大杉漣の死因の病気は?死去でぐるナイ(ゴチ)やバイプレイヤーズはどうなる?

俳優として大活躍し、最近ではタレントとしても大人気だった大杉漣さんが2018年2月21日に亡くなってしまいました。

死因は急性心不全ということですが、いきなりの知らせに多くの方が驚き、そして悲しんだのではないでしょうか。

本日はそんな大杉漣さんの死因(急性心不全)の容体がどうだったのか、また死去で現在出演中のぐるナイやバイプレイヤーズはどうなるのかなんてことを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

大杉漣のプロフィール

名前:大杉 漣(おおすぎ れん)
本名:大杉 孝
生年月日:1951年9月27日
出身:徳島県
血液型:B型
身長:178cm

大杉漣さんは1951年9月27日生まれで、2018年2月現在では66歳でした。

劇団として活躍し、俳優に転向『アウトレイジ』や『ソナチネ』などの映画にも出演し数々の賞も獲得してきた日本でもトップクラスの俳優といっても良いでしょう。

最近では『ぐるナイ』でバラエティ番組初レギュラーを務めるなどゴールデンタイムへの出演も多く、老若男女、多くの人に愛されていました。

大杉漣の死因は?

そんな大杉漣さんの死因は一体何だったのでしょう。

報道では大杉漣さんの死因は急性心不全とあります。

急性心不全とは急性心筋梗塞などの虚血性心疾患が原因となることが多く、心臓のポンプとしての働きが急速に低下することから血液の流れが滞り、呼吸ができなくなるというものです。

事前に見られるような症状も”体がだるい”や”疲れやすい”というものでそこまで重い病気だとは気づきにくいこともあります。

 

今まで大杉漣さんには病気説というものもありましたが信憑性もそこまで高いものでもなく、ガセとも言われていました。

今回の急性心不全も突然の報道だったために、いきなりのことだったと考えられます。

スポンサーリンク

ぐるナイ(ゴチ)はどうなる?

大杉漣さんが出演中のぐるナイ(ゴチ)は一体どうなるのでしょうか。

大杉漣さんは2017年1月2日のぐるナイでゴチにレギュラー出演することが決定。ゴチ史上初となるピタリ賞を獲得するなどバラエティ番組でも活躍をされていました。

おそらく番組側もこの事態は予想していなかったでしょうから現在急な対応に追われているのではないでしょうか。

もともとぐるナイ(ゴチ)はメンバーを変えて放送していましたので、大杉漣さんが抜けたところには誰かしらが入ることにはなるのでしょうが、それにしてもこのメンバー交代は悲しすぎますね。

2018年に入って新メンバーが入ったばかりのぐるナイですから今からメンバーを探すとなると少し時間がかかってしまいそうですね。

ちなみに明日は2018年2月22日はぐるナイ(ゴチ)で2時間スペシャル。大杉漣さんも出演するということでしっかりと見ることにしましょう!

バイプレイヤーズはどうなる?

現在放送中のドラマ『バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~』にも大杉漣さんが出演しています。

こちらは公式に発表があり2018年2月21日放送の分は予定通り放送されることが決まりました。

ただバイプレイヤーズはあと2話(今回分を含めると3話)残っており

そちらの放送については現在検討中とのこと。

確かにもう撮影が終わっていたとしてもそのまま放送するのは少し難しい気もしますよね。

 

今後どうなるのかはわかり次第こちらに追記したいと思います。

まとめ

以上、大杉漣さんの死去についてまとめさせて頂きました。

つい最近まで元気にバラエティ番組に出演していましたし、今でも信じられない感覚ですが、今回の件は皆さん同様、私自身非常に辛く悲しい気持ちでいっぱいです。

この場を借りて慎んでご冥福をお祈りいたします。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です