『椿町ロンリープラネット』11巻の発売日情報と10巻のあらすじ・感想

「椿町ロンリープラネット」はやまもり美香先生が「マーガレットコミックス」(集英社)で2015年12月から連載されています。

コミックスは全10巻発売中です。

やまもり先生とても絵が綺麗で、ストーリーも面白いです。

映画化されている作品もあり、今大変人気の作家さんです。

最新刊10巻は2018年3月に発売されています。

9巻で不安が爆発してしまったふみは金石に頼っていましたが、これからの同棲生活はどうなるのでしょうか?

スポンサーリンク

『椿町ロンリープラネット』11巻の発売日情報

『椿町ロンリープラネット』 11巻の発売日は2018年7月25日の予定となっております。

10巻は3月に発売されているのでおよそ4ヶ月スパンでの発売となりますね!

『椿町ロンリープラネット』10巻のあらすじ

女担当者:畝田が先生の事を好きだとしってしまったふみは、不安に潰れてしまい家を飛び出した。

偶然会った悟郎はふみを何も言わずに気持ちが落ち着くまでいていいと言い、自分の家に連れてきた。

一方、ふみが喜ぶのではと思い、新しい仕事を受け、畝田が勧めたコスメをプレゼントした暁は、ふみがなぜ怒っているのか何を考えているのか分からずにいた。

仕事から帰りふみを探していると、悟郎が暁に心配かけないようふみは家にいる事を話した。

暁はふみの気持ちが理解できない苛立ちからか投げやりになってしまう。

見かねた悟郎は「暁にもう遠慮はしない、ふみちゃんを任せられない」と言い、しばらくの間ふみとの生活を始める事になり…?!

スポンサーリンク

『椿町ロンリープラネット』10巻の感想

暁先生今回もあざとさ全開でした。

天然ジゴロとやまもり先生表現されていますが、本当その通りのキャラクターですね。

ふみの先生に対するドキドキの空気感にはキュンとします。

今回ふみのプチ家出により、暁先生は自分の気持ちがはっきり分かった様子でした。

ふみに気持ちを伝えているシーンがありましたが、こんな風に思ってくれているなら泣いてしまうにきまってます。

本当に素敵でした。

『椿町ロンリープラネット』の考察

最後に久しぶりのお父さん登場シーンがあったのであの突拍子もないお父さんの事ですからひょっこりと表れてふみの生活をこわしてしまうのではと考えてしまいました。

晴れて思いが通じ合いこれからもっとラブラブになるのかなとワクワクしている所なのでもしそんな事になったらとても悲しいですよね。

私の勝手な希望としては、よりあざとさ全開の先生とふみのラブラブな生活が見たいです。

小説家だからか言葉選びが素敵でドキドキすること言うんですよね。

ふみのプチ家出も終了するでしょうし、さらに絆がつよまった二人がこれからどんな生活をしていくのか気になる所です。

まとめ

やまもり先生の書く作品はとても絵が綺麗ですので出てくるキャラクター本当に美しいです。

ふみと暁先生のラブシーンは特に艶やかな表情になりとても綺麗でドキドキしてしまいます。

10巻と長く感じるかもしれませんが全く飽きる事もなく、きっと椿町ロンリープラネットの世界に引き込まれると思います。

優しくてピュアな年の差ラブ、美形好きの方には特に読んでもらいたいオススメの作品です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です