『幸色のワンルーム』5巻の発売日情報と4巻のあらすじ(ネタバレ)・感想

「幸色のワンルーム」は、はくり先生が無料漫画サイトPixivコミックで2017年2月から連載されました。

実写ドラマ化が決定しており、2018年7月8日から放送されます。

Pixiv累計75万部以上、WEB漫画総選挙で3位を受賞しているPixiv・Twitterで異例とも言える程の人気作品です。

ラブストーリーでもない、家族愛でも友情でもない「幸」と「お兄さん」の間でしか成立しない関係と作者は語っています。

幸とお兄さんの結婚式はどうなるのでしょうか?

お兄さんが誘拐した本当の理由とはなんなのでしょうか?

これからの展開が気になりますね。

本日はそんな「幸色のワンルーム」の5巻の発売日情報から、現在発売されている中での最新刊4巻のあらすじ・感想までまとめたのでぜひ楽しんで行ってください!

スポンサードリンク

『幸色のワンルーム』5巻の発売日情報

『幸色のワンルーム』5巻の発売日は2018年9月22日となっています。


アニメイト限定セットでケース入りL版ブロマイド8枚セットがついてくるということなので、欲しい方は予約をしておきましょう!

『幸色のワンルーム』4巻のあらすじ

数か月前の朝、人とぶつかった幸がよろけてお兄さんにぶつかったのが出会いだった。

お兄さんの携帯が落ちてしまったにも関わらず、謝る事も拾いもしない幸にお兄さんも咎めはしなかった。

お兄さんは親同然の大事な人を無くし、何事にも無気力になり日雇いのバイトでその日暮らししていた。

死にたいと考えていると、通りすがりにいじめの罵声が聞こえると、そこには今朝ぶつかってきた幸が同級生に水をかけられいじめをうけていて…?!

『幸色のワンルーム』4巻の感想

4巻でなぜお兄さんが誘拐したのか・なぜストーカーするようになったのかの経緯が書かれていました。

お兄さんの大事な人がだれなのかは明らかにはなっていませんが、お兄さんにとって大事な人を無くしたので生きる目的を失っていたのは確かでした。

幸の親は、虐待し鎖に繋ぎ、幸の自由をうばっておいて、世間体を優先し行方不明の幸を警察と探偵に探させれば可愛そうな親だと自分の罪を隠せると思っているのでしょうか。

幸の中で喜び・悲しみ・怒り・痛みなどの麻痺していた感情をお兄さんが芽生えさせてほしいですね。

幸とお兄さんは状況的に狂った感じはありましたが、二人でいる事で生きる意味を保っているような、かけがえのない存在に変化していっている感じがしました。

フィクションなのに本当にありそうなリアルな話で、毎巻見入っています。

スポンサードリンク

『幸色のワンルーム』の考察

敏腕探偵がお兄さんにたどり着きそうでしたので、探偵とお兄さんがどういう出会いになるかがわかるのではと思います。

探偵がどのように動くかで状況はかなり変わるのではと思います。

探偵も過去に訳アリのようですし、探偵がお兄さんと幸の味方になってくれたらいいのにと思ってしまいますが、あくまで依頼で捜索されているので現実はどうなっていくのでしょう。

虐待されている事にも気付いているようですし、人がよさそうな所からこのまま虐待されているとわかっている家に帰すとも考えにくいのではと勝手に思っていますが、どうなるのか気になる所ですね。

『幸色のワンルーム』5巻の発売日情報と4巻のあらすじ(ネタバレ)・感想:まとめ

暴力毒親、淫行教師、虐める同級生などからやっと解放された自由を満喫してもらいたいですが、捜索されている以上、ずっとこのままなわけにもいかないですよね。

どんな形で幸とお兄さんは生きていくのでしょう。

誘拐犯と被害者という形上の事実だけをみている人達に捕まらない事を望みます。

人間ドラマ好きの方には目が離せない是非読んでもらいたい作品です。

歪な愛情物語これからも要チェックです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です