2022秋ドラマ『アトムの童』のあらすじやキャストは?

TBSの日曜よる9時(日曜劇場)で、この秋から新しいドラマ「アトムの童(こ)」が、10月16日から放送がスタートしました。

今回は、秋の新ドラマ「アトムの童」のあらすじやキャストを紹介していきます!

最後まで楽しんでいってください!

日曜劇場新ドラマ『アトムの童』の基本情報!

『アトムの童』

制作局:TBS

ジャンル:社会派、ヒューマンドラマ

放送時間帯:日曜夜9時

放送開始日:10月16日

主演:山崎賢人

若き天才ゲーム開発者が倒産危機の老舗玩具メーカーと手を組み、ゲーム業界の大資本企業に立ち向かい成長していく姿を描く。

キャッチコピーは、「創ってやるよ、本物の熱狂(ゲーム)を。

アトムの童のあらすじ

大手企業や販売元を介さず個人でゲームを制作する、通称「インディー」と呼ばれる若き天才ゲーム開発者「安積那由他」。

「ジョン・ドゥ」という名前で活動し、誰もその素顔を知らないことから、「ゲーム業界のバンクシー」と称される存在。

しかし、彼は現在自動車整備工場で働き、ゲーム開発からは離れ静かに暮らしていた。

そんな中、老舗玩具メーカーの「アトム玩具」は海外との価格競争などの影響で廃業の危機を迎えていた。

そこで一発逆転の経営再建を図り、ゲーム制作へ参入すべく、ジョン・ドゥを探し始める。

資金もノウハウも持たないアトムは、藁にも縋る思いでジョン・ドゥにコンタクトを取ろうとする。

アトムの童のキャスト!

ここでは、アトムの童のキャストを紹介していきます。

主要人物

安積那由他(あづみ・なゆた):山崎賢人

本作の主人公で、「ゲーム業界のバンクシー」と称される、素性不明の若き天才ゲーム開発者。

かつて「ジョン・ドゥ」名義でインディー活動し、「ダウンウェル」というゲームを開発し、大ヒットさせるが、現在は自動車整備工場で働いている。

アトム玩具のカプセルトイ「ネッキ―」のコレクター。

 

菅生隼人(すごう・はやと):松下洸平

那由他、公哉と共に「ダウンウェル」を開発した仲間。

那由他と共同で「ジョン・ドゥ」名義を名乗っていた。

 

富永海(とみなが・うみ):岸井ゆきの

老舗玩具メーカー「アトム玩具」の一人娘。

勤務していた「やよい銀行」を退職し、経営危機の家業であるアトム玩具を受け継ぎ、3代目社長となる。

ノウハウを持たないゲーム業界に進出して一発逆転を狙うために、ジョン・ドゥ(那由他)の行方を捜している。

アトム玩具のマスコットで、那由他がコレクトしている「ネッキ―」は、彼女が生みの親で、子供の頃に描いたキャラクターである。

 

興津晃彦(おきつ・あつひこ):オダギリジョー※

インターネット検索サービス「SAGAS(サガス)」の社長。

日本最大のIT企業へと成長させた剛腕実業家。

近年はオンラインゲーム事業に注力し、「ゲーム業界の黒船」と恐れられている。

3Dゲームの新規開発にアトム玩具のアクションフィギュアの特許技術が必要なため、買収を企てる。

※興津晃彦役は、当初香川照之さんが務める予定でしたが、諸事情によりオダギリジョーさんが代役を務めることになりました。

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

アトム玩具

50年以上続く、カプセルトイを企画・製造する廃業寸前の老舗玩具メーカー。

漏電で社屋が全焼するが、富永家の納屋を借社屋とし、ゲームメーカーとして再起を図る。

 

富永繁雄(とみなが・しげお):風間杜夫

海の父親で、アトム玩具の先代社長。

脳梗塞を発症し、後遺症として歩行困難となる。

社屋が全焼しどん底に陥っても、おもちゃ作りに対する情熱を失わず、その姿に感銘を受けた那由他のゲーム開発に対する情熱を再燃させる。

 

八重樫謙吾(やえがし・けんご):でんでん

アトム玩具の専務で、会社の生き字引。

海のことを「姫」と呼ぶ。

SAGASへの買収の話を海が相談した際、アトム玩具の名前が消えることを嘆き、真っ先に反対していた。

 

各務英次(かがみ・えいじ):塚地武雅

造形師。カプセルトイ用フィギュア製作の若手指導員。

MOCCHO CAFE(モッチョカフェ)

那由他が間借りするネットゲームカフェ

 

森田聡/モッチョ(もりた・さとし):岡部大(ハナコ)

MOCCHO CAFEの店長。

那由他の学生時代の先輩で、彼が「ジョン・ドゥ」であることを知る人物。

那由他がゲーム開発に復帰することを期待している。

 

杉野結衣(すぎの・ゆい):飯沼愛

アルバイト店員

その他人物

相良晶(さがら・あき):玄里

ゲーム販売やインディー開発者の手助けをするパブリッシャー。

 

緒方奏絵(おがた・かなえ):戸田菜穂

那由他と隼人の過去を知る人物。

 

緒方公哉(おがた・こうや):栁俊太郎

奏絵の息子で、那由他、隼人と共に「ダウンウェル」を開発した仲間。

まとめ

今回は、10月16日からスタートした、今年の秋の日曜劇場の新ドラマ「アトムの童」のあらすじやキャストについて紹介していきました!

次回第3話は、「10月30日」放送予定です!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください