大相撲名古屋場所2021の結果と総評!来場所の番付予想も!

大相撲の名古屋場所が7月18日に千秋楽を迎え、今場所進退を懸けて出場した横綱白鵬が、昨年春場所以来7場所ぶり45回目の優勝を果たしました。

今回は、大相撲名古屋場所の結果や総評と、9月に開催される秋場所の番付を予想していきたいと思います!

最後まで楽しんでいってください!

大相撲名古屋場所2021の結果!

昨年春場所以来の地方場所での開催となった名古屋場所は、白鵬がその春場所以来の優勝を果たしました。

両膝のケガの影響で6場所連続で休場しており、今場所が進退を懸ける場所だと明言していましたが、見事に全勝で復活優勝を遂げました。

以下、格段の優勝力士はこちらです。

幕内:白鵬(東横綱:宮城野部屋)成績:15戦全勝

十両:水戸龍(西十両6枚目:錦戸部屋)成績:12勝3敗

幕下:北青鵬(西幕下2枚目:宮城野部屋)成績:7戦全勝

三段目:鳩岡(西三段目16枚目:木瀬部屋)成績:7戦全勝

序二段:長内(東序二段52枚目:高砂部屋)成績:7戦全勝

序の口:春雷(西序の口23枚目:立浪部屋)成績:7戦全勝

    外飲み2回分¥8030(税込)の代金で、全国のクラフトビールがいつでも自宅のビールサーバーで楽しめる!

三賞受賞力士

殊勲賞:該当なし

敢闘賞:琴ノ若(初受賞)

技能賞:豊昇龍(初受賞)

名古屋場所の総評

春場所、夏場所と2場所連続優勝中で今場所が綱取りだった照ノ富士は千秋楽まで白鵬と全勝で優勝争いを引っ張っていき、千秋楽では惜しくも白鵬に敗れてしまいましたが、14勝1敗という好成績は立派です!

横綱昇進の条件である「2場所連続優勝もしくは優勝に準ずる成績」をクリアしており、場所後の横綱昇進が確実ですね!

来場所は「横綱・照ノ富士」で迎える場所ですね。

白鵬も復活優勝おめでとうと思っていましたが、これは13日目までです。

14日目の正代戦の立ち合いで徳俵まで下がる奇策と、千秋楽の照ノ富士戦で張り手連発とエルボーを出す荒々しい相撲を取っただけでなく、勝負が決まった後に堂々とガッツポーズをしながら雄叫びを上げる・・・

この2日間の行いでこれまで積み上げてきたものを全て壊していきましたね。

今まで白鵬は勝手に観客を煽って万歳三唱や三本締めなど、横綱にあってはならない行為をしてきましたが、今回は今まで以上に酷かったですね。

1年ぶりの地方場所で場所中の感染者やガイドライン違反者がゼロだったのでこのまま良い流れで終わるかと思いましたが、最後の最後で後味が悪い終わり方になってしまいましたね。

14日目と千秋楽の白鵬の行為について、19日に行われた横綱審議委員会でも批判が殺到したようですね。

白鵬には昨年九州場所後から出ていた「注意」の決議を取り下げたとのことですが、代わりに一番重い「引退勧告」を出してほしいですね。

優勝45回を誇る白鵬にはもう横綱としての品格も資格も無いので、東京五輪まで現役でいるという目標が達成された秋場所か九州場所でとっとと引退して母国に帰ってください。

これだけやりたい放題やってたら、相撲協会は白鵬に年寄株を与えないのではないでしょうか。

正直言って、今の白鵬は歴代横綱の中でも極めてタチの悪い横綱だと思います。

どうせなら、今まで白鵬が築いてきた大記録も抹消すれば良いです。

しかし白鵬以上にガッカリしているのが、上位陣が不甲斐ないことです。

照ノ富士は良いとして、他の三役力士は何やってるんだと言いたくなりますね!

ケガで途中休場した貴景勝と場所前にぎっくり腰起こした高安は仕方ないとして、正代や御嶽海など優勝経験がある力士は本当に鳴かず飛ばずですね。

その一方で、琴ノ若や豊昇龍の若手の活躍が目立っていましたね。

琴ノ若と豊昇龍は、来場所三役を狙えるところまで番付を上げることは確実で役力士と対戦する可能性が高いので楽しみですね。

特に白鵬と豊昇龍の取り組みは楽しみですね!

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

秋場所の番付予想!

オリンピックが終わった直後の9月に東京・両国国技館で開催される秋場所の番付を予想していきます!

横綱

東:白鵬

西:照ノ富士

大関

東:正代

西:貴景勝

関脇

東:御嶽海

西:明生、朝乃山(出場停止中)

小結

東:高安

西:逸ノ城

場所後に横綱に昇進する照ノ富士が西の横綱に上がり、東関脇で7勝8敗で負け越した高安が小結に下がりますが、西の小結で勝ち越した明生が代わりに関脇に上がると予想します。

三役の席は1つ残っており、東前頭2枚目の隆の勝と西前頭2枚目の逸ノ城が勝ち越し、どちらかが三役になりそうですが、成績だと逸ノ城の方が良いので、逸ノ城が三役に返り咲く可能性がありますね。

まとめ

今回は、大相撲名古屋場所の結果と総評、9月に行われる秋場所の番付について予想していきました!

新しい横綱を迎える来場所が今からとても楽しみです!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください