『この世界の片隅に』第4話のあらすじと感想!無料で視聴する方法も紹介

遂に放送!原作は累計120万部を突破した、こうの史代さんの「この世界の片隅に」(双葉社刊)が映画化を経て、遂にTBSでドラマ化されることとなりました!!!!(感涙)

漫画、映画と大ヒットした本作。

ドラマ化されるにあたり、視聴者のハードルはかなり高いこと間違いなしです。

auのCMでもおなじみの女優「松本穂香さん」、数々のヒット作に出演している「松坂桃李さん」が主演を務めます。

リンと周作の関係は…?

人間関係も複雑化してきた第4話のあらすじと感想、そして第5話の予想をまとめました!

スポンサーリンク

『この世界の片隅に』4話のあらすじ

すず(松本穂香)は畑から見える呉湾をスケッチしていた。

しかしたまたま通りかかった憲兵から、すずのスケッチはスパイ行為だと厳しく詰められてします。

憲兵のあまりの剣幕とその恐怖にすずはショックで寝込んでしまう。

その夜、家族は体調の悪いすずを心配する。

夏バテや疲れではないかと話していると、父  円太郎(田口トモロヲ)はすずに子供ができたのでは?と言い出し…

翌日、すずは病院の帰り道に朝日遊郭を訪れ、リン(二階堂ふみ)と再会する。

二人は世間話に花を咲かせるが…

『この世界の片隅に』4話の感想

今回の第4話は是非ともリンを演じる二階堂ふみさんに注目して頂きたいです!

二階堂ふみさんの美貌にネットもざわついているようです…!

とても美しく、どこか影があるリンをばっちり演じられていますね。

アニメのリンを超えた!なんて声もあるようです。

そして、周作とリンの関係が…気になりますね…

すずも何か気づいてしまったようですが、これからどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

『この世界の片隅に』第3話を無料で視聴する方法

放送から1週間以内の動画無料視聴の方法

『この世界の片隅に』第4話は放送後1週間以内であれば「Tver」で視聴することができます。

『この世界の片隅に』第4話は2018年8月5日(日)ですので

2018年8月12日(日)20時59分までは「Tver」を利用して視聴しましょう!

『TVer(ティーバー)』はこちらから観ることができます。

放送から1週間以上経ってからの動画無料視聴の方法

放送から1週間以上経っている場合は『TVer』で視聴することができません。

しかしそんな方でも大丈夫。

Paraviを利用すれば『この世界の片隅に』をお得に見ることができちゃいます!

『Paravi(パラビ)』はこちらから観ることができます。

Paraviは現在無料キャンペーンを行なっており、登録月は無料で体験することができるので『この世界の片隅に』を見たい方は是非利用してください!

『この世界の片隅に』5話の予想

5話ではあの水原が戻ってきます!

すずが昔に淡い恋心を抱いていた水原と再会を遂げます…

リンと周作、すずと水原、4人の人間関係の行方に進展があるのかどうか!

すずと水原の雰囲気にこちらもドキドキしてしまいます…。

まとめ

これまでは戦争の色が濃くなったり、すずが周作の家族との関係に悩む姿が印象的でしたが、

いよいよリン、周作の謎の関係性が明らかになってきましたね…

映画ではあまり描かれなかった複雑な人間関係にも注目です!

今後戦争はどうなるのか、二人の関係はどうなるのか…楽しみですね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です