スタジオジブリの名作『耳をすませば』が実写映画化!あらすじやキャストは?主題歌を歌うのは杏さん!

1995年に公開されたスタジオジブリの名作「耳をすませば」の実写劇場版が、「10月14日」に公開されます。

今回は、公開に先立ち実写劇場版のあらすじやキャストを紹介していきます!

最後まで楽しんでいってください!

『耳をすませば』とは?

耳をすませばは、1989年に「りぼん」で連載されていた、柊あおい原作の漫画で、1995年には宮崎駿氏が脚本を務めた劇場アニメ版が公開され大ヒットを記録しました。

読書が大好きな中学1年生(アニメ版では中学3年生)の少女「月島雫」が、図書貸出カードに「天沢聖司」という名が度々あることに気が付き、顔も知らない彼へ思いを巡らせます。

 

そんなある日、電車内で出会った猫に導かれ、「地球屋」という不思議なお店に迷い込むというストーリーです。

アニメ版では、天沢聖司役を当時中学生だった高橋一生さんが演じたことでも知られています。

実写劇場版『耳をすませば』の基本情報!

「耳をすませば」

公開日:2022年10月14日

監督:平川雄一郎

主要キャスト:清野菜名、松坂桃李

本作は「アニメ版の10年後」が舞台となっています。

大人になった雫と聖司の物語を中心に描かれていますが、本作でも中学生時代の雫と聖司の姿が描かれているようです。

なお本作は原作が存在しない「完全オリジナルエピソード」となっています!

実写劇場版『耳をすませば』のあらすじ!

物語は、雫と聖司の中学生時代から10年後の1998年。

雫は「児童書の編集者」として出版社で働きながら夢を追い続けていたが、思うようにいかずもがいていた。

もう駄目かもしれないと強く思う度に、遠く離れたイタリアで奮闘する聖司を想い自らを奮い立たせていた。

一方の聖司も順風満帆ではなかった。

戸惑い、もどかしい日々を送っていた聖司にとっての支えも、同じく雫だった。

大人になった雫と聖司の奮闘ぶりが描かれています。

アニメ版では、物語の最後に聖司が雫にプロポーズしていたのをご存知でしょうか?

二人のその後の恋の行方も気になるところです。

実写劇場版『耳をすませば』のキャスト!

ここでは、耳をすませばのキャストを紹介していきますが、雫と聖司以外のほとんどの登場人物がオリジナルキャラクターとなっています。

原作やアニメ版に登場していた人物の詳細はこちらをご覧になってください。

「耳をすませば」(ウィキペディア)

主要人物

月島雫(つきしま・しずく):清野菜名(中学生時代:安原琉那)

10年後は児童書の編集者として働きながら夢を追い続けているが、思うように行かずもがいている。

苦しい時に聖司のことを思っているのが心の支えになっている。

天沢聖司(あまさわ・せいじ):松坂桃李(中学生時代:中川翼)

10年後はチェロ演奏者になるためイタリアへ渡っている。

雫と同様、こちらも順風満帆に行かずもがき苦しんでおり、その度に雫を思うことが心の支えになっている。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

中学時代の同級生

杉村竜也:山田裕貴(中学生時代:荒木飛羽)

雫の中学生時代の男友達で、野球部に所属していた。

原田夕子:内田理央(中学生時代:住友沙来)

雫の親友で、杉村に恋心を抱いていた。

雫の関係者

雫が勤務する出版社の部長:音尾琢真

雫の勤務先の先輩:松本まりか

雫の勤務先の後輩:中田圭祐

月島靖也:小林隆

雫の父親

月島朝子:森口瑤子

雫の母親

聖司の関係者

西司朗:近藤正臣

聖司の祖父で地球屋の主人。

アニメ版の時点で80歳なので、10年後を描いた本作では90歳になっている。

園村:田中圭※

※園村は聖司の関係者なのか現時点で不明。

実写劇場版『耳をすませば』の主題歌を歌うのは杏さん!

アニメ版の主題歌は「カントリーロード」でしたが、実写劇場版では、女優の「」さんが歌う名曲「翼をください」が主題歌となっています!

予告で杏さんの歌声が少し流れていますが、とても素晴らしい歌声ですね!

杏さんが歌うカントリーロードも是非聴いてみたいです!笑

まとめ

今回は、10月14日に公開される実写劇場版「耳をすませば」のあらすじやキャストについて紹介していきました!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください