グッドドクター第9話(9月6日)動画見逃しを無料で視聴する方法!

手っ取り早くグッドドクターを視聴したい方はこちら!

≫≫FODでグッドドクター9話を視聴する!≪≪ 

毎週木曜日夜10時からフジテレビ系で放送されている山崎賢人主演の『グットドクター』

その第9話が2018年9月6日に放送されました。

先週の第8話では、高山先生(藤木直人)に診てもらうため長野から父親だけを残し引っ越ししてきた家族が、病と向き合っていくというストーリーでした。

幼い弟・陽翔の大病を治すため、兄・翔太も環境が変わり生活の役割が増え、母親の愛情も偏るという「きょうだい児」という深刻な問題でした。

陽翔が吐血し緊急手術することになってしまいましたが、高山がオペ中だったため間宮科長(戸次重幸)が執刀することになります。

そして、手術は無事成功し、病室で心配そうに見つめる翔太に湊(山崎賢人)は「心配する相手がいるという事は幸せな事です」と言い、陽翔が外出したがっていた理由を伝えます。

その理由が、家族で花火を見に出かけたかったからで、家族みんなが笑顔になるからということを知った翔太は、「陽翔に花火を見せてあげたい」と湊に頼み…。

今回は第9話のあらすじ、感想を紹介します。

この記事は、第9話のネタバレを含みますので、未視聴の方はご注意下さい。

スポンサードリンク

グッドドクター|第9話 動画見逃しを無料視聴する方法を紹介!

放送から1週間以内の動画見逃しの無料視聴の方法

グッドドクターが放送されて1週間以内は民間公式テレビポータル『TVer(ティーバー)』で動画を無料視聴することができます!

グッドドクター|第9話だと

9月13日(木)20時59分までは無料視聴できます!

『TVer(ティーバー)』はこちらから観ることができます。

放送から1週間以上経ってからの動画見逃しの無料視聴の方法

放送から1週間以上経っている場合は『TVer』で視聴することができません。

しかしそんな方でも大丈夫。

フジテレビオンデマンド(FOD)に登録すれば今までの動画全てを視聴することができます!

FODで『グッドドクター』を無料で視聴する方法を紹介!

お得に無料で『グッドドクター』を試聴したい方はFOD(フジテレビ・オンデマンド)がおすすめです。

FODは月額制ですが、『1ヶ月間無料キャンペーン』があるので、登録しても1ヶ月間は無料で動画を見たり、漫画(電子書籍)を読んだりすることができます。

FOD(フジテレビ・オンデマンド)って何?

FODは『フジテレビ・オンデマンド』といってフジテレビが運営する動画配信サービスです。

フジテレビが放送した作品はもちろん、その他、漫画やドラマ、映画など多くの有名作品も取り扱っています。

またパソコンだけではなく、スマホやタブレットでも視聴することができるのも魅力の一つですね!

FODでどうやって無料で『グッドドクター』を試聴するの?

FODは登録すると8のつく日(8日、18日、28日)にそれぞれ400ポイントを受け取ることができます。

動画が1本400ポイントほどなので月に3本の動画を見ることができます。

さらに『見放題作品』は名の通り見放題なので追加料金なしで制限なく漫画や動画を試聴することができます。

グッドドクターは『見放題作品』なのでポイントを使用しなくても視聴することができてしまいます!

代わりに他の動画も見れちゃうってことですね!

8のつく日ではないとポイントを貰えないことがデメリットですが、待てば合計で1200ポイントを受け取れるので「すぐに見たい!」というわけではないならお得です!

また登録すると月額888円(税抜)かかりますが、FODは現在『1ヶ月間無料キャンペーン』を行なっており、登録から1ヶ月間は無料で楽しむことができます!

