【カップヌードルCM】アオハルのハイジがきもいしブスで嫌いと不評?

『魔女の宅急便』と日清とのコラボで話題となった『HUNGRY DAYS』のカップヌードルのCMですが、

9月から新たに『アルプスの少女ハイジ』とコラボした新CMが公開放送されました。

そのCMが「もし、ハイジとクララが現代の高校生だったら」という設定で

「世界観が好きじゃない。」「違和感しかない。」など不評の声も多いんです。

そこで本日はそのCM動画とともに批判の原因を探っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

こちらがカップヌードルCM『HUNGRY DAYS ハイジ 篇』

登場人物は16歳の高校生となったハイジクララペーターの3人。

この世界ではクララが読者モデルを務めており、”高嶺の花”的な存在に

ハイジはそんなクララに密かに憧れを持っており、「どうして私はクララじゃないんだろう…」と思春期ならではの悩みを抱えています。

ペーターに「私なんか。。」と悩みを打ち明けようとすると、ペーターが「いまのハイジが好きだ」と告白!

 

いや〜、ペーターイケメンになりましたね!まさにアオハル(青春)って感じのCMです。

このCMが嫌い、きもい、ブスなど不評の声も…

この『アルプスの少女ハイジ 篇』のアオハルCMですが、賛否両論なようで「嫌い」の声が多発しています。

原因としては、世界観が好きじゃないという意見が多く、

アルプスの少女”ハイジなのに日本が舞台になっていることで違和感を覚える人が多いようですね。

 

また、「なんでわざわざハイジにしたのか」、「ハイジにしなくてもよかったのでは?」という声も上がっています。

もともとハイジが好きだった人からしてみたら、変に恋愛感が強く現代風になっているこのCMは受け入れられないようです。

 

スポンサーリンク

魔女の宅急便のアオハルCM

『アルプスの少女 篇』の前作がこの『魔女の宅急便 篇』

こちらも放送された時なかなかの不評が集まりました。

特に多かったのが、「キキが可愛くない、ブス」「このキキのキャラが嫌い」というもの。

 

オリジナルの作品ならともかく、もともと人気のあった魔女の宅急便だったために

”キキのイメージ”を崩されてしまったことに怒りを感じた人が多いようです。

まとめ

賛否両論のこれらのCMですが、原作のファンからするとあまりいただけないよう。

このCMはこれ、原作は原作と割り切ってみればこの作品自体はしっかりと作り込まれているので楽しめるんじゃないかと思います!

あと毎回思うんですけど、このCMに出てくる男の子は原作よりイケメンになってますよね。笑

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です