ドラマ「dele(ディーリー)」第6話動画を無料視聴する方法!あらすじ感想も!

2018年7月27日からスタートしたテレビ朝日系金曜ナイトドラマ「dele(ディーリー)」。

その第6話が8月31日夜11時15分から放送されました。

第5話では、坂上圭司(山田孝之)の元に一件の通知が届き、真柴祐太郎(菅田将暉)が死亡確認に行くと、依頼人は事故で意識不明の重体になっていました。

依頼人の幼馴染だという百合子から話を聞きながら、依頼人のことを知っていく祐太郎。

彼が消したかったデータが何か気になる百合子とともに知った真実とは…

一方で、圭司は、元カノである明奈と会っていました。

対比したように二人の女性が織りなす愛が絡んだヒューマンドラマが話題でした。

今回は第6話のあらすじや感想を紹介します!

この記事はネタバレを含みますので未視聴の方はご注意ください。

スポンサードリンク

『dele(ディーリー)』第6話の動画を無料視聴する方法

『dele(ディーリー)』第6話は放送後1週間以内であれば「Tver」で視聴することができます。

『dele(ディーリー)』第6話の放送は2018年8月31日(金)ですので

2018年9月7日(金) 22:00までは「Tver」を利用して視聴しましょう!

『TVer(ティーバー)』はこちらから観ることができます。

U-NEXTで『dele(ディーリー)』の動画を無料で視聴する方法を紹介!

放送から1週間以上経ってすぐに『dele(ディーリー)』を無料で安全に視聴したい!という方はU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTは月額制ですが、31日間の『無料トライアル期間』があるので、登録しても31日間は無料で動画を見たり、漫画(電子書籍)を読んだりすることができます。

U-NEXTって何?

U-NEXTは日本最大級の動画配信サービスで、DVD発売前の映画を見ることができたり、漫画を最新刊まで読めたりとラインナップがとにかく充実しています。

パソコンだけではなく、スマホやタブレットで見ることができるのも魅力の一つですね!

U-NEXTでどうやって『dele(ディーリー)』を無料で視聴するの?

上でも紹介した通りU-NEXTは月額制で、月額1,990円(税抜)かかりますが、登録してから31日間は『無料トライアル期間』でU-NEXTの見放題作品は全て見放題となります。

漫画や動画の一部は別途課金が必要ですが、U-NEXTに登録で600ポイントを受け取れるので自由にそのポイントを使うことができます。

動画は1作300〜500ポイントほどなので、好きな動画を見ることができます。

『無料トライアル期間』中に解約すればもちろん料金はかかりませんし、サービスが気に入っていただければ継続してもらっても構いません。(継続の場合、次の月からは1,200ポイント受け取れます。)

≫≫U-NEXT31日間無料登録はこちら!≪≪

U-NEXTで『dele(ディーリー)』を無料で視聴する方法
  1. U-NEXTの『まずは31日間無料体験』で登録
  2. 登録で受け取れる600ポイントで『dele(ディーリー)』を視聴する
  3. その他『見放題作品』を楽しんでおく
  4. 『31日間の無料トライアル期間』に解約するか、月額1,990円(税抜)で継続

「dele」第6話あらすじ【前半】

長野の別荘地で、雪に埋もれて凍死していた少女・石森純子(山田愛奈)が発見された。

遺書はないものの、状況からして自殺であると警察に判断された。

しかし、彼女の両親は、自殺であるということは納得できても、何故彼女が自殺したのかが全く見当もつかないようで、気持ちが収まらなかった。

そこで、純子の両親は、圭司の姉で弁護士の舞(麻生久美子)に相談したところ、舞は圭司と祐太郎の元に彼らを連れ、引き合わせた。

彼らの要望は、何故純子が亡くなったのかを知るために、彼女が生前つけていた日記が残されているパソコンのパスワードのロックを解除することだった。

祐太郎が自殺の原因に心当たりがあるかどうかを両親に尋ねると、父親は、「いじめ」だと推測していた。

学校はいじめを否認しているが、純子は三カ月前から突然休みがちになってしまったらしい。

さらに、純子が亡くなった長野の別荘地は、昔家族でよく訪れたところで、思い出がつまった場所であり、死ぬのにこの場所を選んだのには、自分たちに何らかのメッセージを伝えたいからではないかと考える両親。

彼らは、そんな娘の訴えに応えることが自分たちにできる「最後の愛情」であると訴えかけるのだった。

彼らの依頼を引き受けた圭司はさっそく彼女のスマホのデータを復元すると、そこには彼女が楽しそうに同級生と過ごす姿がたくさん残っていた。

学校に行けば何か手がかりが得られるかもしれないと考えた祐太郎は、学校へ向かうと、彼女と写真に一緒に写っていた少女たちが学校から出てくるのを発見し、接触する。

彼女たちは明らかにいじめをしそうなグループだった。

そのグループのうち、小川優菜(中田青渚)という少女からスマホを奪うことに成功した祐太郎は、圭司に頼み、中のデータを見ると、そこには、彼女たちが一人の女子に対して屋上から飛び降りを促す「いじめ」の動画があった。

圭司が手にした学校のデータベースから、いじめられていると見られる少女の出席を確認してみると、彼女は三日前から学校に来ていなかった。

このことに危機感を覚えた二人が彼女の家に向かったものの、誰もインターホンに応じない。

急いで屋上に向かったところ、そのいじめを受けている少女は、今にも飛び降りをしようとしていた。

一時は説得にも応じず、飛び降りようとしていた少女だったが、圭司の「問題解決してやるから」という言葉に安心し、飛び降りるのをやめたのだった…。

圭司と祐太郎が、優菜を呼び出し、「スマホを返してほしかったら」という条件で話を聞き出す。

すると、優菜は純子のことは好きだったからいじめてない、と主張する。

しかし、純子は亡くなる三カ月前に彼氏と別れていた。

そのすぐあと、その彼氏と優菜が付き合い始めると、純子はグループを抜け、優菜達と関わらなくなり、学校を休みがちになったという。

祐太郎がそのことに、彼氏と別れたショックで自殺したのかと聞くと、そういう子じゃないと断言する優菜。

加えて、純子が自殺する二週間前に、純子と仲直りをしたいと思った優菜が話しかけると、「あんたたちがあたしのこと、陰でどう言ってるか全部知ってるんだから」と冷たい目で言われたという。

純子がいた時は、いじめをするようなグループではなかった優菜たちだったが、純子がいなくなってからバランスが崩れ、いじめるようになってしまったと告白する優菜。

何故自殺したのか知りたい、と言う優菜にも応えるべく、圭司たちは純子のパソコンのロックを解除する。

しかし、そこには何もデータが残っていなかったのである。

「dele」第6話あらすじ【後半】

自殺する前に身辺を整理しようと思ったからなのか、それとも見られたらヤバイと感じるようなデータだったのか、とにかく純子は全て削除してしまっていた。

すると圭司は、「全部復元して謎を解いてやる」と言って、データの復元に努める。

ようやくデータを復元し、日記を開くと、最後のページの日付は自殺する三カ月前となっており、優菜に彼氏を奪われてショックを受けている文が書かれていた。

この翌日から純子は、日記を書く代わりにSNSの匿名アカウントで優菜と元カレについての悪口を書くようになった。

するとその投稿に、Tapirという人物が「きみの気持ち、よくわかるよ。この世界は本当に汚い。」という一件の返信を送ったのである。

Tapirとは、バクのことで、人の悪夢を食べる想像上の動物のことを示すという。

そこからダイレクトメッセージでやりとりするようになり、どんどん純子の信頼を上げていったTapirは、純子に、身近な人間のメールアドレスを教えてもらう代わりに「この世界の本当の汚さを見せてあげる」と言ってアドレスを要求したのである。

純子は素直に応じ、両親や友達のアドレスを教えてしまう。

Tapirは純子に「世界の汚さ」として、彼らのデジタルデバイスに侵入し、純子の親友たちが交わした純子の悪口や、父親と浮気相手のメッセージのやりとり、母親と純子の担任教師が浮気している写真のデータを奪い純子に見せたのだった。

そんな普通なら知り得なかった情報を見て純子は、クラスメイト全員のメールアドレスを教えてしまい、様々な「汚い」データを手にしてしまったのである。

そしてTapirは、14歳の少女の不安定な心に付け込んで、綺麗なまま生きるのがどれだけ難しいか、大人になったら汚くなってしまうという未来への罪悪感を植え付けた。

未来に絶望を抱いてしまった純子は、「綺麗なまま死にたい」と思うようになってしまった。

それに対してTapirは、「綺麗なまま死ぬ方法教えてあげる」として、凍死することを勧めたのであった…。

その後圭司はTapirのパソコンのデータを「dele」したのであった。

圭司はTapirと直接対峙すべく、車いすでTapirの行く手を阻む圭司。

純子の自殺を促した罪は立証することが難しいが、代わりに不正アクセス禁止法違反などのさまざまな罪を突き付ける圭司。

そんな圭司に対して、「5,6年経てば出てこれるだろ」「出たらまたやってやる」と息巻く男。

しかし、圭司は「お前が死ぬまで見張り続けてやる」ときっぱり返すのだった。

そして純子の他にTapirの犠牲になっている子どもたちを救おうと祐太郎は直接少年の元に訪れ、心を開かせようとしていた。

事務所に戻った二人は、純子の意志を尊重し、すべてデータを消すことにしたのだった…

スポンサードリンク

dele第6話【感想】

今回はまた前回とは雰囲気が違うお話しでしたね。

「いじめ」がテーマの今回。

学生の夏休みの終わり掛けにこのテーマを持ってくるということに、考えさせられるものがありましたね。

圭司が飛び降りようとしていた少女に対して投げかけた言葉にぐっときました。

悩んでる人に寄り添う圭司の姿はとても素晴らしいですね。

そして今回は、圭司と祐太郎の行動パターンの違いが顕著だったような気がします。

論理的にデータを解析し、真実を突き詰めてく圭司と、直感で行動する祐太郎。

この二人はとてもバランスが良いコンビですね。

ドラマ「dele(ディーリー)」第6話動画を無料視聴する方法!あらすじ感想も!:まとめ

いじめがテーマの今回。

世界の汚さを知ってしまった純子は残念ながら死を選んでしまいました。

飛び降りをしようとしたものの、圭司と祐太郎の説得に救われた少女のように一人で悩まずとも寄り添ってくれる誰かがいると心強いですね。

次回の依頼人はなんと死刑囚の息子…果たして削除しようとしたデータは何か関係があるのでしょうか?

第7話は9月7日夜11時15分から放送されます!

ぜひご覧ください!

U-NEXTで『dele(ディーリー)』を無料で視聴する方法
  1. U-NEXTの『まずは31日間無料体験』で登録
  2. 登録で受け取れる600ポイントで『dele(ディーリー)』を視聴する
  3. その他『見放題作品』を楽しんでおく
  4. 『31日間の無料トライアル期間』に解約するか、月額1,990円(税抜)で継続
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です