箱根駅伝2024の出場校が決定!100回目の箱根路は駒澤連覇か?青学逆襲か?

今年もいよいよ終わりが近付いてきましたね。

クリスマスやお正月など、年末年始のイベントの準備も着々に進んできています。

そしてお正月といえば、箱根駅伝ですよね!

長い歴史を誇る箱根駅伝は、2024年で100回目を迎えます。

今回は、記念すべき第100回大会となる箱根駅伝の出場校を紹介していきます!

最後まで楽しんでいってください!

箱根駅伝2024の出場校!

それでは早速、今回の箱根駅伝の出場校を紹介していきます!

シード校

駒澤大学(58年連続58回目)前回大会優勝校

中央大学(7年連続97回目)

青山学院大学(16年連続29回目)

國學院大学(8年連続17回目)

順天堂大学(13年連続65回目)

早稲田大学(48年連続93回目)

法政大学(9年連続84回目)

創価大学(5年連続7回目)

城西大学(2年連続18回目)

東洋大学(22年連続82回目)

 

広告

    「プレミアリーグ」 「ブンデスリーガ」「MLB」などについて、ライブや見逃し配信 ▶[番組スケジュール表]

    20220925_超RIZINABEMAプレミアムは、無料の動画配信サービス「Abema TV」をさらに楽しめる有料プラン。ABEMAプレミアムになると、オリジナル作品や独占配信作品が見放題に。また、CMなしでスムーズに視聴できたり、ダウンロード機能や追っかけ再生機能なども使える。今なら2週間の無料トライアル!

予選会突破校

大東文化大学(2年連続52回目)

明治大学(6年連続65回目)

帝京大学(17年連続25回目)

日本体育大学(76年連続76回目)

日本大学(4年ぶり90回目)

立教大学(2年連続29回目)

神奈川大学(2年ぶり54回目)

国士舘大学(8年連続52回目)

中央学院大学(2ねんぶり23回目)

東海大学(11年連続51回目)

東京農業大学(10年ぶり70回目)

駿河台大学(2年ぶり2回目)

山梨学院大学(4年連続37回目)

 

今回は、100回目の記念大会なので、出場校数が従来の20校から23校と増えています。

その影響なのかもしれませんが、日本大学、東京農業大学などの伝統校も久しぶりに箱根路へ帰って来ました。

東京農業大学伝統の応援「大根踊り」が、また箱根駅伝で見ることが出来るのが嬉しいですね!

広告

    DAZN(ダゾーン) スポーツ専門の動画配信サービス。サッカーや野球はもちろん、バスケットボールやダーツ、F1など、ほかではなかなか見られないスポーツも視聴できる。年間10,000試合以上のライブ中継&見逃し配信。 インターネットに接続できれば、スマホやタブレット、PCやテレビなど、幅広いデバイスで視聴可能。試合以外にもアニメやオリジナルコンテンツも配信。
    1カ月間無料トライアル中。
    ▶利用プラン/料金体系
    U-NEXT<ユーネクスト> 映画・ドラマ・アニメなどの動画は、見放題作品が30万本以上、レンタル作品が4万本以上の国内No.1配信数。様々なジャンルの作品を配信。雑誌は150誌以上、漫画や小説も70万冊以上が読める。毎月1,200円分のポイントが付与され、新作映画やドラマの視聴に使える。31日間無料トライアル中。以後は月額¥2189(税込)[←配信数を考えると他社と比較して安い] 最近はスポーツ配信や音楽ライブ配信も充実!「SPOTV NOW パック」で三笘薫選手がプレイするイングランド・プレミアリーグや、大谷翔平選手がプレイするMLBなどを、ライブ配信や試合ハイライト映像などで配信!
    今月のU-NEXTツイッター➡U-NEXT公式ツイッター 
    今月のU-NEXTブログ ➡U-NEXT公式ブログ 

    ・「小田和正 クリスマスの約束」を見る
    ・「ブギウギ」を見る
    ・「らんまん」を見る
    ・「VIVANT」を見る
    ・「M-1グランプリ」を見る
    ・「ドキュメント72時間」を見る
    ・「光る君へ」を見る

箱根駅伝2024の予選会は関東以外の地域の大学も出場!

箱根駅伝は「関東学生陸上連盟」が主催しているので、全日本学生陸上連盟が主催している出雲駅伝や全日本大学駅伝と違い、本来は関東地方の大学以外は出場することが出来ません。

しかし今回は記念大会なので、予選会には関東の大学以外の地域の大学も出場した「門戸開放」となりました。

100回目の箱根路で遂に実現した門戸開放でしたが、出場校は全て関東の大学に決まったので、関東とその他の地域のレベルの違いの差を見せ付けられた結果となりましたね。

100回目の箱根路は駒澤連覇か?青学逆襲か?

前回大会は駒澤大学が2年ぶりの総合優勝を果たし、前年の出雲駅伝、全日本大学駅伝も制していたので、大学史上初の「学生駅伝三冠」を達成しました。

この年限りで退任した大八木監督がこれまであと一歩届かなかった学生駅伝三冠のタイトルを獲得し有終の美を飾ったことは記憶に新しいですよね。

藤田監督に代わり、総監督となった大八木氏の体制になっても前年からの勢いは止まらず、今シーズンも出雲駅伝、全日本大学駅伝の二冠を制し、「2年連続大学駅伝三冠」に王手を掛けています。

その快挙に、青山学院が待ったを掛けれるかが注目です。

全日本大学駅伝は2位でしたが、優勝した駒澤大学とは3分以上差を離されていたので、駒澤がどれだけ強いのかが分かります。

原監督も駒澤の強さに脱帽していました。

しかし、何が起こるか分からないのが箱根駅伝です。

箱根駅伝に強い青山学院なので、原監督は今回も新しい作戦を考えているのかもしれませんね。

そして、駒澤、青山学院に割って入るのが、前回総合2位の中央大学です!

エースの吉居選手を筆頭に力のある選手を揃えています。

100回目の箱根路は、駒澤、青山学院、中央の3強になる可能性が高いですね。

まとめ

今回は、来年正月に行われる箱根駅伝の出場校や優勝校の予想をしていきました!

記念すべき100回目の箱根路が、今からとても楽しみです!

最後までご覧になっていただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください