大相撲秋場所2022の番付を紹介!優勝力士も予想!

コロナ感染拡大などによる影響で休場者が続出し異例の場所となった名古屋場所は、逸ノ城関が初優勝を果たしました。

それから早くも2ヶ月が経ち、今年の秋場所が、9月11日(日)から、東京・両国国技館で開催されています。

今回は、今年の大相撲秋場所の番付を紹介し、優勝力士を予想していきます!

最後まで楽しんでいってください!

大相撲秋場所2022の番付!

それでは早速、今年の秋場所の番付を発表していきますが、ここでは、幕内力士の番付を発表していきます。

十両以下の力士をご覧になりたい方は、こちらでご確認ください。

「九月場所番付」

横綱

東:照ノ富士

大関

東:貴景勝

西:正代、御嶽海

関脇

東:若隆景、大栄翔

西:豊昇龍

小結

東:阿炎

西、逸ノ城、霧馬山

    外飲み2回分¥8030(税込)の代金で、全国のクラフトビールがいつでも自宅のビールサーバーで楽しめる!

前頭筆頭

東:翔猿

西:翠富士

前頭二枚目

東:琴ノ若

西:明生

前頭三枚目

東:玉鷲

西:宇良

前頭四枚目

東:錦木

西:高安

前頭五枚目

東:宝富士

西:佐田の海

前頭六枚目

東:若元春

西:遠藤

前頭七枚目

東:碧山

西:阿武咲

前頭八枚目

東:栃ノ心

西:北勝富士

前頭九枚目

東:妙義龍

西:琴恵光

前頭十枚目

東:錦富士

西:隆の勝

前頭十一枚目

東:琴勝峰

西:千代大龍

前頭十二枚目

東:隠岐の海

西:竜電

前頭十三枚目

東:一山本

西:王鵬

前頭十四枚目

東:千代翔馬

西:豊山

前頭十五枚目

東:照強

西:剣翔

前頭十六枚目

東:水戸龍

西:平戸海

今場所は、関脇と小結が3人ずついるという、とても珍しい場所になっています。

間垣親方「宮城野」襲名!部屋を継承!

名古屋場所後、元横綱白鵬の間垣親方が、年寄「宮城野」を襲名し、宮城野部屋を継承しました。

今後は、宮城野部屋の師匠として後進を指導していくことになります。

また、白鵬関の断髪式となる引退相撲が、来年1月に開催されることも決定しました。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

名古屋場所でコロナ感染の影響で休場した力士の対応

先場所、コロナに感染して休場した力士についての対応は次の通り。

休場前に勝ち越し・負け越しが確定した力士:成績に応じた番付に反映

休場前に勝ち越し・負け越しが確定しなかった力士:名古屋場所の番付に据え置き

大相撲秋場所2022の優勝力士予想!

ここでは、今場所優勝する力士を予想していきます。

◎:照ノ富士

〇:正代

△:豊昇龍

注:貴景勝、逸ノ城

照ノ富士:今場所も優勝争いを引っ張るのは、やはり横綱でしょう。

先場所は惜しくも逸ノ城に優勝を譲りましたが、今場所は8回目の優勝へ向けて気合は十分!

14勝以上の好成績が見込まれる。

正代:大関になって2年が経ちますが、昇進してから優勝はおろか優勝争いにも加わっていません。

しかし、そろそろ優勝争いに加わる気配を感じます。

豊昇龍:三役に昇進してから一度も平幕に落ちておらず、今場所は新関脇に上がりました。

大関取りに向けて好成績を残し、足固め出来るか注目!

貴景勝:先場所11勝と久々に優勝争いに加わり復調の兆しが見えました。

今場所は先場所の反動で勝ち越すのがやっとな可能性も否定出来ませんが、勢いに乗れば先場所のように優勝争いに加われます。

逸ノ城:先場所悲願の初優勝を果たし、今場所は三役に復帰。

腰の具合次第ですが、調子が良ければ今場所も先場所同様の活躍が期待出来ます!

まとめ

今回は、大相撲秋場所の番付と優勝力士を予想していきました!

今年の東京場所最後の秋場所を制するのは誰なのか?

力士達の熱い闘いに注目です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください