UEFA欧州選手権(ユーロ2020)の結果を総括!W杯予選やFIFAランキングについても!

6月11日から7月11日まで開催されていた、欧州No.1を決める「UEFA欧州選手権(ユーロ2020)」。

16回目で初めて欧州の広範囲で開催された今大会は、イタリアが1968年以来53振りとなる優勝を果たし幕を閉じました。

今回は、ユーロ2020の結果と総括をしていきたいと思います!

また、ユーロの結果によって、W杯予選やFIFAランキングにどのような影響が出るのか、そちらについても触れていきます。

最後まで楽しんでいってください!

UEFA欧州選手権(ユーロ2020)の結果!

それでは早速、ユーロ2020の結果を発表していきます!

優勝:イタリア(2回目)

準優勝:イングランド

ベスト4:スペイン、デンマーク

ベスト8:ベルギー、スイス、チェコ、ウクライナ

ベスト16:フランス、ポルトガル、ドイツ、クロアチア、オランダ、スウェーデン、ウェールズ、オーストリア

ユーロ2020の総評!

毎回波乱が起きるユーロですが、今回はこれまで以上に波乱が起きましたね。

ただ今大会の事実上のMVPは「デンマーク代表」だと思います!

ホームのコペンハーゲンで行われたデンマークの初戦で、クリスティアン・エリクセン選手が心臓発作を起こしピッチに倒れるというアクシデントが起きましたが、チーム一丸となって救命措置を迅速に出来るような環境を作ったおかげでエリクセン選手は一命を取り留めました。

デンマークはグループリーグを連敗したので、やはりエリクセン選手の影響で精神的に不安定になっているのかと思いましたが、最終戦のロシアに勝って奇跡の決勝トーナメント進出を果たしてから波に乗って、最終的にベスト4まで行ったのは凄いと思いました!

エリクセン選手の影響がチームを奮い立たせたんですね。

今回の出来事で、デンマークのファンになった方もいるのではないでしょうか。

優勝したイタリアはやっぱり強いですね!

ロシアW杯出場を逃してから、これまで以上に強いイタリアを見れたような気がします。

イングランドも立派ですが、準決勝のデンマーク戦で不可解な判定でPKを獲得したりと、明らかにイングランドよりのジャッジだったのが納得出来ませんね。

準決勝と決勝の会場がロンドンだということもあるかと思いますけど、準決勝は後味が悪い試合になりましたね。

また、イングランドサポーターが暴れたりというお約束も今大会でもありましたね。

ロシアW杯でベスト4になった時もイングランドサポーターは大暴れしていましたね。

英国人は紳士と言いますが、サッカーになると別なんですね。笑

    外飲み2回分¥8030(税込)の代金で、全国のクラフトビールがいつでも自宅のビールサーバーで楽しめる!

W杯予選への影響は?

ユーロを優勝したらW杯に出場出来わけではありません!

ユーロとW杯は全くの別物です!

ユーロなどの大陸選手権はW杯に次ぐ大きな大会ではありますが、優勝したからW杯の出場権は獲得出来ません。

W杯に出場するには、各大陸の予選を勝ち上がらなければならないので、優勝したイタリアも欧州予選を勝ち上がらなければW杯には出れません。

ただ、今のイタリアなら欧州予選を勝ち上がることは絶対出来ると思います!

仮に大陸選手権で優勝してW杯に出場することが出来たら、2019年のアジアカップで準優勝した日本も、この時点でW杯出場権を獲得しているのでアジア予選を戦わなくて済みますね。(優勝したカタールは開催国で自動的に出場出来るので)

ユーロ2020について紹介した記事でも少し触れましたが、ユーロやアジアカップなどの大陸選手権で優勝したチームは、「FIFAコンフェデレーションズカップ」という大会に出場出来ました。

コンフェデレーションズカップは、ロシアW杯の前年2017年まで開催された大会で、翌年のW杯本大会のプレ大会という位置づけでした。

ちなみに、コンフェデレーションズカップで優勝してもW杯に出場することは出来ませんでした。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

FIFAランキングへの影響は?

大陸選手権は、W杯に次ぐ重要度の高い大会とされており、大陸選手権本大会では、準々決勝まで1試合で増減する最大ポイント数が「35」とされており、準々決勝以降は「40」とされています。

なので、今回ユーロに出場し決勝トーナメントに進出したチームのランキングは上がると予想します。

ただ、同じ時期に南米で「コパ・アメリカ」が開催されていたので、8月12日に発表が予定されている最新のFIFAランキングでは、これまで長い間変動が無かった上位に大きな変動が起きるのは確実ですね。

ユーロで優勝したイタリアと、コパ・アメリカで優勝したアルゼンチンがどのくらい順位が上がるのか注目です。

一方で28位の日本を含む中盤は、そこまで変動は無いかもしれませんね。

ただ日本は5月28日と6月に行われたW杯2次予選3試合全てに勝ち、国際親善試合で対戦したセルビアにも勝ったので、順位を少し上げると思いますね。

8月12日の発表を待ちましょう!

まとめ

今回は、UEFA欧州選手権(ユーロ2020)の結果と総評や、W杯予選やFIFAランキングへの影響について紹介していきました!

3年後の2024年に開催が予定されている次回のユーロは、ドイツで開催されます!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください