「チア☆ダン」第6話のあらすじや感想!無料で視聴する方法も紹介!

毎週金曜日夜10時時よりTBS系で放送されている土屋太鳳主演の『チア☆ダン』

その第6話が2018年8月17日に放送されました。

先週の第5話では、チアダンス部の部室が荒らされる事件が勃発!それがチアリーダー部の仕業だったため、争いが始まってしまいます。

チアリーダー部の望(堀田真由)とちゃんと向き合わなかった事を後悔していたわかば(土屋太鳳)は約束を守らなかった事を謝り、望達と一緒に踊りたかったと打ち明けます。

福西祭が雨だったため、毎年恒例のチアリーダー部と吹奏楽部の演技が中止になり、わかばは『チアスピリット』に従って体育館を譲ります。

始めは意固地になっていた望だが、演技をする事を決心し心が打ち解け、チアダンス部に謝罪します。

チアダンス部とチアリーダー部は和解し、一緒に踊ることができました。

一方、太郎(オダギリジョー)はコーチが必要と考え、わかばの姉・あおい(新木優子)がコーチとなります。

そんな中、太郎は帰る途中に事故に遭ってしまい…。

今回は、第6話のあらすじ、感想を紹介します。

この記事は、第6話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

チア☆ダン第6話 あらすじ 【前半】

事故に遭い病院に運ばれた太郎は、心配してかけつけた『ROCKETS』のメンバー達に笑顔を作り、安心させようとした。

わかば達は元気そうな太郎に安心したが、琴(志田彩良)だけは本当に大丈夫かと気づいていた。

そして、あおいが『ROCKETS』のコーチに就任し、さらに練習に熱が入る。
あおいは、本気で『JETS』に勝負するなら20人前後のメンバーが必要だと助言し、わかばは部員集めをしないといけないと悩んでいた。

太郎の入院中、顧問がいなくなったチアダンス部を、心配する校長(阿川佐和子)たち教員をよそに自分たちだけで大丈夫だと言い切る『ROCKETS』のメンバー達。

そんな中、穂香(箭内夢菜)が練習中に足を捻挫してしまい、それを知った穂香の父(宍戸開)は大激怒し、チアダンス部の保護者を連れて校長室に怒鳴り込んでくる。

顧問が不在な事が問題だと声を荒げる穂香の父は、代わりとなる顧問を見つけられないなら、チアダンス部を廃部にするよう訴える。

校長は1週間で結論を出すことを約束する。

それを知った『ROCKETS』のメンバー達は、太郎に相談するため病院に行こうとするが、わかばは太郎に心配かけないでおこうと阻止する。

校長にチアダンス部が存続か廃部かの判断を委ねられた教頭だったが娘の麻子(佐久間由衣)のチアダンスへの熱い想いを聞き迷うのだった。

また、太郎のお見舞いに行ったわかばと琴は、太郎の怪我が重い事を知り、ショックをうける。

帰り道、公園で「自分から一歩踏み出したのは初めて」とわかばに誘われて嬉しかったと語る琴だった。

チア☆ダン第6話 あらすじ【後半】

ある日、登校するわかばを、太郎の妻(松本若菜)が待っていた。

太郎の妻は、太郎の事を黙っていたことを謝り、太郎の『ROCKETS』への想いが詰まったノートを手渡した。

そのノートは、チアダンスの事や、『JETS』のダンスはなぜ人の心を打つのかが詳しく書かれていたのを見てわかばは、太郎の『ROCKETS』への想いが溢れているのがわかり、涙が止まらなかった。

泣くのをこらえているわかばを見た幼なじみの春馬(清水尋也)は、「本物の笑顔でないと意味がない」「泣きたい時は思いっきり泣けばいい」と励ます。

そして、わかばは、『ROCKETS』のメンバー達に事実を伝え、太郎のノートとチアダンスの動きが詳しく書かれた『チアダン図解』を渡した。

そんな中、教頭は太郎が何故教師をしているのか尋ねるため病室に訪れていた。

太郎の「どんな時も奇跡を信じて前に突き進んで行こうとする彼女達を見てもう何があっても逃げるのはよそうと…。あの子達の夢が僕の夢なので…。」という想いを聞き何かを感じ帰る教頭だった。

その時、病室の下では音楽とともに『ROCKETS』がチアダンスを踊り始めていた。

妻は窓を開け、『ROCKETS』のチアダンスを見つめ、「みんな踊ってる…でも…」と太郎に伝える。

全員泣いている事がわかった太郎は、「泣いたら減点や」と呟く。

『ROCKETS』に励まされた太郎はリハビリを頑張ろうと思うのだった。

そして、一週間が経ち…。

チアダンス部の親達が集まり、話し合いが始まる頃、チアダンス部の部室に思いがけない事が起こっていた。

それは、チアリーダー部全員がチアダンスに入部を希望してきたのだった。

『ROCKETS』メンバー全員が賛成したため、チアダンス部は20人となり会議室に廃部を阻止しに行く。

「チアダンス部の活動をさせて下さい」と頼む『ROCKETS』の20人。

顧問がいない事を理由に反対する穂香の父だったが、教頭が顧問代理をすることとなり、チアダンス部は活動継続する事が決まったのだった。

スポンサーリンク

『チアダン』第6話を無料で視聴する方法

放送から1週間以内の動画無料視聴の方法

『チアダン』第6話は放送後1週間以内であれば「Tver」で視聴することができます。

『チアダン』第6話の放送は2018年8月17日(金)ですので

2018年8月24日(金)21時59分までは「Tver」を利用して視聴しましょう!

『TVer(ティーバー)』はこちらから観ることができます。

放送から1週間以上経ってからの動画無料視聴の方法

放送から1週間以上経っている場合は『TVer』で視聴することができません。

しかしそんな方でも大丈夫。

Paraviを利用すれば『チアダン』をお得に見ることができちゃいます!

『Paravi(パラビ)』はこちらから観ることができます。

Paraviは現在無料キャンペーンを行なっており、登録月は無料で体験することができるので『チアダン』を見たい方は是非利用してください!

チア☆ダンス第6話 感想

太郎先生の怪我の状態は深刻なようでとても心配ですね。

今回は太郎先生の『ROCKETS』への想いが溢れていてジーンときました。

教頭先生に『ROCKETS』の夢が僕の夢という言葉に感動しました。

そして、『ROCKETS』が病院でチアダンスを踊るシーン、まさに『チア・スピリット』だと思いました。

テレビの前でも伝わってきて応援されているような気持ちになり元気をもらいました。

教頭先生が顧問代理になって、『ROCKETS』の活動が存続されて良かったです。

チア☆ダン まとめ

打倒『JETS』全米制覇!という夢に向かって走り出した『ROCKETS』20人。

これからどんな困難にぶつかり、どこまで成長する事が出来るのでしょうか。

果たして全米制覇という夢は達成できるのでしょうか?

これからも沢山の人を応援し、元気にして欲しいと思います。

『ROCKETS』ならそれが出来ると信じています。

来週の『チア☆ダン』第7話は2018年8月24日に放送されます。

皆さんも是非、『ROCKETS』の夢を応援しましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です