チア☆ダン第7話のあらすじや感想!動画を無料視聴する方法も紹介!

毎週金曜日夜10時からTBS系で放送されている土屋太鳳主演の『チア☆ダン』

その第7話が、2018年8月24日に放送されました。

先週の第6話では、太郎(オダギリジョー)が事故に遭ってしまい、顧問がいなくなってしまったチアダンス部は廃部の危機に追い込まれてしまいます。

一方、太郎は『ROCKETS』への想いが溢れたノートと『チアダン図解』を妻に託します。

怪我が重くリハビリに数ヶ月かかる太郎を励ますため、『ROCKETS』は、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」に合わせて踊ります。

『ROCKETS』は福井大会の時より上達していましたが、みんなの目には涙が溢れていました。

太郎は「減点や」と呟き、リハビリを頑張る事を決心します。

教頭が顧問代理をすることになり、チアダンス部は存続する事が決定しました。

部員も20人となった『ROCKETS』は新たに「打倒JETS!全米制覇‼︎」という夢に向かって走り出します。

今回は第7話のあらすじ、感想を紹介します。

この記事は第7話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサーリンク

チア☆ダン第7話 あらすじ【前半】

2019年春―。

『ROCKETS』結成から9ヶ月が経ち、わかば(土屋太鳳)は高校3年生になった。

できっこない夢を叶えるため『ROCKETS』は日々チアダンスに全力を注いでいた。

『北信越 チャレンジカップ』まで あと22日!となった日、コーチのあおい(新木優子)も指導に熱が入っていた。

『ROCKETS』は、太郎のノートを見て、『JETS』が出ない大会で優勝できないはずがないと、『北信越 チャレンジカップ』で優勝することを誓い合うのだった。

その時、部室に入ってきたチアダンス部顧問代理の教頭は、「その通りです」と言い、24時間チアダンスに時間を注げるくらいの覚悟がいると叱咤激励し、チアダンス部に「恋愛禁止」を言い渡す。

『ROCKETS』の部員は、その意見に不満が多いようだが、麻子(佐久間由衣)は時間の無駄だと言い放つ。

帰る途中も、『ROCKETS』の部員たちは、『JETS』も恋愛禁止だったら仕方ないと話し合う最中にも、汐里(石井杏奈)は春馬(清水尋也)を見て黄色い声援を送る始末。

その姿を見てため息をつく麻子の前に突然、一学年下の男子生徒の水嶋(遠藤健慎)が現れ、連絡先が書いてあるラブレターを渡す。

動揺した麻子は、塾に急いで行ってしまう。

一方、妙子(大友花恋)の父親が腰を痛めてしまい、お店を手伝わなくてはいけなくなった妙子は、練習になかなか顔を出せなくなる事を『ROCKETS』のメンバー達に謝る。

「ごめん」と何度も言う妙子に、「ごめんは禁止」と励ますわかばだった。

望(堀田真由)が恋愛に熱が入っているのが気にいらない穂香(箭内夢菜)は自分の恋愛論について語り出す。

呆れる『ROCKETS』のメンバー達だったが、差し入れを持ってきた校長は、穂香に恋愛論について助言する。

そんな校長に麻子は、「今は余計なことに時間を使っている場合じゃない」と恋愛禁止を強調するが、校長は恋愛に自然にするものだと教える。

帰り道、麻子は渚(朝比奈 彩)と美術部の有紀(八木莉可子)に横断幕を一緒に考えてくれた後輩の水嶋にお礼の連絡をしておいてと頼まれる。

その頃、部員に陰口に叩かれていた春馬をわかばが励まそうとした時、汐里は「ハルの気持ちが分かる」と放っておいた方がいいと言い、「ハルの事を一番わかる人でいたい」と打ち明ける。

汐里に、「ハルのこと好き?」と聞かれたわかばは、好きだけど恋愛感情はないと戸惑いながら言うのだった。

それからも、練習に励む『ROCKETS』一同だったが、練習にあまり来れない妙子は、だんだん周りとの差が出てきてしまう。

自分でも自己嫌悪の妙子だったが、ROCKESの優勝の為には妙子を大会に出さない方がいいというみんなの意見を聞いてしまった妙子は、大会に出ない事を決意し、『ROCKETS』のみんなに伝える。

