カタールW杯日本代表メンバー発表!あの注目選手がまさかの落選!

1993年10月28日、カタール・ドーハで行われたアメリカW杯アジア最終予選で日本が後半ロスタイムにイラクに同点ゴールを決められ、掴んでいたW杯初出場のチケットが離れていきました。

この日本サッカー界最大の悲劇は「ドーハの悲劇」として語り継がれています。

それから29年が経った2022年、悲劇の地カタールでW杯が開催されることになり、ドーハの悲劇となった試合に選手としてピッチに立っていた森保一監督率いる日本代表は7大会連続7回目の出場を果たします。

そして、日本サッカー界の悲願であるW杯ベスト8を果たす為、森保監督は11月1日にW杯に挑むメンバー26人を発表しました。

今回は、カタールW杯に挑む26人の日本代表メンバーを発表していきます!

最後まで楽しんでいってください!

カタールW杯日本代表メンバー発表!

それでは早速、カタールW杯に挑む日本代表メンバー26人を、背番号、選手名、年齢、所属クラブの順で紹介していきます!

 

GK

1:川島永嗣(かわしま・えいじ):39歳 ストラスブール(フランス) 4大会連続

12:権田修一(ごんだ・しゅういち):33歳 清水エスパルス 2大会連続

23:シュミット・ダニエル:30歳 シントトロイデン(ベルギー) 初出場

    リモートワーク続きやステイホームでお家の中がガチャガチャしてきたら・・

DF

5:長友佑都(ながとも・ゆうと):36歳 FC東京 4大会連続

22:吉田麻也(よしだ・まや):34歳 シャルケ(ドイツ) 3大会連続 日本代表主将

19:酒井宏樹(さかい・ひろき):32歳 浦和レッズ 3大会連続

3:谷口彰悟(たにぐち・しょうご):31歳 川崎フロンターレ 初出場

4:板倉滉(いたくら・こう):25歳 ボルシアMG(ドイツ) 初出場

2:山根視来(やまね・みき):29歳 川崎フロンターレ 初出場

16:冨安健洋(とみやす・たけひろ):24歳 アーセナル(イングランド) 初出場

26:伊藤洋輝(いとう・ひろき):23歳 シュツットガルト(ドイツ) 初出場

MF/FW

7:柴崎岳(しばさき・がく):30歳 レガネス(スペイン) 2大会連続

6:遠藤航(えんどう・わたる):29歳 シュツットガルト(ドイツ) 2大会連続

14:伊藤純也(いとう・じゅんや):29歳 スタッド・ランス(フランス) 初出場

18:浅野拓磨(あさの・たくま):28歳 ボーフム(ドイツ) 初出場

10:南野拓実(みなみの・たくみ):27歳 モナコ(フランス) 初出場

13:森田英正(もりた・ひでまさ):27歳 スポルティング(ポルトガル) 初出場

15:鎌田大地(かまた・だいち):26歳 Eフランクフルト(ドイツ) 初出場

20:町野修斗(まちの・しゅうと):23歳 湘南ベルマーレ 初出場

24:相馬勇記(そうま・ゆうき):25歳 名古屋グランパス 初出場

9:三苫薫(みとま・かおる) 25歳 ブライトン(イングランド) 初出場

25:前田大然(まえだ・だいぜん):25歳 セルティック(スコットランド) 初出場

8:堂安律(どうあん・りつ):24歳 フライブルク(ドイツ) 初出場

21:上田綺世(うえだ・あやせ):24歳 セルクル・ブルージュ(ベルギー) 初出場

17:田中碧(たなか・あお):24歳 ドゥッセルドルフ(ドイツ) 初出場

11:久保建英(くぼ・たけふさ):21歳 レアル・ソシエダ(スペイン) 初出場

カタールW杯はあの選手が代表選出ならず!

今回は、川島選手、長友選手が4大会連続で選ばれており、主将の吉田選手も3大会連続ですが、26人中19人が初選出となっています。

特に、昨年の東京オリンピックに出場した若い世代も数多く選ばれているので楽しみですね。

その一方で、ロシアW杯のコロンビア戦で勝ち越しゴールを決めた大迫勇也選手や、ベルギー戦で日本人で初めて決勝トーナメントでゴールを決めた原口元気選手、さらに、セルティックで前田大然選手と一緒にプレーする古橋選手や旗手選手も選ばれませんでした。

特に古橋選手はセルティックで大活躍していたので、W杯メンバーに選ばれなかったことに驚きました。

また、本来はDFの中山優太選手が選ばれていましたが、メンバーが発表された直後にアキレスけんに重傷を負ったことでW杯メンバーを辞退したことで、町野選手が追加召集されました。

W杯メンバーを選ぶ際、選出された選手が負傷などにより辞退した場合、追加で召集される「バックアップメンバー」というのがありますが、大迫選手は「(W杯メンバーに選ばれた)選手の怪我を祈るなんて出来ない。」という理由でバックアップメンバーも辞退しました。

異例づくめのカタールW杯

例年なら6~7月に開催されるFIFAワールドカップですが、中東の厳しい暑さを考慮して冬に開催されました。

しかし、冬と言ってもカタールは気温が30℃を超しており、日本だと真夏と変わりません。

それに加えて、欧州主要リーグは夏開幕の秋春制となっており、リーグによっては開幕1週間前までリーグ戦を行っている為、ほとんどのチームは開幕直前にようやくメンバー全員が揃うという事態となっています。

今回選ばれた日本代表メンバーの主力選手は欧州のクラブに所属しているので、日本も開幕直前になって全員揃いました。

普段は開幕1ヶ月前に合流して合宿をするのですが、今回はどのチームもぶっつけ本番になります。

やはり中東での開催は難しかったのでしょうかね。

まとめ

今回は、カタールW杯に出場する日本代表メンバーを紹介していきました!

悲劇の地ドーハで悲願のベスト8を果たし「ドーハの歓喜」となるのか注目です!

私達は日本代表を全力で応援しましょう!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

サッカーW杯・カタール大会の試合を「楽天toto」で勝敗予想する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください