朝ドラ『舞いあがれ!』第1週のあらすじと感想!第2週の考察も!

10月3日からスタートした新しい朝ドラ「舞いあがれ!」の第1週が終了しました。

今回は、舞いあがれ!の第1週を振り返っていき、感想と、来週放送される、第2週の考察もしていきたいと思います!

最後まで楽しんでいってください!

舞いあがれ!第1週のあらすじ!

第1週のタイトルは「お母ちゃんとわたし


※⇒「YouTube で見る」をクリック下さい。

1994年(平成6年)4月、ものづくりの町「東大阪」で、ネジ工場の娘である小学3年生の少女「岩倉舞」は、原因不明の熱に悩まされ、学校を休みがちだった。

熱が下がり学校へ行けるようになっても、体を激しく動かすと熱が出てしまう為、走ったりすることが出来なかった。

そんな時、飼育係になった舞は、うさぎの「スミちゃん」が逃げ出してしまい、同級生の「梅津貴司」がスミちゃんを捕まえたが、スミちゃんを見つけるために走り回っていた舞は再び熱を出してしまった。

その頃、母親のめぐみも、工場の事務や家事に追われ、疲労が溜まっていた。

そんな時、父親の浩太が、舞を連れて故郷の長崎・五島にしばらく行ってみてはと提案する。

環境が変われば、舞の体調も良くなるのではと考えた為だった。

そして舞とめぐみは五島に行き、めぐみの母(舞の祖母)である「祥子」と一緒に暮らすことに。

五島の学校に転校した舞は、すぐにクラスの子と仲良くなり打ち解けることが出来た。

転校してから間もなく、校外学習で海に行くことになり、舞も参加したのだが、浅瀬で転んでしまう。

幸い、かすり傷で済んだが、心配をするめぐみの様子を見た祥子がある事に気付く。

そしてその日の夕食、祥子がめぐみに大阪に帰るよう伝える。

舞は、めぐみがいると気を遣ってしまい、自分の気持ちを言えないでいる。

そのことが、舞を苦しめているのではと察していた。

めぐみは五島を離れ、舞は祖母と二人で暮らすことになった。

第1週の感想!

いよいよ舞いあがれ!がスタートしましたね。

ヒロインがいきなり原因不明の熱に見舞われているのは驚きましたね。

環境が変わったことで体調が良くなることを願っています。

それにしても、父親の浩太は良い人ですね!

高橋克典さんの演技も素晴らしいです。

舞、悠人、めぐみの年齢が明らかに!

第1週で、舞、悠人、めぐみの年齢が明らかになりましたね。

舞は1994年時点で小学3年生なので、「1985年(昭和60年)生まれ」、もしくは、「1986年(昭和61年)の早生まれ」です!

なので2022年現在の舞は、「36~7歳」になりますね。

兄の悠人は、1994年時点で小学6年生なので、「1982~83年(昭和57~58年)生まれ」となります。

2022年現在の悠人は、「39~40歳」になります。

母のめぐみは、五島を出たのが高校卒業後すぐで、1994年は五島を出てから15年が経っていたと言われていたので、当時「33~34歳」と推測します。

なのでめぐみは、「1960~61年(昭和35~36年)」になるので、2022現在は「61~62歳」ですね。

ということは、めぐみは悠人を22歳で、舞を25歳の時に産ことになるんですね。

ちなみに、父親の浩太の年齢はまだ不明ですが、めぐみと同い年の可能性もあります。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

舞いあがれ!の舞台になっている1994年ってどんな年?

第1週の舞台となっている1994年は、関西国際空港が開港した年でもあります。

また、家庭用ゲーム機「プレイステーション」が発売されたのもこの年でした。

この年の朝ドラは、橋田寿賀子さん脚本の「春よ、来い」が放送され、ドラマの主題歌だった松任谷由実さんの「春よ、来い」は、以降ユーミンさんの代表曲にもなっていますよね。

他局では、日本テレビで放送されたドラマ「家なき子」が大ヒットし、主演を務めた安達祐実さんがドラマで言った「同情するなら金をくれ」が流行語になりました。

メジャーリーグで大活躍をしている大谷翔平選手や、男子フィギュアスケートで2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦さんも1994年生まれです。

まだ登場していませんが、舞いあがれ!で梅津貴司役を演じる赤楚衛二さんも1994年生まれです。(ただし早生まれなので、1993年生まれの学年)

また、赤楚衛二さんが演じる貴司の父親「梅津勝」役を演じている山口智充さんがデビューしたのも、1994年です。

第2週の考察!

第2週のタイトルは、「ばらもん凧、あがれ!

『舞い上がれ!』

祖母と2人で五島で暮らすことになった舞は、何もかも新しい生活が本格的に始まります。

五島での舞の奮闘と、五島の言葉で「元気もん」という意味のばらもん凧が、舞にどのような影響を与えるのでしょうか。

第2週は、「10月10日~15日」放送です!

まとめ

今回は、10月3日からスタートした朝ドラ「舞いあがれ!」第1週のあらすじと感想や、第2週の考察をしていきました!

祥子と2人で奮闘する舞を、私達は雨にも負けず、風にも負けず、ミサイルにも負けず、見守っていきましょう!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください