ドラマ【シグナル】3話ネタバレ(あらすじ)と感想!娘役の女優は誰?

ドラマ「シグナル」は、第3話まで迎えました。

過去で起きた連続殺人事件の被害女性は救えるのか、過去を変える事で、未来は変わるのか。

その、シグナル第3話のあらすじ(観てない方はネタバレになります。)を紹介します!!

 

スポンサーリンク

シグナル第3話あらすじ(ネタバレ)

桜井美咲(吉瀬美智子)が率いる「未解決事件捜査班」に配属が決まった三枝健人(坂口健太郎)は、1997年に起きた「連続殺人事件」を再捜査する事になった。

捜査をしていく中ある日、またトランシーバーから通信が来たのだ、その相手は1997年時代の大山からだった。

会話をしてく内に、連続殺人事件の捜査の渦中にいたのだ。

健人は、次の被害者である5人目の女性が被害に遭う日時、場所を教えると2018年の捜査資料に記載されてる「遺体発見」が、「未遂」に変わり、次の被害者の日時と犯行現場が早まったのだ。

そして、捜査を進めて行くに連れて、それぞれある共通点が存在した。

それは、犯行現場がバスの路線の近く。

という事が分かった。

早速、三枝健人と桜井美咲はそのバス会社に行き、当時その路線を担当していた田中に会いに行ったのだが、田中は既に退職しており話しを聞く事が出来なかった。

だが、当時から仲が良かった八代英子はまだ会社に属しており、その八代英子に話しを聞こうとしたのだが、八代英子も早退してしまったのだ。

そこで、三枝健人と桜井美咲は八代英子に会いに八代英子が住んでいるアパートに向ったのだが、開いている窓を覗き込むと室内が荒らされているのが見えたのだ。

鍵も空いており、桜井美咲は室内に入ると、そこには、手足が縛られ、倒れている女性がいたのだ。

すると、三枝健人がポツリと一言。

「この縛り方…同じだ。同じ犯人だ…。」

そう、21年の時を経てまた新たな犠牲者が出たのだ。

捜査を再開した事で犯行がまた再開した可能性があるとして、上からの命令で未解決事件捜査班は

この件から外されたのである。

だが、三枝は諦めなかった。

過去に繋がるトランシーバーでなんとか被害者を無くそうと思い、トランシーバーが繋がる時間23時23分を待ち大山と通信したのであった。

大山に連絡を取り、次の被害者は大山と、面識のある北野みどりと伝えたのであった。

果たして、大山は北野みどりを救える事が出来るのか。

ドラマ【シグナル】 感想

21年の時を経て再び殺人をした犯人。

何故また犯行を行ったのか、捜査を再開された可能性が有るのにも関わらず殺人を犯した理由は何なのか?何故、トランシーバーは23時23分でしか繋がらないのか。

やはり、謎が謎を呼ぶドラマですね。

果たして、北野みどりは救える事が出来るのか。そこに注目したいですね。

スポンサーリンク

ドラマ【シグナル】第4話 予想

やはり注目すべき点は、北野みどりを救える事が出来るのか。

大山にとっても健人にとっても、ここがターニングポイントなのかなと私は思います。

そして、過去と繋がるトランシーバーの存在を、第3者に教えそうな気がします。

その第3者とは、桜井美咲ではないかと、、。

兎にも角にも1つのやりとり、1つの出来事、全ての事が見逃せない シグナル。

第3話の動向に注目です!

ドラマ【シグナル】第3話の被害者の娘役の女優は誰?

過去を変えたことで被害者であった妊娠中の女性が助かりました。

このことによって未来が動き、生まれるはずのなかった少女の姿が。

家族の写真を見せるなど出演時間の割に存在感を発揮した娘役の彼女ですが、一体誰なのでしょうか。

調べてみると”佐藤玲”さんという女優さんということが判明!

玲と書いて「りょう」と読みます!

CMや映画など今活躍の幅をどんどん広げている注目の女優さんなので、知らなかった人は要チェックですよ!

 ドラマ【シグナル】3話ネタバレ(あらすじ)と感想!娘役の女優は誰?:まとめ

以上、ドラマ【シグナル】3話のネタバレ(あらすじ)と感想でした!

次回の見所はやっぱり”北野みどり”を救えるかということ。

しかしもし救ってしまったら大山さん(北村一輝)と桜井さん(吉瀬美智子)の関係も変わってきそうですね…。

その辺もどうなるのか。今後の展開が楽しみです!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です