もちろんその間に解約すれば料金は一切かかりませんので、必要ない方は解約してもらっても構いません。

≫≫FODの1ヶ月間無料キャンペーンはこちら!≪≪ 

FODで『グッドドクター』を無料で試聴する方法
  1. FODの『1ヶ月間無料キャンペーン』で登録
  2. 8のつく日(8日、18日、28日)に400ポイント受け取る
  3. 『グッドドクター』は見放題作品なのでポイントで他の動画も試聴!
  4. 『1ヶ月間無料キャンペーン』中に解約するか、月額888円(税抜)で継続

グッドドクター第9話 あらすじ【前半】

東郷記念病院の経営を立て直すために、病院を高齢者向け療養施設にする改革案が会議で可決されてしまい、小児外科と産婦人科の年内廃止も決定されてしまった。

湊が担当する伊代(松風理咲)が倒れ、夏美(上野樹里)と湊は伊代の姉、汐里(松井愛莉)に、伊代には小腸の移植が必要と説明する。

汐里は拒絶反応などのリスクが伴う移植だが、伊代を助けたいと自分がドナーになることを申し出る。

そして、汐里は湊たちに伊代には自分から説明したいと頼んだ。

そんな中、脳神経外科の盛岡(東根作寿英)は患者の滝川亮平(萩原利久)について相談したいと小児外科の高山を訪れていた。

そして、会議が行われる。

亮平はバスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症していた。

通常なら脳内に溜まった脳脊髄液を腹腔に流す手術を行うのだが、亮平は腹膜炎の既往で腹腔に酷い癒着があるためこの方法が取れない。

また、盛岡は亮平が頭を打った時に腰髄も損傷したため、水頭症が改善されても歩行が困難になることも話し、それは両親の希望で亮平には伝えていないと言う。

高山は「自分たちに出来ることをするだけだ」と、小児外科チームにまずは水頭症の治療法を見つけることを指示する。

そして、オペの時間だと早々と行ってしまう。

一方、伊代が以前から好意を持っていた患者の亮平(萩原利久)が伊代の病室の近くに移されてきたため、喜ぶ伊代。

伊代は亮平の病室に湊と訪れ、「バスケ」の話を楽しそうにするが、湊は本当の事を知らない伊代と亮平の姿を見て苦しいと夏美に打ち明ける。

そんな中、伊代は小腸移植をしなければ治らない事、そして姉がドナーになることを知ってしまい、手術は受けないと拒絶する。

汐里は、やはり自分では親の代わりは務まらないかと湊に悩みを打ち明ける。

そんな汐里に「自分が担当医だから任せて下さい」と述べて、伊代を説得しようとするが、伊代はますます反発する。

それから、また亮平の治療法が話し合われる中、高山は上の空だった。

その時、亮平の母親から話があると夏美と高山が呼び出される。

その内容とは、亮平をボストンの脳外科に転院することだったが、それは亮平の父親である猪口(板尾創路)が助言したからだった。

今年いっぱいで小児外科は廃止になるという母親に、夏美は「そんなはずはありません」と言い高山を見るが、何も言わない高山に本当の事だと悟ったようだった。

夏美は、高山の手術が終わるまで待ち、亮平の母親が言っていたことは本当なのかと尋ねる。

「理事会でそう決まった」という高山に、「子供達はどうなるのか」と詰め寄るが、「医者はこの手を動かして目の前の患者を救うしかない」と述べ、夏美の力を貸して欲しいと告げるのだった。

