキャリアの中でも最高の出来との声も多く、優優秀主演男優賞の最有力と予想されます。

同作で少女役を演じた服部樹咲さんも、1000人のオーディションから選ばれただけに新人賞が有力です。

    最優秀助演男優賞は『罪の声』の同じ作品からノミネートされた星野源さんか宇野祥平さんを予想。
    最優秀主演女優賞は、『朝が来る』で圧倒的な演技力で観る者を魅了した永作博美さんが有力。

    最優秀助演女優賞は、『浅田家!』で存在感のある演技を熱演した黒木華さんを予想。
    他、最優秀アニメ作品賞は圧倒的な人気を博した『鬼滅の刃 無限列車編』、最優秀監督賞は『Fukushima 50』の若松節朗さんが有力とみられます。

日本アカデミー賞にノミネートされた作品は良作が揃っているので、「見たい作品」を選んで観るのもいいかもしれませんネ!

U-NEXTで『Fukushima 50』を無料で視聴する方法をご紹介!

すぐに”日本アカデミー賞ノミネート作品”を無料で安全に視聴したい!という方はU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTは月額制ですが、31日間の『無料トライアル期間』があるので、登録しても31日間は無料で動画を見たり、漫画(電子書籍)を読んだりすることができます。

U-NEXTって何?

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、DVD発売前の映画を見ることができたり、漫画を最新刊まで読めたりとラインナップがとにかく充実しています。

パソコンだけではなく、スマホやタブレットで見ることができるのも魅力の一つですね!

U-NEXTでどうやって『Fukushima 50』を無料で視聴するの?

上でも紹介した通りU-NEXTは月額制で、月額1,990円(税抜)かかりますが、登録してから31日間は『無料トライアル期間』でU-NEXTの見放題作品は全て見放題となります。

漫画や動画の一部は別途課金が必要ですが、U-NEXTに登録で600ポイントを受け取れるので自由にそのポイントを使うことができます。

動画は1作300〜500ポイントほどなので、好きな動画を見ることができます。

『無料トライアル期間』中に解約すればもちろん料金はかかりませんし、サービスが気に入っていただければ継続してもらっても構いません。(継続の場合、次の月からは1,200ポイント受け取れます。)

≫≫U-NEXT31日間無料登録はこちら!≪≪

U-NEXTで『Fukushima 50』を無料で視聴する方法
  1. U-NEXTの『まずは31日間無料体験』で登録
  2. 登録で受け取れる600ポイントで『Fukushima 50』を視聴する
  3. その他『見放題作品』を楽しんでおく
  4. 『31日間の無料トライアル期間』に解約するか、月額1,990円(税抜)で継続

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA