【台風21号】2018関東(東京)にいつ上陸する?電車や交通機関への影響は?

現在強烈な勢力で日本列島に迫ってきている台風21号。

2018年9月4日に西日本や東日本に上陸し、週の前半は大荒れになると言われています。

本日はそんな台風21号が、関東(主に東京)の交通機関へ及ぼす影響を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

2018年【台風21号】の進路状況

まず台風21号の進路状況から見ていきましょう!

台風21号の進路予想では、もろ日本を縦断する動きを見せています。

9月3日までに暴風雨への対策を。とありますので台風21号の軌道上の方は十分に注意してください。

-追記- 9月3日

台風21号はいつ上陸する?

上の図を見ると台風21号が上陸するのが9月4日朝から5日にかけて。

西日本から東日本へと動いていきます。

週間天気を見ても9月4日が山場だと思われます。

台風21号の勢力は?

今回の台風21号は勢力が非常に強く、このまま日本列島に上陸すれば1993年以来の台風ということになります。


1993年の台風はヤンシーという名称で、九州地方に甚大な被害を与えました。

平成5年台風第13号(へいせい5ねんたいふうだい13ごう、国際名:ヤンシー〔Yancy〕)は、1993年(平成5年)9月3日に薩摩半島南部に上陸し、強風・大雨による大きな被害を出した台風である。上陸時の勢力は中心気圧930hPa、最大風速50m/s(歴代3位)と伊勢湾台風にほぼ匹敵した

引用:Wikipedia

今回の台風はヤンシー並みの勢力ということで十分警戒が必要です。

2018年は非常に台風のペースが早いですが、原因としては台風が生まれる海域の海面水温が平年より高いこと、台風の勢力を強める反時計回りの風が吹いていることがあげられるようです。

台風21号が関東(東京近郊)の電車等、交通機関へ与える影響は?

台風21号が関東(東京近郊)の電車等、交通機関へ与える影響ですが、

2018年9月2日現在まだわかっていません。

こちらから関東の電車運行状況を見ることが出来ますので、随時確認してみてください。

関東・各路線の運転状況はこちら

勢力から言うとこのまま上陸した場合、電車の遅延等への影響はあると見て間違いないでしょう。

スポンサーリンク

【台風21号】2018関東(東京)にいつ上陸する?電車や交通機関への影響は?:まとめ

台風21号のポイントは以下の3つとなります。

  • 台風の山場は2018年9月4日
  • この勢力のまま上陸した場合過去最大の勢力
  • 運行状況はこちらでチェック!

台風21号は西日本から入るので、西日本の方は事前に避難の準備を

東日本の方はテレビなどのニュースで台風状況をチェックして被害を最低限に抑えましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です