グッドドクター第9話 あらすじ【後半】

院長に相談し「担当医だからきっと伊代ちゃんと向き合える」という助言を受け、湊はもう一度伊代と向き合うため伊代の病室に訪れていた。

湊は伊代が手術を嫌がる本当の理由を教えて欲しいと尋ね、伊代は話し始める。

両親が亡くなってから、夢も諦めて夜中まで働いてくれた姉を思ってのことであり、傷があることで嫌な思いをしてきた自分と同じ思いをさせたくないという理由だった。

湊にその事を話しているのを病室の外で聞いていた汐里は、涙を流すのだった。

そして、亮平が転院する日がきたー

だが、亮平は意識障害を起こしてしまい、緊急手術となってしまう。

連絡を受けた高山は猪口に報告し、猪口は「息子を助けてくれ」と頭を下げる。

亮平の手術は困難を極めたが、高山、夏美、湊のチームワークにより、静脈の血栓も取り除き無事成功した。

しかし、水頭症は改善されても両足が動かない事に疑問を抱くであろうと高山は母親に告げ、「息子さんに本当の事を伝えた方が良い」と告げた。

伊代はその高山の言葉を聞いてしまい、落ち込みずっと塞ぎ込んでいた。

そんな伊代を湊は「どうしても見せたいものがある」と連れ出す。

それは、中庭で車椅子に乗り一生懸命バスケをやる亮平だった。

亮平は、実は前から手術しても両足は治らないと知っていたが、バスケを諦めきれずにいた。

「笑っちゃうよな」という亮平に湊は首を大きく横に振り「笑いません」と言い、自分もみんなと違うという理由で医者にはなれないと言われたが、諦めずにいたら医者になることができたと告げる。

そして、亮平の好きな事を応援すると言う湊だった。

湊は伊代に亮平はこれからもバスケを続けていき、いつか車椅子でのバスケの試合を伊代に見に来て欲しいと言っていたと伝える。

伊代はそんな亮平の事を「すごい」と感心する伊代に、湊は伊代の事も「凄いです」と言い、汐里に聞いた伊代の頑張り屋さんな所を話す。

「伊代ちゃんは汐里さんにとって重荷なんかじゃありません。頑張る勇気をくれる太陽です」と言う湊。

「不安もあったけど、伊代のドナーになれるとわかった時嬉しかった」と言い。伊代の事を本当の意味で助けられると告げる。

伊代と二人でもっと幸せになるためにドナーになると本当の気持ちを伝える。

そして、「大丈夫!手術はきっとうまくいく」と、抱きしめ合う姉妹を嬉しそうに見つめる湊だった。

一方、病室で夏美に「諦めずに助けてくれてありがとう。せっかく助けてもらった命だから頑張ります」と伝える亮平だった。

スポンサードリンク

グッドドクター第9話 感想

手術をしても両足が動かない事を知っていたのに、誰にも言えず悩んでいた亮平くんが、「バスケ」を諦めずに、車椅子で「バスケ」をやるシーンで、亮平くんの強さに感動しました。


そんな頑張る強さは、自分自身の強い気持ちもあるけれど、そっと背中を押してくれたのは湊の言葉じゃないでしょいか。

純粋で真っ直ぐな湊の心は、どんな人の心も温かくする…そんな力を持っていますね。

子どもである亮平の命を助けてくれた高山先生に猪口副院長は、お礼を言い「小児外科は確かに数字では表せない価値があるかもしれません」と言った時は、賛成してくれたと思いもしたが、そんな簡単ではありませんでしたね。

経営者としてはという気持ちはわかりますが、どうにか病気の子どもの命を救うため、小児外科を廃止にしないで欲しいです。

今回も湊の可愛いシーンは沢山ありましたが、一番はアイスのシーンですね。

グッドドクター まとめ

来週はいよいよ最終話です!

倒れてしまった院長は、どうなってしまうのでしょうか?
そして小児外科は年内廃止になってしまうのでしょうか?

湊はみんなに認められきて、小児外科になるという夢に近づいているのに、どうなってしまうのでしょう。

来週は2018年9月13日放送です。

いよいよ最終話です!

湊に会えなくなってしまうのは寂しいですが…。

どうぞ、お見逃しなく!

FODで『グッドドクター』を無料で試聴する方法
  1. FODの『1ヶ月間無料キャンペーン』で登録
  2. 8のつく日(8日、18日、28日)に400ポイント受け取る
  3. 『グッドドクター』は見放題作品なのでポイントで他の動画も試聴!
  4. 『1ヶ月間無料キャンペーン』中に解約するか、月額888円(税抜)で継続
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です