「義母と娘のブルース」第6話あらすじや感想!動画を無料視聴する方法も!

毎週火曜日夜10時よりTBS 系で放送されている綾瀬はるか主演の「義母と娘のブルース」。

その第6話が、2018年8月14日に放送されました。

第5話では、良一(竹野内豊)が入院する事になり亜希子(綾瀬はるか)が代わりに会社に出勤し、良一の査定がキープできるようプレゼンを成功させるため奮闘します。

良一は治療に専念し、みゆき(横溝菜帆)は家事を助け、それぞれ一生懸命1日1日を生きていきます。

その結果、良一は検査結果も良好で、退院することができ、家路に着く姿はすっかり家族でした。

そして、良一は、3人で家族写真を撮る事を提案し、ウエディングドレスを選びに行きます…。

今回はその後がとても気になる第6話を紹介します。

この記事はネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

義母と娘のブルース 第6話 あらすじ【前半】

2009年9月―。

学校で先生に呼び止められたみゆきは、父親が亡くなったことを知らされ、帰宅する。

無言の帰宅をした良一を目の前にして、「これは何の冗談でしょうかね。」と呟く亜希子に、「冗談って?」と尋ねるみゆきだった。

葬式の準備を慌ただしく行う亜希子、それを気遣うみゆき。

そして、お通夜でも、亜希子もみゆきも普段どおりに気丈に振る舞うのだった。

そんな中、「亜希子さんは、お嬢さんをこのまま育てていくのか」という心無い言葉を聞き、みゆきは不安になる。

亜希子の様子を見て下山さん(麻生祐未)は、「あんたの役目はそんな事じゃないだろ。悲しむことだよ。みゆきちゃんと一緒に。あんたのやっている事は形ばっかりで供養にも何にもなっていないよ。」と叱咤される。

大樹(大智)にもみゆきがおかしいと言われ、亜希子はみゆきの所に急いで行くのだった。

自立しないと、と言いお通夜の片付けをするみゆきを見て、やっと気持ちに気づいた亜希子はみゆきを抱きしめ、「私は良一さんがとても好きでした。パパは陽だまりのような人でしたね。暖かくて側にいると時間がゆっくりと流れて行くような…。私たちどうしましょうか。みゆきちゃんどうしたらいいのでしょうね。みゆきちゃん…。」と涙を流し本音を打ち明けた。

そして「どうしたら良一さんがいるような楽しいおうちを作れるのでしょうね。私にはビジョンが見えません。だから、一緒に プランを考えてくれますか?」と亜希子らしい言い方でみゆきと一緒にこれからも暮らしていきたいと告げるのだった。

みゆきは「お母さん…お母さん…お母さん…。」と初めて亜希子の事をお母さんと呼び、大粒の涙を流すのだった。

次の日の告別式の日も、良一への思いが溢れ出した亜希子はずっと泣いていたのだった。

良一は荼毘(だび)に付され、帰路に着く2人。

その時、みゆきは亜希子がお通夜のとき冗談だと言っていた事を何故かと尋ねた。

良一は、亡くなる直前に「亜希子さんとみゆきはお揃いの白いドレスで僕はバリッと黒いタキシードで」と言い、家族写真を撮る計画をしていた事を亜希子はみゆきに思い出しながら語るのだった。

しかし、現実は亜希子達は黒の喪服で、良一は白の着物で色が逆になってしまったからだと答えるのだった。

翌朝、うっかり3人分の朝食を作ってしまった亜希子。

しかし、そんな亜希子の表情は、これまでの堅かった亜希子とはうってかわって自然に柔らかくなっていた。

みゆきは「これもパパのくれた奇跡だね」と言って、二人で朗らかに笑いあった。

二人は小さな奇跡を拾い集めながら暮らすのだった。

義母と娘のブルース 第6話 あらすじ【後半】

9年後、みゆき (上白石萌歌) は、高校3年生になっていた。

2人は、“お母さん”“みゆき” と呼び合い、「箸使いと姿勢はビジネスの基本スキル、とりあえず押さえておけ」という亜希子の教えを守り、教師からも一目おかれるような高校生に成長していた。

ある日、スーパーで働くママ友の 晴美 (奥貫薫) からお買い得情報が入り買い物に行った亜希子は、みゆきの大学進学に関して聞かれる。

大学は青春を謳歌するために行くのだから受かったところで良いと考えていた亜希子は、「今は将来何をしたいか、そのためにどこに行ったらいいのか考えて受験する」 と晴美から聞かされ亜希子はみゆきの将来を考え始めるのだった。