妙子を追いかけようとするわかばだったが、汐里に勝つために妙子を大会に出さない方がいいと言われ、『ROCKETS』のみんなも汐里の意見に賛成だった。

チア☆ダン第7話 あらすじ【後半】

妙子が大会に出ない事になり悩むわかばは、太郎に相談するため病院を訪れていた。

太郎は、「何かを手に入れるためには、必ず何かを捨てんとあかんのかな」とわかばに助言しわかばはなにかを決心し、みんなの待っている部室に急ぐのだった。

そして、みんなと同じように大会は勝ちたいが、頑張ってきた妙子を大会に出さないのは違うと思うとみんなに告げる。

わかばは、「みんなで踊りたい。『ROCKETS』は20人で『ROCKETS』や」と想いを伝える。

その言葉を聞いて、汐里は「悩むところが違ってた」と反省する。

妙子のレベルを上げるため、当番制で妙子の家の手伝いをする事を思いついたわかばは、妙子に「一緒に優勝しよう」と伝えに行き、妙子を練習に送り出す。

一方、春馬の事を心配していたわかばは、「大丈夫」と書いた御守りを渡し、優勝する事を約束する。

それから、『ROCKETS』の20人は、今まで以上に練習に励むのだった。

そして、『北信越 チャレンジカップ』当日――。

会場に到着した『ROCKETS』は緊張気味だったが、中でも妙子は、「優勝できんかったら私のせいだ」と怖気付いてしまう。

そこで、コーチのあおいは、メンバー間の空気を読む力が誰より優れている妙子を「勝つために妙子を大会に出すべきだと思ってる」と告げる。

会場に、観客が集まり始めた中、『JETS』のメンバー達が来ているのに気づき、緊張する『ROCKETS』一同。

そんな中、水嶋の事を待っていた麻子は、応援しに来てくれた水嶋を見つけ、会いに行く。

器用でないからという麻子に、水嶋は「大会が終わって受験が終わるまで待っています」と告げる。

次は『ROCKETS』の演技という時、緊張で笑顔がなくなっている部員に「笑顔!」とコーチのあおいが声をかける。

そして、『ROCKETS』の出演の時となり、円陣を組む『ROCKETS』の20人!

『ROCKETS』のダンスは、全員笑顔で表現力もあり、素晴らしい演技だったため、会場は感動と大きな拍手でいっぱいになった。

そして、とうとう発表の時―

『ROCKETS』は見事優勝する事ができ、歓喜の涙を流すのだった。

スポンサーリンク

『チアダン』第7話を無料で視聴する方法

放送から1週間以内の動画無料視聴の方法

『チアダン』第7話は放送後1週間以内であれば「Tver」で視聴することができます。

『チアダン』第7話の放送は2018年8月24日(金)ですので

2018年8月31日(金)21時59分までは「Tver」を利用して視聴しましょう!

『TVer(ティーバー)』はこちらから観ることができます。

放送から1週間以上経ってからの動画無料視聴の方法

放送から1週間以上経っている場合は『TVer』で視聴することができません。

しかしそんな方でも大丈夫。

Paraviを利用すれば『チアダン』をお得に見ることができちゃいます!

『Paravi(パラビ)』はこちらから観ることができます。

Paraviは現在無料キャンペーンを行なっており、登録月は無料で体験することができるので『チアダン』を見たい方は是非利用してください!

チア☆ダン第7話 感想

妙子は、本当に家族思いで優しい子だと思いました。

そんな妙子が家庭の事情で大会に出れないのは、可哀想そうすぎるから『ROCKETS』のみんな本当にそれでいいの?とテレビの前で問いかけてしまいました。

わかばはとても仲間想いで、最高の部長だと改めて思いました。

「『ROCKETS』は20人で『ROCKETS』」というわかばの言葉に感動しました。

そして、コーチが妙子に言った素敵な言葉に感動の涙です。

それから、春馬も大活躍でき、勝つことができて本当に良かったですね。

『ROCKETS』の演技は素晴らしく、絶対優勝する!と信じていましたが、やはり結果発表の時は私もドキドキし…優勝できて嬉しかったです。

チア☆ダン まとめ

毎回、『ROCKETS』のダンスを見ると、応援されている気持ちがして元気がもらえます。

優勝できた『ROCKETS』を見学していた『JETS』が、「全米制覇は譲らない」と闘志を燃やしていましたが、果たして『ROCKETS』は全米制覇できるのでしょうか?

そして、太郎先生はそれまでに『ROCKETS』の顧問に復帰する事ができるのでしょうか?

今後の展開がとても気になりますね。

来週『チア☆ダン』第8話は、2018年8月31日に放送されます。

『ROCKETS』の夢を、みんなで応援しましょう。

どうぞ、お見逃しなく!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です