その帰り道、亜希子が老人とベーカリー麦田の前を通りかかると、従業員募集の張り紙がしてあった。

しかし余りにも閑散としていたためここのビジネスは成り立っているのかと疑問に思う。

一方、みゆきは、良い大学に受かれば亜希子が喜んでくれると信じ、そのためにもいい大学を受験しようと気持ちはあったが、テストの成績は伸び悩んでいた。

晴美の助言もあって、亜希子はみゆきが自分の将来についてどのように考えているのか、どんな仕事に就きたいと考えているのか聞いてみた。

「できればお母さんのようになりたい」 と言うみゆきだが、それは企業の営業職かと思いきや、現在亜希子がしているデイトレードのことだった。

楽しく儲けたいと言うみゆきは、亜希子と一緒にデイトレードをやりたいと言い、とりあえず受験を頑張ると告げるのだった。

「子供にとって一番大切なのは、親が温かく見守ると思っていることだと、貯蓄をベースに不足分を投資のリターンで補う形でやってきたのですが、それがみゆきちゃんに、楽して儲けていく道があると錯覚させてしまったのですかね。どうしたものですかね良一さん…。」と良一の写真に話しかける亜希子だった。

昼間、老人からもらったベーカリー麦田のあんパンを食べて、お店が成功する未来が見えた亜希子は、みゆきに仕事の尊さを教えるためにも、ベーカリー麦田に就職する事を決意する。

翌日、亜希子はベーカリー麦田に面接に行き、店長の麦田(佐藤健)に税務署の人と間違えられてしまうが、あんパンが絶品だったと伝え、第2の“キムタヤ”になると確信していると店長の麦田に語るのだった。

そして、亜希子は即採用されることになり、敵の視察をしていた。

亜希子がベーカリー麦田で働く事になった事を知った下山は、彼が一年間家賃が未納だという事実を伝える。

下山は麦田の破茶滅茶な過去を暴露し、働くなら他の所にした方がいいと助言するが、亜希子は潰れかかった店を再生し再ブレイクさせる事に仕事の本質があると断言する。

一方 、みゆきは幼なじみの大樹(井之脇 海)と再会していた。

最近の奇跡は大樹がしてくれた事だと知り、驚くみゆき。

帰宅したみゆきに亜希子は仕事をする事を伝えたが、みゆきは大樹の件でうわの空だった。

そんなみゆきにはまず自分が働く姿を見せる事だと思った亜希子は、パンの研究を熱心にするのだった。

翌朝、徹夜明けの亜希子にみゆきは日直だからと早めに学校に出かける。

それは、大樹に9年前のお礼を言うためだったが、みゆきは大樹に「俺はみゆきが好きで、勝手にやってただけだから」と告白されるのだった。

そして、良一に行ってきますと言い、亜希子は初出勤するのだったー。

スポンサーリンク

義母と娘のブルース第6話 感想

第5話では、もしかしたら良一さんが10年後も生きているかもと少しは期待していた私は、あまりにもショックで、涙が止まりませんでした。

検査結果は良かったはずなのに…何故?と亜希子さんの気持ちになってしまいました。

それから、亜希子さんの本音が分かって、また、みゆきちゃんがお母さんと呼んでくれてどんなに嬉しかったかと思うとまた涙…。

せめて、白いお揃いのドレスを着て、家族写真を撮らせてあげて欲しかったです。

そして場面は、9年後になってしまいました。

子どもたちも成長しましたね。

それとともに亜希子さんにも変化が…?

まだ涙が出ていたので、ボタンが飛んでしまったシーンは泣き笑いになってしまいました。

いつもみゆきを温かく見守っていた亜希子さんは、朗らかな表情になっていて本当に素敵な母親ですよね。

『義母と娘のブルース』第6話を無料で視聴する方法

放送から1週間以内の動画無料視聴の方法

『義母と娘のブルース』第6話は放送後1週間以内であれば「Tver」で視聴することができます。

『義母と娘のブルース』第6話の放送は2018年8月14日(火)ですので

2018年8月21日(火)21時59分までは「Tver」を利用して視聴しましょう!

『TVer(ティーバー)』はこちらから観ることができます。

放送から1週間以上経ってからの動画無料視聴の方法

放送から1週間以上経っている場合は『TVer』で視聴することができません。

しかしそんな方でも大丈夫。

Paraviを利用すれば『義母と娘のブルース』をお得に見ることができちゃいます!

『Paravi(パラビ)』はこちらから観ることができます。

Paraviは現在無料キャンペーンを行なっており、登録月は無料で体験することができるので『義母と娘のブルース』を見たい方は是非利用してください!

まとめ

佐藤健さんは、前半は霊柩車の運転手、後半は親の跡を継いで麦田ベーカリーの店長役で出演していました。

面接をおこなう店長の麦田が、聞き間違い、言い間違いが多くて面白かったですよね。

亜希子さんがキャリアウーマンだった頃の知識を生かして「ベーカリー麦田」の立て直しを、どのようにしていくのか楽しみですね。

そして次回予告。みゆきと亜希子の親子関係をえぐることになるとは…?

来週の『義母と娘のブルース』第7話は2018年8月21日TBS系で放送されます。

どんな奇跡があるのか!どうぞお見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です